山登りとJazzと・・・

芸術性のない証拠写真の羅列です。
思い出と記録を綴っています。
*****備忘録的・フォト日記*****

日帰りでピンポイント・ロケハン ■2017_11_21

2017年11月23日 | アウトドア

朝からの快晴で、今日は日帰りでピンポイント・ロケハン
車で現地に行きそこから歩いたり、三脚立てたり、山に登ったりと忙しい一日です。
時間を気にしながら忙しく動き回りましたが、好きなことをやっているせいかさほど疲れませんでした。
2、3日後に疲れが出てくるかもしれませんが貴重な晴れ間、有効活用出来ました。
今日は、全国的な規模のある砂防ダム⇒寺家公園⇒神通峡⇒最後はとんがり山(559m)登山で締めくくりました。

午前中は快晴、晴れている間に済まさないと、のんびりやっていると午後からの天気予報では曇りになってしまう。 

ここに着いたときは空は真っ青、ポツポツと雲がでていて絶好のタイミング。 

後の立山連峰も冠雪し始め、写真を撮ったりするには良いロケーションです。 
手前は水深がちょっと深くなっただけで色が違ってきます。

大日連山(大日三山)、右端は雄山(3,003m)に続く稜線

これからまだまだ白くなり、回りの低山も雪に覆われてしまう。 

雲が山にかかり始めました。 

 寺家公園のモミヂですが、ここしばらく雨で紅葉見物どころでは無く、寒く外に出る気もしないくらいだった。
その間天候が悪い間に紅葉がピークを迎え、肝心な晴れた日には散り際になってしまった。

地面にはモミヂの落ち葉が落ちていますが、一斉に紅葉してないせいか、まだ紅葉見物はしばらく出来そうだが
気持ちとしたら一斉に紅葉してサット散っていく紅葉のピークのところで写真を撮りたかった。 

晴れて、日が差した所は紅葉も綺麗に見えます。
場所的にピンポイントで雲の切れ間から陽が差し込みました。

赤がとても映えました。 

この場所は正式には神通峡のメインとなる場所ではありませんが、紅葉は全然ありませんでした。
展望台まで向かえば良いのですが、時間がかかり道が細く車が汚れるのでここでやめておきます。 

紅葉が無かった分、代わりに水が綺麗でした。 

尖り山(559m)に登りました。
紅葉もほとんど無く、午後からの山登りでしたので雲がかかりせっかくの冠雪した立山連峰は見えませんでした。
遅めに登ったので人も少なくマイペースでした。 

ときめく物が少しぐらいはあるだろうと思っていたが紅葉もダメ、頂上からの景色もダメ
ときめく物は下山時に見つけたムラサキシキブの鮮やかな紫色でした。
予報では晴れ間が出るのは今日しか無く、28日に晴れマークの日がありましたが変わるかもしれません。
一日で何カ所も廻りましたが不思議と疲れません。
2,3日後が怖い。 

 

 

 

 

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 中山(1,250m富山)と寺家公園... | トップ | たかが標高80m、されどこの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アウトドア」カテゴリの最新記事