遊一改め入船亭扇蔵、出演情報。 

2015年3月、扇蔵を襲名しました。タイトルは、今も仮です…。

ダジャレィ 布陣

2007年07月30日 | 
28日。 この旅も最終日の朝、飯田の宿で目を覚ます。テレビをつけると、BS―2で、まさかの「MASTERキートン」。 しかも、私の好きな『臆病者の島』の巻。 “命を大事にする奴は、みな臆病者”というセリフは、蓋し名言。 今日の帰路も、約280キロの行程ゆえ、慎重さが求められる。

飯田ICから中央道へ、諏訪湖SAで休憩。 久しぶり、諏訪湖をのぞむ。 双葉SAで昼食、軽めに冷やし中華。 最後だけ軽くしても、あまり意味が無い(帰宅後の計量、2キロ増の63.5キロ)。

移動の車内、ダジャレ(シャレも)のお得意な師匠方が後部座席に控えており、こちらも油断できず。 

藤野PAで最後の休憩、ここからは仙志郎兄さんにバトンタッチ。 旅の後半、疲れた時には、すかさず交代してくれました。 それなのに、都内に入った途端に事故渋滞。 到着が大幅に遅れる。 

「今日は黒門亭だから、事務所に横付けはやめましょう」と具申するも、案の定、着いた途端に追い出し太鼓が…。 こういう予想など、当たらなくても良いのに。 でも、黒門亭のお客様に「今、お帰りですか?」と、声を掛けられる。 ご心配を、おかけしました。 その後、三ノ輪までガソリンを入れに行き、レンタカーの返却。 本当の帰路につく。

荷物をウチに置き、師匠宅へご挨拶。 その後、早稲田のお蕎麦屋さん“亀鶴庵”へ。 閉店のため、金兵衛兄さんの会が最終回を迎える。 全40回のうち、第1回も含め、何度もお世話になりました。 蕎麦と料理、それからお酒、ご馳走さまでした。 金兵衛兄さん、お疲れさまでした。


※画像の“ハイエース”、以前と変わっているような…。 理由は、仙志郎兄さんのブログで。

コメント (2)

富山→岐阜→長野

2007年07月28日 | 
27日。 高岡から能越道に乗り、東海北陸道へ入る、一旦降りて世界遺産の“白川郷”を見学、白川街道から、もう一度東海北陸自動車道、懐かしの城端SAに寄り、郡上を見ながら東海環状道、そして中央道・飯田ICからホテルへ。 みんなくたびれた、私もくたびれた。

行程は約280キロ、美濃加茂からは、仙志郎兄さんがチェンジして下さる。 今回は、一之輔さんが高座返しなので、多少ラクになった筈だが…。 師匠方を乗せての運転は、常に緊張感が伴う。

飯田市鼎文化センターにて、信濃毎日新聞主催“しんまい寄席”。

 岡田まい社中   寄席囃子実演

 一之輔   「真田小僧」

 正楽     紙切り

 遊一    「悋気の独楽」

 仙三郎・仙志郎  太神楽曲芸 

 市馬    「片棒」

今夜は一般公演なので、みなタップリ。 千秋楽の打ち上げも、タップリご馳走になりました。

※信越放送の深夜、“金曜夜的”ではドラマ「セーラー服と機関銃」の再放送。 



コメント (3)

本当の黄金

2007年07月28日 | 
26日。 輪島から七尾市へ移動。 途中、旧輪島駅が道の駅になっていて、立ち寄ることに。

一之輔さんが、「“リアルゴールド”が飲みたい」と…、でも画像の品を勧めました(無理矢理)。 混ぜない方が良かったみたいです、ゴメンね。

今日は仙志郎兄さんの運転で、七尾の商工会議所へ。 道中、市馬師匠と、七尾出身の力士についてのトーク。 お囃子の岡田まい師匠(師匠と言っても、私より年下)に、横綱・輪島の偉大さを説く。 到着後、夜の公演まで時間があるので、仙志郎兄さんと洗濯タイム。 

“七尾子ども劇場”開演、寄席囃子教室の冒頭。 まい師匠が輪島関について、「輪島関の“黄金の左手”は…」って。 “黄金の左”です。

この旅は、いつも温かいお客様ばかりでした。 今日も、勿論そうでした。 

会場の隣の建物は、今も地震の爪痕を残してました。 そんな状況の中、公演を成功に導くため、皆さんが一所懸命でした。 それに応えるべく、みな頑張りました。

終演後、そのまま富山の高岡へ移動。 駅前のコンビニで、“明治のフルーツ・オ・レ”を入手。 今宵は、各自の部屋で晩ゴハン。 テレビは“タモリ倶楽部”、富山では木曜深夜の放送です。


