ひょーけつの霊パ考察+@

ゴーストタイプ統一。時々その他趣味の話だとか

【霊パ】season12 使用霊パ

2020-12-04 | ポケモン
 どうも、ひょーけつです。
 前置きも思いつかないので、早速season12で使用した霊パを解説も交えつつ紹介していこうと思います。ちなみに今回はひょーけつが描く素敵☆な霊ポケのイラストは時間の都合でありません。

【使用した霊パ】

<ゲンガー>
特性:呪われボディ 持ち物:気合のタスキ  臆病CS
ヘドロ爆弾/マジカルシャイン/凍える風/毒毒

 テンプレCS襷。当初はヘド爆/シャドボ/こご風/滅び@タスキで運用していましたが、滅びの打ちどころが全くなく、シャドボも役割が薄かったためにマジシャ&毒毒を採用。
 マジカルシャインは初手で対峙しやすかった悪ウーラオス(AS想定)に対して確一を取ることが出来るので採用しました。環境下のウーラオスは襷持ちである場合が殆どでしたが、万一鉢巻持ちであった場合後述のサニーゴの立ち回りが変わってくるため、持ち物チェックという意味合いが強かったです。
 毒毒は襷を消費したウーラオスに対して、不意打ちを回避しつつダメージを与えられる点と、ポリゴン2を猛毒状態にすることでサニーゴがポリ2を突破できるようになるという点により採用しました。

 体感的な話ですが、襷を消費したウーラオスの行動パターン(自分の死に出しミミッキュと対峙)について、暗黒強打→不意打ちというパターンが多かったように感じました。ミミッキュと言えば剣舞、身代わりが脳裏を過るのか、不意打ちで詰み技を許してしまうことへ対する警戒心が勝るようです。

<サニーゴ>ガラルのすがた
特性:呪われボディ 持ち物:進化の輝石 図太いHB
ナイトヘッド/ミラーコート/鬼火/力を吸い取る

 テンプレHB。以前より採用している安心と信頼の物理受け。霊パにおいて恐らく唯一エースバーンを真正面から受けきることのできるポケモン。
 今期の環境では過去の準伝説が解禁された影響もあって、強力な特殊アタッカーが台頭してきたため、ミラーコートは従来のシリーズ以上に差し込みやすかったように感じました。ただ、霊獣ランドロス、エースバーン、ゴリランダーといった物理アタッカーの脅威もあるため、ミラーコートの使用にはかなり慎重になっていました。

<ブルンゲル>
特性:呪われボディ 持ち物:たべのこし 図太いHB
熱湯/溶ける/挑発/力を吸い取る

 元々はギルガルドを採用していた枠でしたが、霊獣ランドロスとヒードランが(霊パという単位で)重く、少しでも牽制になればと思って採用したカカシ。
 結果は多分成功で、ブルンゲルを採用していから明らかに霊獣ランドロスが選出されにくくなりました。流石にヒードランへ釘を刺すには至らなかったものの、見せポケとしての務めは果たせたのではないかと思います。

 型の話をすると、特性は貯水だったものを呪われボディへ変更しました。今回の(一応は)役割対象の中に水技を撃ってくる相手はおらず、仮想敵であったドヒドイデも数を減らしていた(最終盤には増加傾向にありましたが)ので、確率といえど呪われの方が恩恵を受けられると判断したためです。
 また、溶けるについては打つ意味も機会もありませんが、選出することも滅多になかったので困ることはありませんでした。が、ブルンゲルをちゃんと使うのであれば現環境では刺さりにくい技だと思います。

<ミミッキュ>
特性:化けの皮 持ち物:タラプの実 意地っ張りAS
影打ち/じゃれつく/ドレインパンチ/剣の舞

 当初はアッキHA軸(準速パッチラゴン抜き)で潜っていましたが、Sが欲しかったことと、アッキの恩恵を受け辛かったこともありASタラプへ変更。
 タラプの実にしたのは、重かったポリ2、ヒードランに対して剣舞ドレパンと併せて優位に立つことが出来るからです。また、環境にサンダー、レジエレキなどの特殊アタッカーが台頭したことも受けて、アッキの実以上に環境に刺さっているor霊パが受けられる恩恵が大きいように感じました。

