飄評踉踉

日々のニュースに寸評を加えていきます。ブログでしか出来ないことはブログで。

小室直樹先生、さようなら

2010-09-29 18:53:09 | 社会
(cache) 小室直樹氏が死去…異色の評論家、ソ連崩壊予言(読売新聞) - goo ニュース

「小室先生は、日本の誰よりも近代社会と民主主義を理解されたウルトラ・デモクラティストですが、彼がそうなのは、極右天皇主義者だからなのです。当時の今上陛下(昭和天皇)が、日本国民の子々孫々を思って、日本の近代化と民主主義化をお望みになったからこそ、それに応えようというのです。」(『憲法対論』227頁の宮台発言)

結局、訃報の公表が遅れた理由は何だったのでしょうか?
ジャンル:
話題の人
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 真・時かけ | トップ | パ2010閉幕 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先生が今こそ必要でした。 (安井健)
2010-09-29 21:22:00
中国史観における先生の卓越した知識は民主党の外交政治に今こそ必要と中国と尖閣衝突以来仲間に発信していました。今日新聞で先生のご逝去を知り、大変残念に思っています。私自身、今いっそう、先生ご指摘の歴史観にたった行動と勉強をすることを改めて肝に銘じた次第です。
先生のご冥福をお祈り申し上げます。
合掌
安井健拝
先生が今こそ必要でした。 (安井健)
2010-09-29 21:22:40
中国史観における先生の卓越した知識は民主党の外交政治に今こそ必要と中国と尖閣衝突以来仲間に発信していました。今日新聞で先生のご逝去を知り、大変残念に思っています。私自身、今いっそう、先生ご指摘の歴史観にたった行動と勉強をすることを改めて肝に銘じた次第です。
先生のご冥福をお祈り申し上げます。
合掌
安井健拝
Unknown (hyoulou)
2010-10-01 18:38:25
>中国史観における先生の卓越した知識
『小室直樹の中国原論』は面白かったですね。

コメントを投稿

社会」カテゴリの最新記事