※北斗晶の入場テーマでお馴染み、ルイス・ミゲル(マライア・キャリーの元彼、私と同い年)の「オロ・デ・レイ」。 ラテン・ポップスのいい曲です。 タイトルの日本語訳は、“本当の金”です。


コメント

働き バチ

2007年07月26日 | 
25日。 福井市から、能登半島・輪島へ移動。 出発直前、「昨日の会館に、太鼓のバチを忘れてる」という連絡。 私のミスで、約10分のロス。


北陸自動車道を降り、すぐに能登有料道路に入らず、羽咋市の“千里浜海岸”を走る。 砂浜に車で入り、そのまま走れるんです。 すぐ脇には海水浴客がいる、驚きのシチュエーション。

画像は、仙志郎兄さんか一之輔さんのブログを参照して下さい。 運転手の私、写真は撮れません。

なんとか頑張り、予定の15時より20分早く、宿に到着。 輪島温泉の湯で、疲れを癒す。 福井から、ちょうど200キロでした。

今日も夜公演、今回の旅では昼の公演は初日のみ。 “おやこ寄席in輪島”、小さい子から年配の方まで三世代で、会場は満員。 開演前に舞台に置いておいたヨスケ(鉦)が、冷房で冷えてました。 ところが、開演すると客席の熱気で、高座の温度は急上昇。 案の定、汗ダクになる。 それでも、お客様に喜んで頂けて、ホントにありがたい。

打ち上げでは、輪島の郷土料理をご馳走になりました。 温泉で汗を流し、0時過ぎにテレビをつけると、“ウチくる!?”をやってる。 一瞬、午前と午後を間違えたかと思いましたが…。 石川テレビでは、水曜深夜の放送でした。


※画像は例のハイエース、神社の向こうが福井での宿。 出発前に記念写真。


コメント (3)

欠陥 駐車

2007年07月25日 | 
24日。 加賀市を後にして、お隣りの福井県へ。 生まれて初めて、越前に足を踏み入れる。

宿に到着、駐車したいが、車高があるため、ホテルの駐車場には入らない。 「あそこなら、大丈夫!」、ホテルマンの言葉を信じ、近くの駐車場へ。 入口には、“高さ制限2.3メートル”の表示が。 わがハイエースの車高は2.28メートル(車検証で確認済)。 アンテナをしまい(「アンテナを伸ばし」なら、辻仁成のANN)、慎重に入口へ車を進ませる。 途端にブザーが鳴り響き、“車高制限を超えてます”の警告灯が点灯! 係員が、飛んで来る。 何も悪いコトはしていないが、とりあえず謝ってバックで退散。 品川の“わ”ナンバーなんだから、大目に見て欲しいっす。

心に傷を負いホテルへ連絡すると、さんざ待たされた挙句、「〇〇神社の駐車場へ」との指示。 県庁や市役所が密集し混雑する中、神社を発見、でも、駐車場は見つからない。 こんなに苦労したのは、博多のキャナルシティ以来だ。

交番から婦警が飛び出して、違反車輛に突進してるから、路駐もできない。 それでも、神社の鳥居のすぐ脇にある駐車スペースを発見。 でも、封鎖されている。 もう一度電話すると、「そこです、係の者に開けさせます」。 てっきり、ホテルの人が、「すいませ~ん」って、走って来るかと思いきや…。 神社の神官の方が、「こちらへ、停めて下さい」って誘導してくれました。 何も悪くないのに、やっぱり頭を下げましたよ。 今日は、神社のお世話になる。

てゆーか、自信満々で指示したおっさん(敢えて言います)、あんたのせいだよ。 ホテル名は明かしませんが、桜の枝を折ったワシントンは、正直に謝ったそうです。 ちなみに、駐車に手間取り、一人遅れていったランチ、俺だけスープ(セットの)が来ず、切なさは増すばかり。


気を取り直し、夜は福井市文化会館にて、“いこさ寄席・夏の特別編”。 長く続いている会だけあって、お客様の反応も素晴らしい。 担当の方から、「ブログ見ました。 洗濯が大変でしたね」と言われて驚きました。 熱心な方々が支える会ですから、良い会になって当然です。 会館の方も素晴らしくて、気分良く働くことが出来ました。

