はぁと ブリッジWEB

全国障害者問題研究会兵庫支部のブログです:ホームページ資料館は、ブログ左最下にリンクがあります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

学生発達保障セミナー2006のお知らせその②

2006年02月25日 | 研修会・講座のお知らせ
以前にも学生発達保障セミナーをお知らせしましたが、あらたなビラが出来上がりましたのでお知らせします。みなさんの参加をお待ちしています。

学生発達保障セミナー2006

3月4日(土):アスニー山科、 5日(日):キャンパスプラザ京都
講演 別府哲(岐阜大学)「子どもの発達をどうとらえるか 自閉症の子どもを中心に」4日午前
中村尚子(立正大学)「すべての人に笑顔ある暮らしを 自立支援法と障害児者・家族の未来」5日午前

分科会
 ①発達相談ってなあに?? 発達相談員の役割と地域療育システム 講師・松原巨子(大津市役所)
 ②発達障害のある子どもと思春期の教育 特別支援教育と向き合う現場から 講師・大谷佳子(奈教大付中)、越野和之(奈良教育大)
 ③みんなが安心できる地域の暮らしを求めて 緊急時に障害のある方は 講師・薗部英夫(全障研)他
 ④障害がある子どもの豊かな放課後・余暇活動 講師・能勢ゆかり(八日市養護寄宿舎)、津村恵子(京都放課後ネットワーク)

詳しくは案内二次ビラPDFより(みんなのねがいWEBより)http://www.nginet.or.jp/news/2006stsem_1.pdf

障害者問題研究(特集 コミュニケーションの発達と指導)

2006年02月25日 | 書籍の紹介
障害者問題研究 第33巻第4号(通巻124号)

特集は、「コミュニケーションの発達と指導」です。各地の実践報告や理論など掲載されています。詳しくはhttp://www.nginet.or.jp/ken/k334/ken33-4.html(みんなのねがいWEB)をご覧下さい。注文もできます。ぜひ、一度、ご一読下さい。

2006年2月25日発行に発売します。定価2100円(本体2000円)税5%です。安い!!

神戸サークルよりお知らせ

2006年02月24日 | サークル情報
神戸サークル第93回例会のご案内      テーマ「医療との連携」

日 時;3月12日(日)13:30~16:30

 場 所;神戸市立心身障害福祉センター3階研修室(℡577-6505)
提案①;鎌田直子(兵庫県立こども病院)
医療と教育の連携~重症心身障害児への褥瘡ケア」
 提案②;稲垣悦子(神戸市立垂水養護学校)
           「養護教諭の立場から」
 運 営;田中裕一(兵庫県立神戸養護学校)
保 育;3階会議室A(℡577-6505)

ボランティアを募集(登録)のお知らせ

2006年02月22日 | 最新のお知らせ
兵庫支部では、連続講座をはじめ、学習会や講座をサポートして頂けるボランティアを募集しています。登録も受け付けています。登録の場合は、日程が近くなりました都合を伺いたいと思います。

☆都合のつく日で結構ですので、よろしくお願いします。

☆もし、ボランティアとしてサポートしていただける方は、事務局へメール(hyogozensyouken@mbp.nifty.com)または、お電話(078-341-6510)して下さい。みなさん、よろしくお願いします。

障害のある子どもの放課後保障兵庫連絡会(仮称)結成総会のご案内

2006年02月21日 | 研修会・講座のお知らせ
障害のある子どもの放課後保障兵庫連絡会(仮称)結成総会のご案内

障害のある子どもの放課後や、休日・長期休暇は、とても貧困です。母親を中心とした家族の踏ん張りでかろうじて持ちこたえているというのが実態です。
 一方、限定的ですが、放課後保障の取り組みが進んできたり、昨年モデル事業としてスタートした「タイムケア事業」が実施されている地域もあります。
 全国では「障害のある子どもの放課後保障全国連絡会(全国放課後連)が発足し、この間急速に運動が進んできています。兵庫においても、「放課後連」を結成するために一昨年から準備会を立ち上げ取り組みを進めてきました。そこで、3月19日に正式に会を結成する運びとなりました。
この問題に関心のあるみなさんがつどい、学習交流できる機会にし、一緒に今後の取り組みを考えていきたいと思います。みなさんの参加をお待ちしています。