<ズガドーン>
特性:ビーストブースト 持ち物:命の珠 臆病CS
ビックリヘッド/シャドーボール/ソーラービーム/アンコール

 これまでシャンデラが担ってくれていたダイマックス要員の枠を引き継いだもの。
 C151S107という超スペックで上からダイマックスの圧力を叩き込んでいきます。シャンデラが果たしていたHDカバルドン確一をしっかりと踏襲しつつ、ビーストブーストによるC上昇もあるという贅沢さ。なによりS107なので、霊獣ランドロスやサンダーに対しても上から殴ることが出来ます。
 ダイウォールが欲しかったことと、純粋にアンコールが便利だったことから攻撃技3+補助技1の構成へ。アンコールは身代わりや自己再生をしてきた相手を流す際に使ったり、初手オーロンゲに対して壁張りを妨害しつつ負担を掛けていけたりなど。

 炎技に関してはビックリヘッドもダイバーンも威力が変わらないので、相手によってはダイマックスを切らずに様子見という切り替えが利くのも便利と感じました。
 HPが1か0かみたいなポケモンなので、ダイマックスしようとビックリヘッドでHP半減しようが関係がないのですよね。エースバーンの火炎ボールで即死した際には悟りを開きました。

 命中安定、急所とか関係のないペラ装甲と、ストレスフリーな点も良かったと思います。

<ドラパルト>
特性:すり抜け 持ち物:ラムの実 意地っ張りAS
ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/鋼の翼/竜の舞

 竜舞型に弱点保険を持たせたものを運用していましたが、ヒードランの噴煙、ポリ2の放電、カバルドンの欠伸など……状態異常に悩まされることが多かったため、ラムの実へ変更。起点要員を用意していないので、竜の舞をする機会は少なめでした。
 何をやっても何となく強いポケモンなので、中々扱いが難しいですね。今回も結局「これだ!」というハマりを見つけられないままでした。


 以上の霊パでseason12を潜っていました。
 シリーズ6の間はポケモンをしていなかったので、久しぶりにランクマッチをしてみたらモンスターボール級から始まってしまいました。ブランクに加えて、全然知らない第七世代準伝説の追加など振り回される部分があったものの、目標であった100試合も達成でき、個人的には成果のあったseasonだったのではないかと感じています。
 12月は楽しみにしていたアトリエシリーズの新作が発売される(された)ので、どれくらいランクマッチに勤しめるか不明ですが、出来る範囲で頑張りたいと思います。

 ではまた。
コメント (1)

霊パでランバトに潜る その135

2020-11-23 | ポケモン
 どうも、ひょーけつです。
 三連休最後の日ということで色々していたら夜になったので、今日は数試合だけポケモンをしました。

 試合数が少ないので大したことは言えないのですが、前回までの対戦とあわせた感想を言えば、ギルガルド→ブルンゲルへ変更してからウツロイドが選出されるようになり始めました。ギルガルドは霊ポケの中でも岩/毒の通りが特に悪く、物理鋼&物理先制技を持っているので、ウツロイドからすると警戒するべき相手だったのかもしれません。逆にブルンゲルは水タイプではあるものの火力が低く、ウツロイドの特殊耐久なら十分に殴り合いが成立すると共に、要であるメテオビームも等倍かつサブウェポンの10万Vで以後のダメージレースを優位に運べます。
 他の面子に対してもウツロイドが一度パワフルハーブ&ビーストブーストを発動させればゴリ押しできる……という算段で選出されているのかもしれません。
 まあ、それでも刺さっているとは思わないので特に苦戦はしていないのですが(ミミッキュとドラパルトの壁は厚い)

 サンダーの個体数が増えてきているかな? とも思いました。
 こちらはズガドーンで上を取れてかつ炎技を差し込みやすいので、増えてくれれば歓迎……と言いたいものの、ダイジェットでSを上げられるとちょっと辛いです。サンダーは耐久型もいるのでこれからどっちが主流になるのかを見極めたいと思います。
 ブルンゲルへ変えたことにより選出されやすくなりました。

 霊獣ランドロスは相変わらず高い選出率を維持しているものの、ブルンゲルを入れてからはたまに出てこない試合が発生するように。実際にはかなりシビアな対面になるのですが、叩き落とすがない現状、勝手に警戒してくれているように感じました。

 エースバーンはブルンゲルを入れても相変わらず出てきますが、不意打ち持ちですらない個体まで選出されているので正直なところ不明です。日頃の信頼……? 霊パに出てくるエースバーンは不意打ちがある、なければ出てこないという前提を組んでいたのですが……。
 もっとも、読み外したところで「いい意味で予想を裏切られた」状態にしかならないので前提を変える必要はなさそうです。