中日の打ち上げも終わり、部屋へ戻って、“カウントダウンTV”を観る。 福井では、火曜深夜の放送なんですね。

※“いこさ寄席”の看板、一部では似てると評判ですが…。


コメント (2)

食後、せんたくの自由

2007年07月24日 | 
23日。 8時にキチンと朝食、これが旅で太る原因の一つ。 その土地のウマいものだったり、バイキングだったり。 ついつい、食べ過ぎてしまうのだ。

今日は大きな移動も無く、連泊なので、昼間は洗濯タイム。 宿の人に尋ねると、歩いて15分位のところに、コインランドリーがあるらしい。 地図を頂き、いざ出発。 歩き始めて、5分もしないうちに、地図に無いコインランドリーを発見。 しかし、中に入ると、洗濯機も乾燥機も殆どが故障中! しかも、洗剤の販売機までが使用不能。 「これは無理だ」と、また歩き、約20分で目的のランドリーを発見。 コインを投入し、しばしの休息。 「洗濯する」と言ってた若手2人(先輩と後輩)に、経過を報告。 “地図の店は歩くと大変、行くなら車で”、“手前の店はショボいので、やめた方がいい”と。

一人は、地図の店まで歩くのはキツいので、車で行くことに。 もう一人は、苦労の末、既にショボい所で洗濯は完了したとのこと。 しかも、洗剤を買いにいったり、洗濯ネットを探したり、1時間半もかかったらしい。 お疲れ様です。

夜は、能美市の称仏寺での公演、“お寺でおやこ寄席”。 本堂のご本尊の前で、しかも背(尻)を向け、「転失気」を。 終演後、ちゃんとお礼とお詫びをする。 とっても良いお客様で、ありがとうございました。


コメント (2)

まづい情報

2007年07月23日 | 
22日。 長野市内の宿を10時出発、石川県加賀市を目指す。 上信越自動車道・北陸自動車道を300キロを走行し、山代温泉の宿にて小休止。 

もちろん、途中のサービスエリアでも、休憩は取ります。 とあるSA、松井選手の故郷も近いので、“本日の松井情報”というコーナーが。 そして、隣にはお父さん(松井の)のサインが…。

加賀おやこ劇場、“子ども寄席”。 夜の公演でしたが、たくさんのお子さんが来てくれました。

一之輔さんが、「私のブログに、遊一兄さんのブログで詳細を確認してと書きました」って、そんなこと言われてもねぇ。 とりあえず、一之輔さんは元気ですよ。 ファンの皆様、ご安心下さい。

※出発前の20日の晩に61.5キロだった体重、22日の晩に63.0キロを記録しました。 序盤からマズい…。

コメント (2)

あゆ、レディ

2007年07月22日 | 
21日。 久しぶりに5時起床、7時に上野のレンタカー屋さんへ。 協会事務所で師匠方と合流、長野へ向かって出発。

約250キロを走行し、篠ノ井市民会館での公演。


 寄席囃子の実演

 一之輔  「やかん」

 正楽    紙切り

 遊一   「真田小僧」

 仙三郎・仙志郎 太神楽曲芸

 市馬   「こんにゃく問答」


少しずつ、信州に縁のある演目。 終演後、夕飯を食べた店、壁にはなんと先代小さん師匠の色紙が。 小さん師匠の色紙に見守られながら、そば湯割とお蕎麦を。 ちなみに、隣は浜崎あゆみの色紙でした。

明日に備え、早く寝なきゃです。 石川まで、300キロ以上…。

コメント (2)

しよう 告知

2007年07月20日 | 出演情報
19日。 夏のご挨拶へ向かうべく、駅で電車を待つ。 と、師匠にパッタリ。 ちょっとだけ、カバン持ちを。 暑中見舞も順調に済み、小権太兄さんと、来月30日開催“こんにちは”の打ち合わせ。


告知です!

