遊一改め入船亭扇蔵、出演情報。 

2015年3月、扇蔵を襲名しました。タイトルは、今も仮です…。

メモ言われず

2009年02月21日 | 落語会
11日~15日。

“福袋演芸場”、お早くからのご来場、誠にありがとうございましたm(__)m

 窓輝  「宮戸川」

 一左  「三方一両損」

 初花  「CR落語協会」

 遊一  「たちきり」


初めてのトリでした。 11:45バラシ(終演)という至上命令があり、時間を気にするつもりが…。 最前列、まん中の席で、ずーっとメモをとる御仁が。 一度、気になると、気になって仕方がない。 意識しないようにと、思えば思うほど、意識してしまうものです。 反省。


世田谷区若林“233落語ナイト”、休日の20:30スタートながら、そして寒い中を、ありがとうございました。 里光兄さんと二人で、22時近くまでタップリ。 時間もメモも気にせず、やることが出来ました。


新浦安駅前で10回目をむかえた、“しんうら寄席”にて二席。 急に気温が上がったため、花粉の洗礼を浴びてからの高座。

この日から、花粉の存在をひしと感じるように。 風邪予防&喉の保護のためのマスクを、体感温度の上昇でつけなかった途端、最寄駅のホームでくしゃみが止まらず。 たった5分だったのに…。


“鈴本早朝寄席”、205名様のご来場、誠に有難い限りです。 お早くから、ありがとうございました。

 右太楼  「夢の酒」

 遊一   「元犬」

 小駒   「七段目」

 わさび  「純情日記横浜篇」


受付にて、小学生のお客様を結構お見かけしたので、早朝寄席では殆ど出ていない噺を。


入間市、町おこしと若手の育成をはかる“若手応援町屋寄席”に出演させて頂く。 1時間半で三席、よくご辛抱して下さいました。 「また呼んで欲しい」、そんな温かい会でした。 そして客席には、卒業以来10数年ぶりの東洋大学の先輩が…。 懐かしい限りで。 


※花粉が飛散し始めた途端、2日間で六席という、2月半ばでした。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 太鼓番を欲す | トップ | お詫びとお知らせ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひでまろ)
2009-02-23 10:46:52
花粉症、噺家さんは特に大変ですね。くしゃみやら鼻水やら喉の調子やら…
こればっかりはお大事に、とも言えませんで。
早く花粉シーズン終わってほしいですね~。でも、春が過ぎ去るのは惜しい…
ひでまろ様 (遊一)
2009-02-26 23:51:10
コメント、ありがとうございます。

花粉症、入門した年に発症しまして…。 

天気が悪い時に喜んでしまう、今日この頃です。

コメントを投稿

落語会」カテゴリの最新記事