社労士(社会保険労務士)さんのひとり言

SGLT2阻害薬を飲みだしてから尿量は増えるは、(作用機序からすると当たり前だけど)尿糖は出るは…で大変です。

少しは痩せたかな??

2019年01月04日 20時03分34秒 | Weblog
I社の高年齢雇用継続給付については、書類を返送。

いかな私でも社印を押していない書類を出せない。

まさか、真っ白で送って来るとは思わなかったから、書類をチェックしていなかったのが失敗だな。

そういえば、1回、マイナンバー登録の書類を無印で送って来たことがあったわ。

忘れてましたわ。

なお、お金が絡むので、返送用封筒を同封しました。早く返してもらうためです。


提出したのは、Y社の賞与不支給届だけ。

もう1社のY社のを持って行くのを忘れたww

これで賞与関係は完了だったのにね。


今日でウォーキングをしなくなって6日。

体調が良くないためですよ。念のため…。

その分、酒も350mlのビール1缶ですわ。

もう少し、白飯を減らしたいがね。

結果にコミットしたら、白飯は食べられなくなるんでしょうなあ。

ちょっと、考えられない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 100万円の使い道。 | トップ | コメント御礼。いろいろな考... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良くあることで (久保利子)
2019-01-05 01:55:18
 お母様が亡くなられた後に、業務とお母様のことで大変であると拝察いたします。

 私も年賀状をどうしようかと迷ったのですが、ふとっちょさんも勘違いされているのかなあと思ったので、出さなくて正解だったと思っています。欠礼ハガキはこちらから年賀葉書を送れないということだけで、皆さんからの新春年賀挨拶を拒むものでは決してありません。

 私の父が平成7年に63歳で交通事故で即死したときに、正月に代表取締役社長から年賀状が来て、なんて非礼なんだと思っていたら、それは誤っていて浅学なことを思い知りました。

 しかしながら、私は誤解されたくないので、ふとっちょさんを始め、多くの皆様方に年賀状を差し控えました。

 でも、本来の意味とは異なります。

 年金訴訟の行政事件も最高裁に提訴して、何の外連味もなく闘っています。一審ではやや勝って、厚生労働省が省令まで交付しましたから、頑張っていると思いますよ(笑)。

 お母さんが亡くなることは、これ以上悲しいことはない。私の母は惚けていますが、元気で私のことは分かります。
 生きていてくれているだけで、私は嬉しい。それでも母を病院に預けていて、何ともやりきれない思いがあります。

 たまにしか行けませんが、母に会いに行こうと思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事