8月30日(木)、池袋演芸場にて、“入船さん、こんにちは 柳家さん、こんばんは”を開催します。 開演は18:30。

柳家小権太 「ちりとてちん」 他一席
 
入船亭遊一 「たちきり」 他一席

ゲストには、紙切りの林家正楽師匠をお迎えします。

前売・予約は1800円、当日は2000円です。 前売券は、いつでも持っていますので、お声を掛けて下さいませ。 ご予約の場合は、遊一(yuuiti@rakugo-kyokai.or.jp)までお願いします。



20日。 今日も夏のご挨拶へ。 なんとか、旅の前に終了。 新宿で、総武線に乗ろうと並んでいると、私の前にPRIDEにも参戦していた格闘家が。 電車に乗ると、優先席に座って、『東京スポーツ』を広げる。 う~ん、ちょっとガッカリ。

明日からは、長野・石川・福井を回ります。 旅の前、必ず食べておく“桂花ラーメン”。 ターロー麺をスープまでやってしまったので、徒歩で帰宅。 気休めというか、焼石(焼豚?)に水。 どうせ、太って帰りますけど。

そんな訳で、帰京する28日までは、いつも以上に更新が滞ると思います。 便りが無いのは、無事な証拠ということで…。


コメント

バレる・ドライバー

2007年07月19日 | 仕事
17日。 今朝は、師匠のお中元回りの運転手。 都内を一周する。 ガソリンスタンドで、若干長めのトイレタイム(すいません、大です)。 車に戻ると、「夕べ、遅かったのか?」…。 バレてる。

夕方、鈴本で、高校生に寄席や落語の案内&説明。 “杉戸”・“白岡”・“春日部”、懐かしい地名と出会う。

その後、結婚式の打ち合わせ。 いつものことですが、司会です。 新婦が同い年(46年の早生まれ)ということで、盛り上がる(私だけ)。 ご両人に、すっかりご馳走になりました。 

そのお店に来る、プロレスラーの話題でも、また盛り上がる(もちろん私だけ)。 全日“若手三羽烏”の大仁田厚・渕正信・ハル薗田、そして、高千穂明久だの寺西勇だの。 盛り上がりついでに、あとからいらした某師匠と、もう一軒。 お腹、気をつけよう。

※巷で話題の正露丸、元々は“征露丸”だそうで。 日露戦争時、兵士が携帯した訳ですな。 ラッパのマークも頷ける。 CMの時のラッパは、食事の時のラッパでしょうか(かっこめ、かっこめ…)。


18日。 千駄木から谷中、日暮里の下見。 全生庵では、圓朝師匠のお墓参り。 谷中銀座は初めて。 当然、“世界湯”も初見。

※私の中の日本三大びっくりスポットは、札幌時計台・はりまや橋・世界湯かな(本日付けで。 スイマセンm(__)m)。 世界では、シンガポールのマーライオンです。 他を知らないので。
コメント (3)

一門増え

2007年07月18日 | 落語会
16日。 今朝の地震には、驚きました。 テレビから流れて来る情報で、さらに驚く。

今日は、大銀座落語祭・最終日。 正式な出演は、今年が初めて。

山野楽器・イベントスペースJamSpotにて、“お楽しみ寄席”。 入船亭一門が、最終日の最終組を務めました。

 遊一   「転失気」

 扇里   「藁人形」

 扇好   「船徳」

今日も満員のお客様、立ち見のお客様まで。 ご来場ありがとうございました。

この“お楽しみ寄席”、3日間で45人が高座に上がりました。 その芸人を楽屋から誘導したり、会場の進行をして下さったスタッフさん。 ず~っと、「誰が『船徳』やって!」と思いながら働いていたそうで。 最後の最後で「船徳」…、とても喜んでました。

終演後は、お客様を交え打ち上げへ。 一昨日(14日)大銀座落語祭、初めて落語を聴いたお客様が一人。 何を観に行ったのか聞いたら、「牡丹灯籠リレー…」。 ということは、大師匠・師匠・扇辰師匠を聴いてる訳で。 で、今日3人ですから。 落語初体験からたった3日で、入船亭一門8人中6人制覇(?)。 お疲れ様でした。


コメント (4)

そんな青菜

2007年07月18日 | 落語会
15日。 朝から、台風情報をチェック。 午後の落語会、私は近いのだが、お客様の足が心配だ。

出かける時、雨は小降りに。 下高井戸へ着くと雨は止み、終演まで保ちました。

“第3回 あさがお寄席”

 菊六   「片棒」

 遊一   「青菜」

 喬之進  「船徳」

50人で満員の客席に、56人のお客様。 悪天候の中、本当にありがとうございました。 夏噺特集ということで、「青菜」を勉強させて頂きました。

終演後は、お席亭やスタッフの方と打ち上げ&反省会。 次回は、10月の開催予定です。

※プログラムの紙切り、正楽師匠にお願いしました。

コメント (2)

