横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

頑張ったのだろう

2018-01-13 07:21:59 | 日記



厚木市七沢の神奈川県自然環境保全センターはさほど広くはないが、
樹木観察園があったり谷戸や林の自然観察園があったりして冬でも楽しめる。






寒い中でも陽を受けたソシンロウバイを見ると気持ちは春になる。






しかし冬は冬。研究棟の前の小さな池には凍って割れたらしい氷の塊が見られた。
かなり厚みがあり冷え込みが厳しかったことを思わせる。






原っぱに行くと枯れ葉や小枝の間にタマムシがバラバラになっていた。
秋の遅くまで頑張っていたのだろうか。






樹木観察園の外れではツクツクボウシの抜け殻がまだ残っていた。
夏の1ヶ月ほど頑張っていたのだろう。その卵は今年の夏には成虫になるそうだ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 群れと単独行 | トップ | 鳥たちを見下ろす »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事