遊一改め入船亭扇蔵、出演情報。 

2015年3月、扇蔵を襲名しました。タイトルは、今も仮です…。

利尻・礼文クルーズ

2011年07月16日 | 
本日は、礼文島に来ております。

小樽から、利尻島と礼文島を回り、小樽へ戻る。
このクルーズが3回あり、すべてに乗船しております。

今日の礼文島は、2回目!
早速、ウラがかえりました。
3日後には、馴染みです…。
コメント (3)

遊佐町

2010年06月26日 | 
鳥海山を望む、山形県遊佐町での学校公演。 町内6つの小学校の子供たちを集め、邦楽コンサートと落語。 他ジャンルの方との仕事は、刺激的です。
 

尺八・琴・三味線の演奏の司会、寄席囃子の太鼓、そして落語一席。 これを2回公演ですから、疲れるかと思いきや…。 子ども達の聞く姿勢や反応が素晴らしく、楽しく進行することができました。


終演後、あたたかい感想やお礼の言葉も貰いました。 からっとした天気同様、気持ちの良い一日でした! 

 
コメント

郡山→酒田

2010年06月25日 | 
午前、郡山市内の小学校で、学校寄席。 暑い中を90分間、よく聴いてくれました。 ありがとうございますm(__)m それにしても、太神楽への反応は、いつも大歓声ですね!


終演後、一人、山形新幹線で、新庄へ。 一人、板そばを食べ、陸羽西線に乗り換える。 酒田に向かう途中の最上川は、五月雨を集め過ぎたのか、やや濁った感じ。

翌日、芭蕉も訪れた遊佐(ゆざ)での公演の為、酒田に宿をとる。 駅前のホテル、2階にはスナックが何軒も軒を連ねるという…。 
コメント

南足柄市・子ども寄席

2010年06月22日 | 
「旅の終わりはお前さ~」は、山本譲二のセカンドシングルですが、我々の旅の終わりは、和歌山から小田原への大移動。

宿のある御坊市から、1週間お世話になったハイエースで南紀白浜空港へ。 レンタカーを返却したものの、乗るべき航空機がだいぶ遅れている。 しかも、着陸できないかも、関空に行くかも、という情報が…。 

公演に確実に間に合うように、急遽、陸路を移動することに。 「くろしお」「のぞみ」「こだま」を乗り継ぎ、会場に到着したのは宿を出て約8時間後。 疲れました。

でも、会場には一杯のお客様で、その反応の大きさに、幕が開くと、疲れも吹っ飛びました。 お子さんだけでなく、父兄の皆さんにも、楽しんで頂けたようでした。


終わってみると、あっという間の8日間。 各地のお客様、そしてスタッフの皆様、ありがとうございましたm(__)m


※6月下席は、新宿末廣亭に出ております!
コメント

東京あじさい寄席

2010年06月21日 | 
道成寺のある和歌山県日高川町、日高川交流センターでの落語会。 

大雨の降る中、たくさんのお客様に来て頂きました。 ありがとうございましたm(__)m

寄席囃子の実演が終わり、私が高座に上がり喋り始めると、はっきり聞こえるサイレン。 かなり長いサイレンの後、外から緊急時っぽい口調の放送が聞こえてくる。 会場内のスタッフも動き、舞台袖もバタバタしている。 でも、お客さんは噺を聴いていて、席を立つ人はいません。

こういう時は、焦りますよ~。 でも、高座をおりて、わかりました。

大雨の為、近くのダムが放水し、川が増水するから、川には近づかないように、ということでした。 地元のお客様は、動じない筈ですね。


人間、落ち着きが肝心です!
コメント

和歌山・道成寺

2010年06月20日 | 
焼津市での公演を終えた一行は、翌日、和歌山を目指しました。 左龍師匠と私の運転で、450キロの道のりを、和歌山県御坊市へ。 ほとんど高速道路とは言え、少しくたびれました…。


当地には、かの有名な道成寺があります。 出囃子に長唄の「道成寺」を使う三三師匠と私は、当然行かねばなりません。 で、公演前、みんなでお参りに。


結論、お近くへお立ち寄りの際は、ぜひ行って下さい! ただ、釣鐘は京都だそうです。
コメント

焼津魚河岸寄席

2010年06月17日 | 
焼津市文化センターでの、落語会。 一杯のお客様は、とても良いお客様で! 開口一番の私から、たくさん笑って頂きました。 ありがとうございます!

ふだんの寄席では見られない、寄席囃子の実演には、多くの拍手を頂戴しましたよ。


宿は、お隣りの藤枝のビジネスホテルですが、朝食の焼魚が美味しい! やはり、魚河岸が近くにあるからでしょう。

旅公演ゆえ、ふだんなら日帰りの土地にも泊まれるという…。 有り難いこと、この上も無し!
コメント

山梨高校

2010年06月15日 | 
本日の学校公演は、山梨市内の高等学校。 気温30度の暑さの中、体育館で聴いてくれました。 お疲れさまでした!


