制御屋の雑記

気になる出来事や感じたことなどを、すこしばかり言ってみようかとw

長江水質、汚水で悪化 上海の地表水 飲用基準内は1%

2006-11-26 | 中国関連

 んまーなんとむごい…
 中国に行かれる方はほんとに気をつけてくださいって、水がダメなのは致命的です。
 ( ̄д ̄)


 【北京25日傍示文昭】中国国家環境保護総局の発表によると、中国1の大河・長江(揚子江)に排出される汚水が1998年の113億9000万トンから2005年は184億2000万トンに増加し、河川の水質が極端に悪化していることが分かった。同総局は、経済発展のために長江の環境が破壊されているとして、長江流域の水質保護条例を制定する必要があると警告している。北京の大衆紙・北京晨報が伝えた。  

 発表によると、長江の汚染状況は上流より下流、本流より支流が深刻。安徽省安慶市や湖北省宜昌市では、まだ汚水処理工場が1カ所もないため、1日平均約20トンが支流を通じて長江の本流に流れ込んでおり、黄浦江など5つの支流から流れ込む汚水が長江全体の汚水の約50%を占めているという。  

 このため、太湖のほとりにあり、演歌「無錫旅情」で知られる江蘇省無錫市では、飲用水国家基準に達した地表水の割合がゼロだったほか、河口近くの上海市でもわずか1%しかなかったという。  

 また、汚水対策が不十分なため大規模な汚染事故も続発。最近では、湖南省岳陽市のエチレン工場から大量の汚染物が流れ込んだほか、重慶市万州の工場でもガソリンが大量に長江に漏れ出す事故が起こり、長江全体の汚染に拍車をかけている。
 =2006/11/26付 西日本新聞朝刊=
 http://news.goo.ne.jp/article/nishinippon/world/20061126_news_005-nnp.html

ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
« 10年後に渤海は「死の海」の... | トップ | <いじめ>「大人」の職場で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中国関連」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事