ある退職教師のつれづれなるままに

38年間の教職26.3.31退職
4月1日再任用。自分の目でみたこと感じた事など
つれづれなるままに記します。

2018-29 オリンピックあれこれ、そして初めてのカーリング体験

2018年02月20日 | 日記
今、オリンピックが盛り上がっている。
昨日の500m小平選手の36秒台でオリンピック記録更新。
すごい、速さだ。陸上では100mが9秒台、水泳50秒台
スケートは最速だ。
メダルをとったアスリートの共通するのは求道者的な姿勢だ。
体を知っていてどうすればいいのか、食事や筋トレなど日々の管理を怠らない姿勢。

小平のコメントからライバルの韓国選手との友情、
敗れた選手に対する気配りとライバルへの尊敬。清々しさを感じたものだ。
コメンターでは金メダリストの清水選手の分析が分かり易く感じた。

究極を極める姿勢。
相手を負かすという順位というより目指すものはスケートを極め、
より楽しみたいという姿勢が結果につながるという考え、魅力ある発想だ。

ところで最近、総合プールの隣のスケート場でカーリングを初体験した。
講師はソチオリンピック選手の苫米地選手。

大変分かり易く、いちから丁寧に教えてくれた。
20キロのストーン。

片方は滑る靴をはいて②時の角度で又は10時の角度で投げるのだが
体のバランスがうまくとれない。投げるたびに数階転んでしまった。
またストーンのスピードがなかなかとれず途中で止まったり。
今度は反動をつけて投げると20mからはみ出たり
②時間だったが初めは寒かったが途中から暑く感じて薄着になったりした。

大変体力を消耗するスポーツということを初めて知った。
①ゲーム②時間以上。
1試合バレーのゲーム1試合に匹敵するくらい消耗するそうだ。

オリンピックのカーリングも今、調子がいいようだ。
カーリング、これからぐっと親しみが湧いて観戦できそうだ。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018-28 働き方改革・・学校... | トップ | 2018-30 「銀河鉄道の父」の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事