○ とき   2006年3月19日(日)PM1:30~4:30(1:00受付)
○ ところ  たちばな職員研修センター 
         神戸市中央区橘通3丁目4-2  TEL 078(341)0120
          JR神戸駅 高速神戸駅 より北へ徒歩5分
○ 内容 ・経過報告:放課後保障兵庫連絡会準備会事務局長 
     ・学習会 「障害児の放課後保障とネットワーク」
          講師  津止 正敏 氏(立命館大学)
     ・活動交流など(みんなの声を)
        タイムケア事業の実態
        放課後保障の地域での取り組み
○ 資料代 ・当日300円を集めます。                  
○ 保育あります・ただし、前もってお知らせください。
○ 問い合わせ先
  準備会事務局(全国障害者問題研究会兵庫支部内)
     TEL・FAX: 078(341)6510
(夜間)事務局長 河南(0798-71-2476)

全障研第40回全国大会(奈良)プレ企画

2006年02月20日 | 研修会・講座のお知らせ
全障研第40回全国大会(奈良)プレ企画

2月26日(日)午前10時~午後3時半
奈良県社会福祉総合センター(近鉄橿原線「畝傍御陵前駅」)
講演/「障害児保育を学ぶ」松原巨子(大津市発達相談員)など
参加費/500円
申し込み/0742・35・9292(嶋田)

厚労省障害児施設係長との懇談の日程が決まりました

2006年02月17日 | 最新のお知らせ
 厚労省と懇談します!(みんなのねがいWEBより)

厚労省障害児施設係長との懇談の日程が決まりました。

 日時 2月28日(火) 午後1時~2時半
 会場 厚労省 1F 共同会議室第2
 対応してくれる係 障害児施設施設係長
 
懇談のテーマは「通園施設」です。
参加希望者は「応益負担を持ち込ませない会」事務局までメールください。
メールアドレスはtakako@nginet.or.jpです。

■ブックレット『障害者自立支援法と子どもの療育』増補版出版のお知らせ

2006年02月17日 | 書籍の紹介
■ブックレット『障害者自立支援法と子どもの療育』増補版を3月上旬に出版します!(みんなのねがおWEBより)
 障害乳幼児の療育に応益負担を持ち込ませない会
 茂木俊彦・近藤直子・白石正久・中村尚子・池添 素 
         
おかげさまで完売させていただきましたが、その後の情勢とみなさんのご要望に応えて3月上旬に「増補版」を出版します。もうしばらくお待ちください。「みんなのねがい」2006年2月号もあわせてご参照ください。

大阪 第5回運動と実践を考える合同学習会

2006年02月16日 | 研修会・講座のお知らせ
  大阪 第5回運動と実践を考える合同学習会

《日時》 3月5日(日) 9:30~16:30 
《場所》 中央青年センター7F 第1ホールほか(地下鉄中央線「森之宮」下車徒     歩5分 JR「森之宮」下車徒歩10分)
《内容》 講演と分散会 白石恵理子(滋賀大学){いま、改めて利用者が主人公     の実践を問い直す」
《参加費》500円
《主催》 全障研大阪支部・きょうされん大阪支部


京都・第4回青年成人期講座

2006年02月16日 | 研修会・講座のお知らせ
 京都・第4回青年成人期講座

《テーマ》「知って欲しい、僕らのことを!軽度知的障害者の卒業後の暮らし」
      ~青年サークル「げんごろう」をとおして考えよう!~
《日時》 3月5日(日)午後1時から
《場所》 キャンパスプラザ京都
《内容》 青年サークル「げんごろう」の活動を通して、軽度知的障害者の現実と     サポートについて考える
     講演 西川茂(向日が丘養護学校寄宿舎指導員)
     助言者 荒木穂積(全障研京都支部長、立命館大学教授)
《主催》 全障研京都支部

新年度のみんなのねがいのお知らせ

2006年02月16日 | 書籍の紹介
新年度のみんなのねがいのお知らせ(みんなのねがいかべにゅーす3月号版より)

