TATSURO SHIBUYA + ARCHITECTURE LANDSCAPE DESIGN STUDIO

アーキテクチュアは建築、ランドスケープは景観の意味。庭屋一如。土地の風景を整える建築に取組んでいます。

【夢まどハウス】Q1住宅L4 中間気密測定

2020-07-15 21:15:00 | *夢まどハウス/米沢
米沢市で取り組んでいる「夢まどハウス」
その名のとおり、開口部はすべてアルスさんの高性能木製サッシ、夢まど。
木製トリプルサッシがすべて設置され、室内側の気密シートが張られた状態で中間の気密測定を行いました。
結果は、C値(1平方メートルあたりの相当すきま面積):0.36㎠/㎡
良い結果が出ました!
建坪50坪超の建物全体で、わずか61㎠。約8cm×8cmの隙間しかないという高い性能が裏付けられました。
施工チームの皆さまの丁寧な仕事ぶりの結果だと思います!ありがとうございます!!
夢まどハウスは、新木造住宅技術研究協議会で定める高気密高断熱住宅:Q1住宅のうち、もっとも性能が高いL4(レベル4)を米沢(省エネ基準地域区分3地域)で実現する、最高レベルの高気密高断熱住宅です。※省エネ基準地域区分の見直しにより、今後米沢市は4地域になる予定です。
Q-pex性能計算結果
Q値(熱損失係数):0.78W/㎡K
UA値(外皮平均熱貫流率):0.27W/㎡K
HEAT20のG2グレードをクリアしています! ※地域区分3においてUA値0.28以下
ηA値(冷房期の平均日射熱取得率):1.8
年間暖房負荷(1㎡あたり):16.6kWh/㎡
冷房負荷1㎡あたり):15.6kWh/㎡
断熱仕様
屋根:吹込み高性能グラスウール18K 500mm
壁:高性能グラスウール20K(充填断熱)105mm+スタイロフォームFG3種bD(負荷断熱1)100mm+高性能グラスウール32K(負荷断熱2)45mm
基礎:ビーズ法PSF1号(基礎底面)100mm、ビーズ法PSF1号(基礎立上り)120mm ※外側60mm+内側60mm
開口部:木製サッシ(トリプルガラス、樹脂スペーサーアルゴン封入)
1種換気(パナソニック)
早ばやとオープンハウスの日程が決まりました。
9月12日(土)、13日(日)の2日間。
新型コロナの状況もありますので、完全予約制にて行う予定です。
高気密高断熱に加えて、再生可能エネルギーを活用した新しい取組みも行っています!
詳細は、近くなりましたら当ブログほかにてご案内いたします。
グラスウールの充填断熱の様子。断熱材の詰めかたもバッチリです!
天井のグラスウールブローイングは厚み50cm!
見えなくなるところこそ、丁寧な仕事!
天井が仕上がるとこんな感じ。木材はヘム(ツガ材)。この上に自然系塗料で塗装します。

この記事についてブログを書く
« 高源ゆ 利用料金 | TOP | 小白川の双舎1年点検 »
最新の画像もっと見る

Recent Entries | *夢まどハウス/米沢