音楽という食物

ジャズ系を中心に好きな音楽について

Brad Mehldau/Live in Marciac

2011-02-25 04:51:05 | ジャズ




意表を突くスタートです。いきなり前がかりに攻めてきました。
別の曲かと思いきや、It’s All Right with Meの導入という感じです。
この超絶技巧には今更驚くまいと思ってもやっぱり驚いてしまいます。

今回はDVDが付いていて曲目もほぼ同じなので皆とそっちで見ています。




この曲が終わった段階で汗だくのMehldau。汗を拭いながら拍手に応えます。
手なんて抜けないという感じです。
しかし見ていると簡単そうに弾くんですよね。無駄な動きが無い。


続くSecret Loveでは自分がもっとも好きなMehldauが聴けます。
食事の手が止まります。この中低音域の音の響かせ方。幸せ過ぎます。どうしようもない、これは。
天を仰ぎゆっくり体を揺らしながら音を紡いでいく様は見ていて力がある。
Mehldauが見ているものを真剣にこちらに伝えてくれています。


Unrequitedは今までと違ったアプローチ。後半はいつもの感じにはなっていきますが、どこか抑えが利いている印象。


続くResignation、Trailer Park Ghost、Goodbye StorytellerではMehldauのオリジナルの素晴らしさを再認識。過去の演奏より実際良いのかもしれません。


おなじみExit Musicも新たな聴かせ方に聴こえる。今までより更に大きな流れの中から浮き出すような展開になっている。密度を増していくだけでなく、情景が最後まで残されている。このソリッドないつものアプローチながら歌っている印象です。


「Live in Tokyo」でも好きだったThings Behind the Sun。
これもアプローチは異なりますがやはり好演。
今回の方がこの曲に限らず全般じっくりと聴かせてくる気がします。
音も粒立ちよく、トリオ、ソロ問わず今までで一番録音が好きかもしれません。
Mehldauにとっても音の響きが違えば特にソロだとアプローチも変わってくると思いますが、そういうこともあるのかもしれないと思います。


懐かしいNirvanaのLithiumですが、短いながらものっけから音を隣でぶつけて少しだけ狂気をのぞかせます。が、Mehldau節で美しく終わります。大人なアプローチを感じます。


Lilac Wineは原曲を知りませんが、個人的にはSecret Love同様の好演。色彩豊かなイントロから始まる至福の9分。


Day is Doneと近いアプローチのMartha My Dear。これもこちらの方が好きかも、です。


そしていい加減もういいよ、となるかと思いきやこんなに美しいMy Favorite Thingsは初めてかも。こういうベタな曲で差を出してくる辺りが参ります。


CDのみに収録のDat DereはMehldauなりのバップという感じで楽しい。そして久々にこういう演奏が聴けて嬉しい。




全曲についてダラダラと書いてしまいましたが、圧倒的なだけでなく少し落ち着いてじっくり聴かせるところもあり、泣けたり楽しかったりで今までの作品に比べてトータルバランスが俄然好みです。質も高く、今までになくアプローチが多彩な印象も受けました。これがスタジオでなくライブなので尚更です。

Mehldauだからということで聴く前にはいつもハードルが上がりますが、今回はアッサリ超えてきました。これ以上の注文は全くもってありません。最高。





Brad Mehldau/Live in Marciac
●●●●● ●●●●●




Disk:1
1. Storm (Mehldau)
2. It’s All Right with Me (Cole Porter)
3. Secret Love (Fain/Webster)
4. Unrequited (Mehldau)
5. Resignation (Mehldau)
6. Trailer Park Ghost (Mehldau)
7. Goodbye Storyteller (for Fred Myrow) (Mehldau)
8. Exit Music (for a Film) (Radiohead)

Disk:2
1. Things Behind the Sun (Nick Drake)
2. Lithium (Kurt Cobain)
3. Lilac Wine (James Alan Shelton)
4. Martha My Dear (Lennon/McCartney)
5. My Favorite Things (Rodgers/Hammerstein)
6. Dat Dere (Bobby Timmons)

DVD
1. Storm / It's All Right with Me
2. Secret Love
3. Unrequited
4. Resignation
5. Trailer Park Ghost
6. Goodbye Storyteller (for Fred Myrow) / Exit Music (for a Film)
7. Things Behind the Sun
8. Lithium
9. Lilac Wine
10. Martha My Dear
11. My Favorite Things



2011年作品(2006年録音)




コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« Herb Ellis&Red Mitchell/Do... | トップ | 20年ぶりにV.I.P. »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とても素晴らしい作品ですよね。 (りゆ)
2011-02-25 14:02:06
こんにちは。

Mehldauは昨年のソロピアノでの来日公演がとても素晴らしかったので、このアルバムも楽しみにしていました。

2回ほど聴いてみましたが、期待を裏切らないとても素晴らしい作品だと思います。

どの曲も色とりどりの素晴らしいフレーズがそこかしこで聴けて、すっかり引き込まれてしまって、2枚のCDで100分という時間があっという間に過ぎました。

今年出たJazzのアルバムでは初めて買った作品ですが、早くも今年のベストになるんじゃないかなと思うほどです。

また来日公演があれば絶対に行きたいなと思います。それまではこの作品や過去の作品を聴いて楽しみにしていようと思います。
いいですよね (ki-ma)
2011-02-25 21:36:23
りゆさん
コメントありがとうございます。100分、あっという間ですよね。10分近い曲もすごく短く感じます。全開のようで実は制御されている感じがすごくいい塩梅だと感じています。自分、トリオは見たんですがソロは未体験です。この構成だったら見たいと思いましたよ。
TBさせて頂きます。 (中年音楽狂)
2011-02-27 15:57:49
こんにちは。私はNonesuchのサイトで本作を予約したため,私のところにはまだ現物が届いていません。もうそろそろ着く頃とは思いますが,仕方ないので,MP3音源の音だけで本作を聞いていますが,これは相当いいですねぇ。去年,ビルボードで見たソロもよかったですが,なぜ5年近く前の音源を今出してくるのかがわかるような演奏です。

特に"Secret Love"のテンポ設定が素晴らしく,こういう弾き方が可能なんだなぁと思わず感心してしまいました。早く映像も見たいところです。

ということで,TBさせて頂きます。
こんばんは (ki-ma)
2011-02-27 19:17:32
音楽狂様

コメントありがとうございます。
初めからテンションが凄くて自らを奮い立たせているような印象でした。流した途端胸がざわつくんですよね。凄い人です。ただしこのパラレル連射弾きは一日に聴ける回数が限られます(笑)。音楽狂様と同じく、スローなアプローチはもう120点という感じでたまりません。

こちらもトラバさせていただきます。

コメントを投稿

ジャズ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

現物はまだ来ていないが,Brad Mehldauの新譜の話 (中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar)
Live in Marciac Brad Mehldau (Nonesuch)当初1/11のリリース予定だったものが,延び延びになって,ようやく発売された待望のBrad Mehldauの新譜である。と