アバウトなつぶやき

i-boshiのサイト:「アバウトな暮らし」日記ページです

浅井忠と近代デザイン

2018年12月16日 | かんしょう
 名古屋で用があるシロウタが空き時間が出来るというので、その時間に合わせてヤマザキマザック美術館で開催している「浅井忠と近代デザイン」展を観てきました。

 近代洋画の画家としてよく黒田清輝と並び称される浅井忠。二人とも指導者としても様々な功績を残していますが、黒田清輝は高圧的でアカデミックなのに対し、浅井忠は生徒に寄り添う指導で後進にとても慕われているというイメージが私にはあります。
 浅井忠は京都高等工芸学校で教鞭を執っており、京都で展覧会を観るとその時の逸話を耳にする機会が多いせいかも知れませんが、巨匠と呼ばれるにかかわらずなんとなく親しみのある人物なのです。
 とはいえ、特に彼の作品のみを気にして観たことはなかったのでこの展覧会は良い機会になると思いました。




 この展覧会は浅井忠と近代デザインの関わりが主軸のため、浅井の作品が多いかというと残念ながら多くはありません。出展している彼の作品は絵画が20点ほど、工芸品が10点ほどです。…ちょっと残念。他は、浅井忠が(建築家武田五一とともに)教材用にフランスで蒐集した工芸品やポスターが紹介されています。
 企画展の出点数は決して多くありませんが、会場の規模と特徴を思えば当然なのかも知れません。こちらの美術館はアール・ヌーヴォーの家具(ガラスも)のコレクションが多いので、今回の企画展は時代的にはぴったりで一緒に展示されているのに違和感がありません。けれど、家具なので簡単に動かせるわけではなく、企画展は家具とコラボする形で開催されるんですよね。
 それでも浅井忠図案の漆器は初めて見たため、工芸品のデザインに素晴らしいセンスを発揮していたんだなぁと改めて感心しました。
 あと、ヴァンホーテンココアのポスターがミュシャだと思って近寄ったら作者がプリヴァ・リヴモンとあり、「えっ、これミュシャじゃないの?」とびっくり。女性の描き方がミュシャとそっくりなんですが、これは真似と扱われたのか、時代の流れとしてこういう描き方が主流になっていたのか、どっちなんでしょう。
 
 ワークショップや講演会などまだまだこれからも企画があるので、アール・ヌーヴォーのお好きな方はとても楽しめると思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 川端康成と横光利一展 | トップ | アルヴァ・アアルト展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

かんしょう」カテゴリの最新記事