社労士(社会保険労務士)さんのひとり言

母の逝去で母の人間関係を見直しています。やはり血は濃いんだなと思いつつ。金の切れ目は縁の切れ目…も、また真実なんだなと。

コメント御礼。分割によってプチ社会保険庁を増やしただけではないか??

2009年09月23日 09時04分58秒 | Weblog
「おきらく社労士」さん。「ああ…。怖い…。」および「社会保険庁解体だけでは変わらないのではないか? 第5回。」に関するコメント、ありがとうございました。


「ああ…。怖い…。」について…。

「緑のミニスカートをはいた男性ホームレス」の件ですが…。私にとっては女装系ではトップ3に入る「驚きの出来事」でした。

1、下にはホットパンツ。上にはスケスケのブラウス。そのブラウスからピンクのブラジャーが透けて見える格好をしたオジイサンが役所を歩いていた。

2、喫茶店でお茶を飲んでいたら、近くの席で話をしていたオジイサン2人が立ちあがったので、ふと見ると…。片方のオジイサンが、白いミニスカート(股下数センチだったので、短パンに見えた。)をはいていた。

この2件について…。驚きつつも、なんとなくほのぼのとした…。「日本は、何だかんだと言っても、自由な国なんだな。」と思ったものでした。

しかし…。今回の件はねえ…。それが趣味なのか…。仕方なくはいていたのかはわかりませんが…。


「社会保険庁解体だけでは変わらないのではないか?」シリーズについて。

まだ、このシリーズは終わっていませんが…。私の言いたいことは…。

結局、社会保険庁の分割によって、プチ社会保険庁を増やしただけなのではないか…ということなんです。

とにかく社会保険事務所と協会けんぽ○○県支部で、責任のなすりあいをしているにすぎないんですよ。今回の件は…。

>この際、長妻様に直訴状を出しましょうよ♪

ひとまず、このシリーズを終えて、今後の対応を考えようと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 社会保険庁解体だけでは変わ... | トップ | 社会保険庁解体だけでは変わ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事