 これくらいでしょうか。ゲンガーの型が環境に合っていない(というかシリーズ6の流用だった)と思ったので変更しました。これも後日記載しようと思います。
 ではまた。
コメント

霊パでランバトに潜る その134

2020-11-22 | ポケモン
 どうも、ひょーけつです。
 本腰入れて考察記事を書くほどの考察量はなく、でも何か書きたい気分だったので、現在の対戦統計を見ながら雑感でも交えてお話しできればと思います。

 現在のパーティは前回お話しした初手ダイマズガドーンを軸(?)にした、対面構築寄りの霊パ。いつものごとくドラパルトの型に悩みつつ、ダイマックス+サニーゴ+ミミッキュを基本選出として奮闘しています。
 ……が、霊獣ランドロスとヒードランが重い! これらはズガドーンで不利、ということもありますが、霊パという単位で明確な突破手段を(実際的な意味で)用意しづらいポケモンでもあります。

 ヒードランはKP上位10には食い込んでいないものの、選出された試合の勝率は0%……といかに重いかが伝わるかと思います。最近はチョッキドランが主流で、突破力をズガドーンに依存しがちな現状では辛い辛い。一応ドラパルトがいるものの、こちらも弱点はつけませんし。

 という状況を受け、パーティ内で選出率の低かったギルガルドを、一応霊獣ランドロスへ役割を持つことのできる――かつヒードランに嫌がってもらいやすいブルンゲルへ変更。もっとも、ヒードランの相手に限れば地下水より自己再生採用のブルンゲルの方が良いのですが。
 また、ポリゴン2とヒードランへの意識としてミミッキュをチイラ型(呪い身代わり)からアッキ型(剣舞ドレパン)へ変更。元々ポリゴン2はズガドーンのゴリ押しorミミッキュの呪いで無理やり突破という方法を取っていたので、以前からの懸念へ一先ず対応することが出来たと思います。

 これが自分の霊パの現時点での選出統計。パーティを変えつつなので正確な数字とは言い難いものの、サニーゴ・ミミッキュ・ドラパルトはシーズン初期から使用しているためブレは少ないでしょう。
 物理受けを一手に担っていることもあり、サニーゴの選出率がかなり高いですね。実際、エースバーンや霊獣ランドロスの跋扈ぶりを見ていると手放せないなぁと思います。

 統計を見ていると、何気にエースバーンの先鋒率って0%なんですね。霊パに対してはダイマックス前提みたいなところがありますし、安易に初手でサニーゴと鉢合わせるリスクを考慮すると先鋒選出はし辛かったのかもしれません。
 こちらの選出した霊ポケの統計を見ると、初手サニーゴの勝率の低さは気になりますね。上記の通り環境下で重要な役割を持っているため、初手選出で迂闊に消耗させると役割遂行が難しくなり、敗因となってしまうのでしょう。

 まだまだ50試合前後と統計にしては母数が小さいので、頑張りたいと思います。
 ではまた。
コメント

初めてのウルトラビースト

2020-11-17 | ポケモン
 どうも、ひょーけつです。
 第七世代はほぼエアプ、少なくとも対戦環境には触れていなかったので初めてのウルトラビーストこと「ズガドーン」です。
 冠の雪原アプデ前に「霊パにとっては(対戦面で)あんまり旨味の無いアプデ」とか言っていたことからも、どれくらいウルトラビーストというものについて疎いかが察せられるかと思います。実際にはズガドーン+新規でレイスポスが追加されて……と結構な恩恵を受けられました。ファン目線で言えばミカルゲが面倒臭い出現方法を引っ提げて登場したのも嬉しいところです。

 ズガドーンといえば超火力+S激戦区に上を取れる脳筋ポケモンのようですね。そして専用技で威力150/命中100の炎技があります――もっとも、使用すると成功の是非に関わらず最大HPの半分(小数点以下繰り上げ?)を消費するので、運用は計画的にしないとなりませんが。
 そしてウルトラビースト達に共通した特性「ビーストブースト」により、相手のポケモンを倒した際に最も実数値の高い能力を一段階上昇させてくれます。ズガドーンの場合、Cに20以上振るとC>それ以外となるので、自過剰ギャラのような抜き性能を発揮できるのではないか? と考えました。

 ん? シャンデラよりエース性能高くないか?