 次年号からは、新たに連載企画が満載です!
 連載は、白石恵理子さん(滋賀大学)、細渕富夫さん(埼玉大学)が登場!発達・発達保障がわかりやすく学べます。また、「発達保障大学」は継続。4月号からは黒田吉孝さん(滋賀大学)による「高機能自閉症、アスペルガー症候群の理解と支援」。教育実践が学べる新企画「私の授業」もオススメ!詳しくはみんなのねがいの3月号50ページの紹介をお読み下さい。
 全障研結成40周年にむけて、みんなで発達保障が学べる「みんなのねがい」をみんなで読んで、みんなで学習しましょう!





みんなのねがい3月号のお知らせ

2006年02月15日 | 書籍の紹介
みんなのねがい3月号のお知らせ

3月の特集は「給料をもって買い物に」です。
兵庫県尼崎市の小規模作業所の「あまーち」日高義治さんの「買い物を通して、「はたらくこと」と「お給料」をたしかにつなげる」など、給料を通しての特集です。

連載は、今回で最終回を迎えます。
発達をはぐくむ目と心/白石正久
発達保障大学「子どもとともにつくる教科学習」/森下芳郎
人間と障害 国際生活機能分類から考える/上田敏コミュニケーション 発達の場を創造する営み /土岐邦彦
です。
みなさん、お見逃し無く

詳しい目次は下記へ
http://www.nginet.or.jp/ngi/2006/NGI200603.html

情報も、学習も、元気も、みんなのねがいで!
550円それ以上の価値はおおいにあり!
近くの書店でも取り寄せることができますよ♪



※みんなのねがいのBOOKで紹介されている書籍は、以前に紹介したセブンアンドアイのさいとから注文できます。下記のサイトにアクセス
http://myshop.7andy.jp/myshop/heartbridge


「金ないモンから、金とるな!DVD付」書籍のお知らせ

2006年02月14日 | 書籍の紹介
「金ないモンから、金とるな!」=障害者自立支援法案に異議あり=

 2月16日デビューします。 応益負担反対で築かれた熱い連帯確信をもって京都から送り出す一冊!画期的な京都の闘いを記録し法施行に望む課題と展望を示す本です。
  編:障害者自立支援法案に異議あり!「応益負担」に反対する実行委員会
  A5版168ページ(DVD付録)定価1050円(本体1000円+税)
  株式会社ウインかもがわ  

詳しくは下記のアドレスへ
 京都障害児者の生活と権利を守る連絡会HP
  http://www.jcil.jp/torikumi/02.htm#kane/

きょうされん応益負担110番はじまりました!

2006年02月14日 | 最新のお知らせ
きょうされん応益負担110番はじまりました!

《日時》2月14日(火)・15日(水)
    両日ともに 朝 10:00 ~ 夕方 17:00

電話番号 : 03-5385-3334
03-5385-2016 ・ 03-5385-2018
03-5385-2050 ・ 03-5385-2056
※くわしくは、下記のサイトをご覧下さい
http://www.kyosaren.or.jp/news/2006/0214_1.htm

きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会)
http://www.kyosaren.or.jp 

全障研出版の書籍の購入

2006年02月11日 | 書籍の紹介
全障研出版の書籍に関する紹介します

なさんは、どのように本を買っていますか?
お近くの本屋さんに注文してとりに行く方法もありますが、今回はインターネットで注文して、近くのセンブンイレブンで受け取れる方法を紹介します。

下記のアドレス(セブンアンドアイ)にアクセスして下さい。
http://myshop.7andy.jp/myshop/heartbridge
このサイトでは注文すると、お近くのセブンイレブンに本が届き、受け取る事ができます。送料は無料!!便利なので一度見てくださいね。
※このサイトでは、扱っていない書籍もありますのでご注意下さい。

もちろん全障研出版の書籍は、全障研の「みんなのねがいWEB」(宅配料必要)からも注文できます。また、兵庫支部に在庫がある場合は、注文(宅配料必要)を受けています。みなさんの便利な方法でご注文下さい。

これから書籍の感想や紹介は、少しずつ更新していきます。