リレー、リレー…

2007年07月15日 | 落語会
14日。 午前、師匠宅へ。 カバンを預かり、浜離宮朝日ホールへ届ける。 

ふだん、一人で出かける時は、肩に掛けるタイプのカバンです。 師匠や大師匠のお供で、自分の着物もある時のみ、背負うタイプのカバンで出かけます。 今日は勿論、背中にカバンです。

大森へ移動、ニフティ本社で、“第24回 ニフティ寄席”です。

 雷太   「八問答」

 夢吉   「宮戸川」

 金兵衛  「祇園祭」

 遊一   「夢の酒」

 三之助  「かぼちゃや」


3度目の“ニフティ寄席”。 雨の中、満員のお客様でした。 ご来場、ありがとうございましたm(__)m 皆さん、とてもよく聴いて下さる。

無事に終演、大森駅から京浜東北線に乗車。 次の大井町駅で、事件が起きた。

ドアが閉まる直前、駆け込もうとした男性が、閉まり始めたドアに傘を突っ込む。 と、見事に傘が挟まれる。 ドアが開くかと思いきや、そのまま発車! 呆然と立ち尽くし、傘から手を離す男性。 その男が救いを求めるべく、哀しい目で見つめていたのは、夢吉さん。

責任を感じた夢吉さん、「船徳」の如きその傘の救出を思いたつ。

次の品川で、ドアが開いたら、スグに傘を掴む…、筈でしたが。 タイミングがワンテンポ遅れ、傘は落下。 しかも、電車とホームの隙間から、線路へ落っこちて。 

ホント、駆け込み乗車はやめましょう!!


再度、浜離宮朝日ホールへ。 “大銀座落語祭”で、師匠と大師匠、師弟でリレー落語です。

 扇辰   「茄子娘」

 扇遊   「牡丹灯籠~お露新三郎」

 扇橋   「牡丹灯籠~お札はがし」


師匠の怪談噺も初ですが、大師匠とのリレー落語も初見。 

こちらも、無事に終演。 食事の後、大師匠宅へカバンを届け、師匠宅へもカバンを届ける。 で、帰宅。 師弟のお宅を、リレーしました。

コメント (2)

交渉の悔やみ

2007年07月14日 | 寄席
13日。 微妙な天気の中、夏のご挨拶へ。 その後、協会事務所で、早朝寄席のチラシを作成。 で、黒門亭の高座の設営も。 一人でやると、くたびれる。 汗も引かぬままに、鈴本演芸場へ。

チラシを置くだけでなく、夜席の代演も。 トリが彦いち兄さんだから、残りたいけど、すぐに退散。

黒門亭・夜の部、“チョークを扇子に持ちかえた噺家たち”へ。 前座さんが上がる直前、ギリギリ戻る。


 緑君   「狸の札」

 つくし  「やっちまいな!」

 遊一   「天災」

 天どん  「多重人格」

 時蔵   「突落し」


久しぶりの「天災」、“先生”が出てくるという理由だけで…。 

終演後は天どん兄さんと、焼鳥(やきとん)&ホッピー。 店員さんが着ているTシャツを欲しがる兄さん。 1500円で譲ってもらえるまで交渉。 で、結局のところ、終電です。
コメント

『あさがお寄席』

2007年07月13日 | 仕事
12日。 7時前に起床し、浦和を目指す。 下り電車なので、ずっと座れてラッキー。 『流星課長』(byしりあがり寿)並みに気合いを入れる必要も無し。 渋谷から赤羽まで、ウトウトする。

本太公民館、古典落語と江戸のお話。 私が二席で、“浦和市民寄席”席亭の三宅先生が間で講話を。 こっそり拝聴しましたが、大変勉強になる。 終演後も、二人で埼玉トーク。 わが故郷“騎西”についても、とてもお詳しい。 感動。

その後、下高井戸のあさがお整骨院へ、正楽師匠の紙切りを届ける。 次回から、プログラムに、師匠の紙切りを使うのだ。 いつもながら素晴らしい出来上がり、また感動。


その“あさがお寄席”は、15日(日)開催です。

京王線・下高井戸駅下車徒歩1分、あさがお整骨院にて14時開演。 出演は、柳家喬之進・入船亭遊一・古今亭菊六。 木戸銭は1500円です。

お問合わせ・ご予約は、03―3321―0822まで。
HPは、http://www.asagao.biz/rakugoです。

ご来場、お待ちしておりますm(__)m 台風は来ないで~。

コメント (1)