泊まってる甲府のビジネスホテルには、天然温泉があり、疲れを癒すには最適で…。 しばらく、山梨にいたいのですが、明日は移動。

静岡→山梨→静岡と動いてますが、なかなか富士山を拝めないのが残念です。
コメント

小淵沢中学校

2010年06月14日 | 
本日は学校公演、甲府市内の宿から、北杜市小淵沢を目指す。 

小淵沢中学校の生徒さんと、小淵沢小学校の5・6年生。 みんな、よく聴いて、よく笑ってくれました! 

気をよくした一行は、帰りに寄り道を。 昇仙峡を見学、仙が滝も見事でした。
コメント (4)

御前崎寄席

2010年06月13日 | 
6月中席は、旅に出ております。

三三師匠・左龍師匠・二楽師匠・ロケット団さん・お囃子のはる師匠と、私。

初日は静岡、“御前崎寄席”でした。 ご来場、ありがとうございます!

会場の近くに東洋大の同級生が住んでいて、見に来てくれたのも嬉しかったですね。 差し入れ、ありがとう! でも、二楽師匠に、難しい注文をしないよーに…。
コメント

旅の余禄

2009年10月19日 | 
バタバタしていて、更新が滞りました。 一応、活動しております。


長瀞。 岩畳とライン下り、けんちん汁と蕎麦。

立川。 付き人なのに、コース料理とお酒、そして土産まで。

山形。 いも煮、たまこんにゃく、そして蔵王のお釜に紅葉。

大石田。 ずんだ餅、肉そば、ぺちょら漬…、体重2キロ増。

帰京して、メルマガ編集と洋楽寄席。 


ご来場の皆様、スタッフの皆様、本当に有り難うございました!
コメント (2)

岩手県北上市

2009年10月09日 | 
岩手、北上市へ。 北上翔南高校の学校寄席、会場は文化交流センターでした。

会場も立派でしたが、生徒さんもとても良く聴いて下さいました。 トリの志ん輔師匠の噺には、みんな引き込まれているようでした。 ありがとうございました!


※往きの新幹線、約3時間。 となりの和助兄さんとしゃべりまくり、そして二人とも「国盗り合戦」で休む間がありませんでした。 今、一部の芸人の間で、「ケータイ国盗り合戦」が流行っているようで…。 もうすぐ、100国統一です。  
コメント

白石蔵王→新潟市

2009年08月01日 | 
巡業も千秋楽…。 前日、角田市の公演後、白石蔵王に宿をとる。 ホテルの目の前が、東北新幹線の白石蔵王駅。 それに乗ることもなく、東北道から磐越道、約240キロ移動して新潟市へ。 

運転が終わっても、安心はできません。 最後の公演が待ってます。

本日の寄席囃子も、通好みのリクエストが! また、新潟ということで、こん平師匠の出囃子の注文もありました。

寄席囃子→「たがや」→曲独楽→「天狗裁き」→紙切り→「ちりとてちん」で、無事お開きとなりました。 ご来場のお客様、世話人の皆さま、ありがとうございましたm(__)m


※画像は、楽屋のホワイトボードに、座長がサラサラと。

当たり障りのない車内の話題、「初めて買ったレコードは?」。 私の場合は、2枚同時に買ったのが、中森明菜「セカンド・ラブ」と小泉今日子「素敵なラブリーボーイ」。 今ツアーの座長も、実はキョンキョンのファンだったとか。 「素敵な…」も、諳んじておりました。 さすがです!

コメント (2)

宮城県 角田市

2009年07月29日 | 
巡業は続きます…。 大館での公演の翌日は、宮城県南部の角田市。 秋田県の北部からなので、400キロ以上離れています。

さすがに、一人で運転はキツかろうと、レンタカーは大館で返却。 盛岡までバスで2時間、そして新幹線で仙台へ。 仙台で車を借り換えて、約40キロ走行ののち、角田市の古刹・長泉寺に到着。

約90畳の広間での寄席は、初めての試みとのこと。 ご住職は、お客様の反応を少し心配してましたが、杞憂に終わりました。

寄席囃子のコーナー、司会の喬太郎師匠が、リクエストをとります。 と、小学生の男の子が、「古今亭志ん朝!」。 11歳にして、志ん朝師匠のファンだとか…。

寄席囃子の後も、トリの喬太郎師匠まで、場内はつねに湧いておりました。 「子別れ」、勉強させて頂きました。


開演前の大雨にも関わらず、ご来場ありがとうございましたm(__)m



※画像は、移動用のハイエース(10人乗り)。 車内で盛り上がる話題は、倫理上お伝えできないことが殆どで…。  
コメント (2)

秋田県 大館市

2009年07月27日 | 
巡業の続き…。 鷹ノ巣から大館へ。 長らく続く“おおだて特選落語会”、その特別編。

大館では、喬太郎師匠が、ずっと会を続けており、お馴染みの師匠の登場で、客席は大盛り上がりでした。 寄席囃子の実演でも、大きな拍手を頂きました。


青森からお越しお客様もいらっしゃったそうで…、ご来場ありがとうございましたm(__)m


※あとは、宮城と新潟へ参ります!
コメント (2)