 ということで、初手ダイマの役割をシャンデラからズガドーンへ引継ぎ、現在ランクバトルで対戦しています。
 当初は控えめで運用していましたが、最速サンダーやウーラオスへ下を取ってしまう可能性があることが思った以上に辛く、結果最速運用へ。技構成はまたシーズン終了時に記載すると思いますが、現時点では「ビックリヘッド/シャドーボール/ソーラービーム/アンコール」にしています。
 上から火力を押し付けられる相手・パーティには滅法強く、一度ビーストブーストを発動させれば相手がダイマックスしようとも貫通してしまえるほどの火力を見せてくれます。晴れダイバーンはヤバい。同様のことをシャンデラの際にも言っていましたが、S種族値の高さとビーストブーストはズガドーン固有の強みだなと思いました。
 何より霊獣ランドに上を取れるのがえらい。

 ただし、ミミッキュのような確実に反撃してくる相手や、エースバーンのように上から殴ってくる相手、また、ヒードランのように純粋に技の通りが悪い相手は苦手で、それなりの母数で環境に偏在しているため、思考停止で選出して勝てるっていうほどではないです。

 今期からは過去の列強を含めて環境が激化していますが、おちおち潜って情報を集め、考察の材料にしていきたいと思います。ではまた。
コメント

11月の近況報告

2020-11-15 | 氷結の雑談
 どうも、ひょーけつです。
 今年はえらく冷えますね。屋内が本やカードで散らかっていて、カメの水槽を置く場所がなくて例年は外で冬越しさせていたのですが、今年は水槽が凍りそうなので久しぶりに屋内で冬越しさせようかな……なんて考えています。

 直近で大きな出来事というと転職ですね。無事に転職できたので、万々歳です。コロナの影響下で大したキャリアも積んでいない私でしたので、正直なところこのままニートまっしぐらかなとか思っていたのですが、若さは転職最大の武器だったのかもしれません。
 学生時代にも社会人時代にも全く経験のない業種への転職なので分からんだらけ、完全に指示待ち人間(下手に動く方がマズい)と化している状態です。マジで何をやっているのかどころか、説明を聞いてもその中で出てくる単語が分からないレベルで畑違いの業界なので、これからは中々大変そうです。
 どうしようもなく納期が迫っている場合を除いては土日祝休み、残業なしということで、前職で渇望していた休暇という要素については転職大成功! という感じではないでしょうか。給与に関しては薄給とまではいかずとも高くはないので、考え無しに課金やらをするのは難しそう。
 空が赤いうちに帰るのって初めてなので、今でも感動しながら家路についています。

 まだ半月も経過していないのですが、土日祝休みって思っていたより窮屈なのですね。
 どこに行っても人が多いですし、平日は朝から夕方まで働いていて、仕事中にゲームや読書をする暇はない。今は慣れない仕事ということもあり、早めに就寝しているので帰ってからもあんまり色々とはやれていません。
 普通の社会人の時間割ってやつなのでしょうけれど、今までの異質さが日常だったため、まだ慣れない&窮屈さが勝ります。
 前職では朝帰りも少なくなかったので、睡眠時間を削れば昼間に自由に動ける時間が結構あったのでそこの差異なのかなと。最近は料理する機会がめっきり減ってしまって、それが結構ストレスになっているのかもしれません。下手の横好きですが料理は好きなようです。あと、通勤手段が電車から自動車へ変わったので、通勤時間に読書するということが出来ないのも辛いところ。完全自動運転が普及すれば、読書出来たりするのでしょうか?
 まあ、心臓への負担が半端なかったみたいなので、転職してよかったと思いますけれど。

 ポケモンはシリーズ7が始まり、ミミドラパ解禁に加えてズガドーン、レイスポスが追加(あとミカルゲも) これまでシャンデラで行っていた初手ダイマ戦法がズガドーンにマッチしていて、手ごたえを感じているので今期はやる気マシマシです。上記の理由から平日は結構すぐ寝てしまうので、回数を重ねられるかは不明ですが、今期からは統計も再開していこうと思います。

 ライザのアトリエ2発売まで2週間くらいとなりました。前作はストーリー自体はちょっと消化不良かな? と個人的には思ったものの、キャラクターとゲームシステムについてはかなり楽しめたので、今回は特装版を予約しました。発売日が待ち遠しいです。

 ではまた。
コメント