百聞百見

ふじもと百男の政治活動日記

兵庫県地方議会協議会

2016年07月12日 05時20分23秒 | 日記
 11日(月)、昨夜が遅かったので朝から体が重い。しかし、気分は軽い。
 いつもの朝と同じように登校見守りに立つ。プールの着替え、水筒など荷物を下げて歩く低学年の子供は重そうだった。

 10時前に登庁。副議長室で書類整理。議長室で事務局から議友会についての説明を受ける。

 午後2時、県庁で行われた28年度第1回兵庫県地方議会協議会に出席した。市議会議長会、町議会議長会、県議会正副議長と各会派政調会長が出席し、意見交換を行った。今回はそれぞれテーマを設定し、その趣旨説明、意見交換を行った。地域創生の取り組みについて、特に人口減への対策が話題になった。

 選挙翌日の新聞各紙1面は「改憲勢力3分の2」の見出しがおどっていた。憲法改正については、国会の憲法審査会での論議を進めるとしており、しっかりやっていく必要がある。また、安倍首相が選挙期間を通じて訴えていた「アベノミクスは道半ば」の言葉通り、強力に進めていくことが必要。もう一つは、18歳選挙権の結果。詳しい分析をして、今後の有権者教育に活かしていく必要がある。