遊一改め入船亭扇蔵、出演情報。 

2015年3月、扇蔵を襲名しました。タイトルは、今も仮です…。

ありがとうございました

2015年08月03日 | 日記
7月10日午後、大師匠の入船亭扇橋が永眠しました。
皆様から、お悔やみや励ましの言葉を、たくさん頂きました。
誠に、有り難うございます。
また、関係者の方だけでなく、お客様やファンの皆様にも、葬儀にご参列頂きました。
皆々様のご厚情に、心より感謝申し上げます。

大師匠には、初めての孫弟子ということで、大変に可愛がってもらいました。
よく、「(弟子には責任あるが)孫弟子には、責任無いからな…」と言ってました。
一方で、「孫はかわいいけど、孫弟子はそうでもない」とも。

カバン持ちで、色々なところへご一緒したことが、良い思い出であり、財産です。
「こいつは、橋本ってんだ。ホントは、うちへ来るはずだった」って、紹介してくれました。
もちろん、噺も教わりました、夏ですと「麻のれん」「茄子娘」…。

扇橋一門の一人として、少しでも大師匠の芸を受け継ぐべく、精進いたします。
どうぞ、これからも扇橋一門を、よろしくお願い申し上げます。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 暑中お見舞い申し上げます | トップ | アドレス変更 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご愁傷さま (iina)
2015-09-10 09:26:46
入船亭扇橋師匠のご入寂は、さびしいです。

柳家小三治が、マクラで扇橋師匠をよくいじってました。とくに、イタリア旅行の話は面白かったです。

iinaさま (扇蔵)
2015-09-13 19:13:52
コメント、ありがとうございます。
小三治師匠と大師匠の関係は、特別でした。
マクラからも、気付かれたかと思います。
これからも、扇橋一門を宜しくお願い致します。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事