Husqvarna NorthTokyo ショップ通信

ハスクバーナ東京北からの情報発信Blog☆by RL-YOYO

Husqvarna FE501 2019Model にキックスターターを取り付けました!

2018年10月25日 | ハスクバーナ情報

YOです!

近々納車となるHusqvarna FE501 2019モデルですが、どんな仕様でしょうか?^_^。
HNTとしても、とても完成が楽しみなマシンなのですが、その模様をチラッとご紹介しますね。

ここ最近のオートバイには、キックスターターが廃止され、セルモーターのみのスタートが殆どです。
昔は4気筒の750ccだって当たり前の様に付いていたのですが、バッテリーやスターターモーターの
進化と信頼性が増した事で、殆ど見なくなりました。

 

 

KTM/Husqvarna の仲間達でも同じ事が言えます。

でもやっぱりオートバイにはキックがスタイル的にも付いていないとなぁ~と、思っている方も
多いのでは無いでしょうか?

セルモーターに慣れてしまって、全てが楽になる事は良い事ではあるのですが、いざという時に
キックスタートが付いていると、緊急脱出も可能な時も必ずあります。バッテリーが無くなってしまった時の
あの寂しさは何とも言えない感じですよね。。。^_^;

でも、キックが付いていると言っても、慣れていないと掛ける事が出来ないのも事実で、やっぱり日頃の
練習が必要なんですね。特に大きな排気量の持ち主は、5日に1回はキックで始動の練習をすると
いざという時にキックアームが光り輝く装備に見える事でしょう。

 

シンプル・イズ・ベスト!素のスタイル&モデルで練習&学ぶ事が、オートバイライフを更に楽しくすると
思いますので、是非色々な事にチャレンジしてみて下さい!

YOも初めてのオフロード車はセロー225で4ストローク単気筒!キックオンリーでした!楽しかったですよ。^_^

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 実は・・・ブーツの下はKTMで... | トップ | 11月3日はプライダースファミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ハスクバーナ情報」カテゴリの最新記事