百聞百見

ふじもと百男の政治活動日記

加東市の新春行事に

2019年01月06日 05時10分08秒 | 日記
 

 5日(土)、加東市の新春恒例の行事「伝の助かるた大会」、「新春書き初め大会」が午前、午後に加東市河高の滝野運動公園体育館スカイピアで行われ出席した。
 かるた大会では、オープニングに踊りグループ滝呼と加東市のマスコットキャラクターの伝の助が東京オリパラ音頭を披露。参加した就学前の幼児から小学生92組の子供達は読み上げられる「伝の助かるた」を取っていた。社町時代には「道徳かるた」が作られ、私の子供達も組を作って練習し正月に大会に参加していた。加東市になって新たに「伝の助かるた」が作られ新春の行事として大会が行われ、8回目を数える。
 新春書き初め大会は子ども会育成連絡協議会の主催で13回目。小学生や中学生ら188名が参加し、課題の言葉を書いた手本を見ながら、一心に書いていた。2階の通路で見守る保護者にその字を見せる姿もあった。
 行事への出席の合間に事務所に来客があったり、自民党支部総会・講演会の準備などを行った。夜は通夜式に参列した。 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 仕事始めや同窓会 | トップ | 初総会に出席 »