EV143『三つ実の郵便配達日記』

EV143"幸せってなんだっけ"
ここは芝村裕吏さんの主催するネットTRPG『電網適応アイドレス』のページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『13:00 ラジヲの収録だそうです(汗』

2009-05-09 13:00:12 | ゲーム
ウチガネカケル
「ALL-AROUND-RADIO! 本日のコーナー『萌え萌え取調室』のゲストは、この方でーす」(カンペ:簡単に自己紹介をお願いします)

古島三つ実
「古島三つ実と申します、今日はよろしくお願いします」

ウチガネカケル
「よろしくお願いしまーす。では突然ですがっ! 恒例の、5つの質問コーナー!」

古島三つ実
「はい……。><」

ウチガネカケル
「好きな食べ物は?」
「ちなみにウチガネは麻婆豆腐です。それだけあればいいで~す」

古島三つ実
「ツナサラダの入ったサンドイッチ、が好きかな……? 麻婆豆腐もおいしいですよねえわたしも好きです。」

ウチガネカケル
「あー! いいですね。ツナとパンの愛称に気づいた人は天才だと思いますねー」
「では次の質問。最近ハマっていることは何ですか? 趣味や健康法とか」

古島三つ実
「はいーええと……」

ウチガネカケル
「たとえばショッピングとか行きます?」

古島三つ実
「あ、はい。見るだけでも楽しいので行きますよー」

ウチガネカケル
「ついついフラッと、寄ってしまう売場とかありますか~?」

古島三つ実
「雑貨屋さんにはつい寄ってしまいます。かわいい刺繍の靴とかいいなあとこの前は眺めてたんですー」

ウチガネカケル
「あー。いいですね。刺繍の靴に立ち止まってる三つ実さんを想像したら萌えてきました」

古島三つ実
「あはは」

ウチガネカケル
「えー。こほん。次の質問!」
「デートするなら雨と晴れどっちですか?」(ニヨニヨ)

古島三つ実
「ええっと」#ΣΣΣ

古島三つ実
「えーと、会えるならどちらでもいい、かなと思います……」

ウチガネカケル
「いや~ん。では次の質問です」

古島三つ実
「はい」

ウチガネカケル
「郵便配達で気をつけてる事は何ですか?」

古島三つ実
「えっと、郵便物もお届け先の方も大事に……。出来てたらいいかなと思っています」

ウチガネカケル
「あ。なるほどぉ。最後まで真心を忘れずに。ですね~」

古島三つ実
「そうです、そうですー>< ありがとうございます」

ウチガネカケル
「では最後の質問です。ズバリ! 幸せを感じる時って?」

古島三つ実
「配達中、色々な所を通るんですけど……活気があって、皆が楽しいそうにおしゃべりしているのを見ていると嬉しいです」
「そういう時はやっぱり幸せって思います」

ウチガネカケル
「ハ~イ。質問は以上です。お疲れ様でした~」

古島三つ実
「お疲れ様でしたー」

ウチガネカケル
「では質問を振り返ってみましょう~」

ウチガネカケル
「好きな食べ物は“ツナサラダのサンドイッチ”ですかぁ。ご自分で作ることとかあります?」

古島三つ実
「はい買う事もありますけど作りますよー。夜作っておいたりします」

ウチガネカケル
「サンドイッチっていいですよねー。なんか初デートってイメージがあるんですけど」
「なんか淡~い感じがありますよね~。サンドイッチ」

古島三つ実
「なるほどーふむふむ」

ウチガネカケル
「デートでサンドイッチ出てきたら大抵の男は喜ぶんじゃないですかねー」

古島三つ実
「えええっっそうなんですか! ……それは知らなかったです」

ウチガネカケル
「喜びますよ~! 凝ったものじゃなくても。食ってダイレクトじゃないですかぁ。野球で言うとど真ん中直球ってゆー(笑)」
「参りました。ありがとう。ですよ(笑)」

古島三つ実
「なるほどー勉強になります。ありがとうございます」(真面目にうなずきます)

ウチガネカケル
「ああ、いや。そんな真剣にメモらなくても(笑)」

古島三つ実
「Σ あ、はい><」

ウチガネカケル
「なんかサンドイッチと言うより、三つ実さんが直球ですねー(笑)」

古島三つ実
「ええと、そうなのかも……?」

ウチガネカケル
「いいですねぇ~。では次はたしか。最近ハマっているもの。ウインドウショッピングでしたね」

古島三つ実
「はいー」

ウチガネカケル
「いつもおひとりですか?それともお友達と?」

古島三つ実
「ひとりでも行きますし、待ち合わせて行く事もあります;;」

ウチガネカケル
「いいですねー。サンドイッチ持参ですか?」(ちょっと意地悪な笑みで)

