夜のブログ

講評です

【-6】 ありがとう

2007-02-14 01:27:51 | 講評2007
要素要素は好きなタイプの話なんですが、
心に訴えてくるものを感じないのです。
箕輪さんの心情を逐一追ったという形式なのでしょうが
著者はもう少し考えて書いて欲しかった。
猫を見つけたあとの記述は、リズムも良かったのに
その前や全体的な唐突さにとても入りきれませんでした。

内容も、いい話だとは思うけれどそれ以上の感想が持てるような
書き方には少なくともなっていません。
偶然とかこじつけという人もいるだろうけど
それでも奇跡だと信じたいと思える表現を心がけなければ。

良かったのは猫の動きの描写が念入りだったくらいで
それ以外は何もかも裏目に出たと思います。
一番よくなかったのは後半。
散々振り回された後に突然登場する「かつて唯一愛した女性」。
これが僕にとっては致命的です。
そりゃ大事な人だったのだろうけど、こういうことは言葉で修飾すればするほど
安っぽく写るものです。
まして一人称ならともかく第三者にそんな深い部分を断言できます?

不幸にして、この作品の奇跡を信じようとすればするほど
この文章の評価は低くならざるを得ません。
全くもって残念なことです。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