横浜のほほん・続

植物や生き物を見ながら歩いて感じたことなどを中心に日々を綴る。

黄色3題

2018-01-15 07:25:16 | 日記



久しぶりに追分市民の森を歩いた時のこと。
花は全くなく、晴れているけれど風が冷たくて虫や鳥などもひっそりとしていた。
わずかにホオジロやカワラヒワの姿を見る程度だった。






やむなく切り上げて上川井方面へ出て行くと、民家の庭に夏ミカンか何かが生っていた。
陽を浴びた黄色は気分を暖かくする。






その先にはクチナシの朱い実があった。






赤みの強い黄色・・クチナシ色と言うらしい。
数年前まではおせち料理に栗キントンを作っていて、黄色くするのにクチナシを重宝していた。






そのほかミツマタの木も何本かあった。






花芽が出ていたが、黄色い花が咲くまでにはもう少し時間がかかりそうだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳥たちを見下ろす | トップ | 大空に舞う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事