百笑館・但熊・素晴らしき農業

農産物直売所 卵かけごはんの店

七つ目の干支

2006-12-20 16:48:07 | 百笑館
巳から始めて7つ目の干支になりました。

ふるさと委員が毎年この時期になると集まって作ります。

子午線が当地区(干支の看板あたり)を通過しているそうです。
135°線も昔と今(衛星からの測量)では100M単位で違うとか・

近頃は、電飾で色々綺麗な所が沢山ありますが、一周り位は干支でいきたいと
考えています。

次の干支が建つまでは、この看板です。機会があれば・・・・。
コメント

新しい橋1

2006-12-16 18:48:59 | 百笑館
平成16年の23号台風の、出石川災害復旧工事の河川改修が、当地(栗尾地内)
で90%位終了しました。工事終了検査が12月21日にあるとのことで、かなり綺麗になりました。でも橋が大小当地だけでも4つ工事が残っています。

写真はその一つ、中橋の工事写真です。先週土曜日に前の橋を落とし、新しい橋の工事が始まりました。でっかい機械が組み立てられて稼働し始めました。

来年の7月頃には完成するそうですが、それまで迂回路で養鶏場や圃場へは遠くなります。

川はすごくきれいになり、私たちの子供の頃遊んだ記憶の川は無くなってしまいました。

寂しいような、すっきりしたような複雑な想いで川を眺めています。
コメント

りんごの続き

2006-12-08 20:47:59 | 百笑館
りんごのお尻の写真です。
真っ赤でしょ。これは収穫前にりんごの木の下に銀色のシートを敷き
りんごの下からも陽が当たるようにして、真っ赤になりました。

りんご農家の方は、冬の間に剪定をしてりんごの木の形を整え、霜からりんごの木を守り、花が咲くと受粉作業や余分な花を摘んだり、摘果と言う沢山着きすぎた実を枝の大きさに適当な数に減らします。
 陽が充分にりんごに当たるように、果実の周りの葉っぱを採ったり、まんべんなく陽に当たるように、りんごまわしもします。

 農家の方が丹誠込めて作った、蜜が一杯入りジューシィで甘~いりんごです。
百笑館は、そんなりんご農家の応援もしてます。

 こんな事を考えながら、りんごを食べて見て下さい。
コメント

長野松川へ行って来ました

2006-12-03 18:57:47 | 百笑館
直売所を始めて11年になります。最初は販売するものがなくて視察に行って
顔なじみになった松川町から、リンゴを送ってもらい販売し、リンゴ農家も
但東町に来られ民間で姉妹都市になりました。

 それ以来松川のリンゴが美味しいので、直売所でファンがドンドン増えて
毎年11月の末になると、トラックで10㎏箱300とか400箱を買い付け
に行くようになり、今年で8回目になりました。
 夜11時半に家を出発、朝5時頃近くのサービスエリアで仮眠。
 
7時頃森谷岩男・ひろ子さんちで朝食をよばれて、「げんちゃんのリンゴの木」
のリンゴ狩りをしました。(写真)
 リンゴ狩りをされた方はご存じでしょうが、大きなリンゴも横から上に持ち上げると、ものの見事に獲れます。この感じはホント微妙です。
コメント (2)