はぁと ブリッジWEB

全国障害者問題研究会兵庫支部のブログです:ホームページ資料館は、ブログ左最下にリンクがあります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

7月13日(土)◆全障研・夏の学習会◆「特別」でない高校の特別支援教育

2013年07月06日 | 研修会・講座のお知らせ
春の入門講座に続き、夏の学習会も開催します。
以下、詳細です。

***
◆全障研 夏の学習会◆
「特別」でない高校の特別支援教育


<企画者からの紹介>
「発達障害のことは知っていても、普通高校で行う“特別支援教育”とは何かがさっぱりわからず、イメージすらできませんでした。」
著書で、品川裕香さんが紹介された佐藤友子先生の言葉です。
文部科学省の「高等学校における発達障害支援モデル事業」を受け、京都・朱雀高校で取り組まれた「気になる生徒」への「特別支援教育」は、障害の有無ではなく「子どものニーズに応じて指導方法を変える」という実践スタイルで、私たちにもきっと展望を示してくれると思います。
取り組みの中心であった佐藤先生にお話を聞き、兵庫の高校でもできる実践のアイディアを交換し合い、ネットワークを作りましょう。

***
2013年13日(土)
開場/13:30 講演/14:00~16:15

会場 福祉事業型専攻科 エコールKOBE 多目的研修室(アスタプラザイースト地下1階)
JR・市営地下鉄 新長田駅から徒歩3分
http://eko-ru.jp/about/access.php

講演「これなら普通の高校でもできる」
講師 佐藤友子さん(元養護教諭)
ファシリテーター 赤木和重さん(神戸大学准教授)

参加費 一般1,000円 会員800円 学生500円

主催 全国障害者問題研究会・兵庫支部

お問い合わせ mail:hyozen@mail.goo.ne.jp
TEL(FAX):(078)341-6510

***
申し込みについて
mailもしくは、下記のURLから申し込みをお願いします。
http://kokucheese.com/event/index/88880/

申し込み締め切り
7月2日(火)まで。

***
講師紹介
佐藤友子(さとうともこ)さん
京都の全日制高校で、養護教諭を38年間勤められました。
著書に、「こころの扉をひらく」
「高校の特別支援教育・はじめの一歩」(朱雀高校特別支援教育研究チーム)

ファシリテーター紹介
赤木和重(あかぎかずしげ)さん
神戸大学大学院准教授
共著に、「ホントのねがいをつかむ:自閉症児を育む教育実践」
「見方が変われば願いが見える」

***
全障研とは
1967年に結成された団体です。
障害がどんなに重くても、人間としての発達の道を歩むことができ、誰もが憲法に定められた基本的権利をもっています。
全障研は、そういった障害者の権利を守り、発達を保障するために活動を続けています。