古島三つ実
「持っていく事もありますね……」

ウチガネカケル
「良い休日ですねー。ウチガネなんか休みの日は寝てるか、一人で釣りですからw」
「出かけたくない日なんか風呂釜に水張って釣り糸たらしてますからね~」

古島三つ実
「そういう釣りもあるのですか……」

ウチガネカケル
「ウソですけど。さて!(笑) つぎは……」
「デートするなら雨と晴れどっちですか? これはどっちでもでしたね」

古島三つ実
「はい」

ウチガネカケル
「ちなみに、雨上がりっていいと思いませんか?」

古島三つ実
「そうですねえ、晴れていくのを見るのはなんだか楽しいです」

ウチガネカケル
「町もちょっとだけ違う表情を見せるんですよね~」

古島三つ実
「そうですねー」

ウチガネカケル
「お相手の方のそんな表情を見たらキュンとしますよね~(笑)」

古島三つ実
「ええっと、誰にとっても大事な人はいつでも世界一の人ですから……そうだと思います><」

ウチガネカケル
「お! 名言来ました!」

古島三つ実
「めっ名言とかでは;; いえいえいえ」

ウチガネカケル
「哲学ですね! 真理ですね! ラヴですねぇ! は。騒ぎすぎですね! ……失礼しました。でも本当にそれは思いますねー」

古島三つ実
「ええといえ、すみません。返事がうまく出てきませんでした;;」

ウチガネカケル
「いえいえいえ。ナイス直球ですよ~」

古島三つ実
「ありがとうございます……><」

ウチガネカケル
「思わずハッ! としちゃって、バット振れませんでしたもん(笑)」

古島三つ実
「いえいえ、とんでもないですーー」

ウチガネカケル
「三つ実さんの魅力ってそういう所なんですねー。今実感しました」

ウチガネカケル
「スタッフ! そっちで“ほわんほわん”にならないっ! 俺がそっちに行ってほわほわしたいわ!(笑)」
「でも仕事なのでキッチリやります。えらいな俺。そうでもないさ(笑) えーと(笑) 次はなんだっけ?」
「郵便配達で気をつけてる事! そうそうこれこれ。これでしたね(笑)」

古島三つ実
「はいー」

ウチガネカケル
「ごめんなさいね。取り乱して~」

古島三つ実
「いえいえ、こちらこそすみませんー><」

ウチガネカケル
「いやいやぁ! 三つ実さんはそのままで! 謝らないでもいいですってばん」
「間違ってもフォークとか投げないでくださいね。そのまま直球で貫いちゃってください!」

古島三つ実
「は、はい……;; ありがとうございます」

ウチガネカケル
「えーと、郵便物もお届け先の方も大事に。と言う事ですが、うん。素敵ですね~」
「郵便物も人の気持ちも一方通行ではかなしいですもんね」

古島三つ実
「はいーわたしだけでなく郵便配達してる方は皆そうだと思うんですけど、」

ウチガネカケル
「うんうん」

古島三つ実
「届けて喜んでもらえると嬉しいから」

ウチガネカケル
「それが何よりの報酬ですよねー」

古島三つ実
「はい」

ウチガネカケル
「三つ実さんのサンドイッチもお相手の方の心に届いて、ど真ん中直球を貫くことを願っております(笑)」

古島三つ実
「えっと、はい。ありがとうございます……?」

ウチガネカケル
「あっはっは。要約すると、素敵な幸せ配達人になってください。ですね」
「誰かウチガネに愛のこもった麻婆豆腐を送ってくれー! いや! 生物だから逆に迷惑だ!(笑)」

ウチガネカケル
「と言う事でお疲れ様でした! 最後になにか一言!」

古島三つ実
「あ、はい……と言いますかほんとに…嬉しい事を分けて貰ってるのはわたしの方なので>< ありがとうございます。いつも、今日も皆さんほんとうに有難うございました。」

ウチガネカケル
「今日のゲストは古島三つ実さんでした! ありがとうございましたー」

古島三つ実
「ありがとうございましたー」
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『6:30 仕事中。~ぱん... | トップ | 『16:00 デート中。バ... »

コメントを投稿

ゲーム」カテゴリの最新記事