Husqvarna NorthTokyo ショップ通信

ハスクバーナ東京北からの情報発信Blog☆by RL-YOYO

ポンとモタード。Husqvarna TE250i 2019 FUN RIDE!

2018年10月03日 | ハスクバーナ情報

YOです!

寒くなったり、真夏に逆戻りしたりと、ここ最近の天候は身体に応えますね~!体調崩していませんか?

さてさて、今とってもハスクバーナ東京北でHOTなSUPER MOTO。その今週納車のモタードの紹介です!^_^

 

TGR製のブラックリム×ブルーハブ×ブラックニップルで武装しました。センス良いですね~!

 

タイヤはメッツラーM5をチョイス。コンフォートな仕上がりとストリートを意識した仕様です。

 

何と言っても、他に類の無いオートバイでの2サイクル250cc フューエルインジェクション&分離給油マシン!
そう泣く子も黙る!?(^^ゞ Husqvarna TE250i 2019 モデルです。

今回の仕様は、サスペンションには全く手を入れる事無く、ポンと前後17インチのホイールとタイヤを組み込んだ、
お手軽モタードの紹介です。TE250iの場合、2サイクルと言う事で、エンジンブレーキが殆ど期待する事が出来ない為に、
モタードの醍醐味でもある、リヤを滑らせて積極的に操舵のをコントロールする走りは苦手ですが、軽量でハイパワーの
Specialエンジンを、ダートだけに使うのはもったいない!そんなお客様が多いのもモタード化が多い理由の一つ。

実際に乗ってみると、アクセルを開けていく方向では、もうこんな楽しいバイクはこの世に無い~!と言えるほど、
スムーズかつパワフル!もちろんSSの様なパワフルさではなく、人間の感覚で追えるパワフルさ!?と言うのでしょうか。
確実にアクセルを開ける楽しみが増えます。

そして、もう一つの理由は、車高ダウン!この一石二鳥がモタード化がうけている大きな要因だと思います。

 

両足の指の付け根まではしっかりと付きます。

 

これなら全然大丈夫ですよね!

 

慣らしが終わるころには、更に10mm位は下がります。

 

サスペンションがオフロードのノーマルなので、少しヒップアップなアングルになります。

 

メッキのチャンバーが美しいですよね~!

 

ノーマルのTE250iでは、シート高が970mmにもなり、正直180cm位の身長を要さないとチョッと不安な車高なんです。
慣れている我々でも、実は山遊びなどに行く際には、少し車高を落として楽しんでいます^_^。
山遊びを中心として使用する方には、サスペンション自体を30mm/50mmとローダウンする事をお勧めしますが、
街乗りが中心で、たまに林道ツーリングに行かれる方には、このポンとモタード仕様がお勧めかと思います。

ガンガンに攻め込む事は、サスペンションがオフロードセッティングの為出来ませんが、ワインディングを軽く流す程度
でしたら、SSを除く市販ロードバイク以上の走りも出来ちゃいます!^_^

この車両は、リヤフェンダーやミラーなど、全くのノーマルで、納車後にオーナー様自身でコツコツと作り上げていくと
聞いています。^_^; そんな楽しみ方も250ccの良いところですよね!

 

TCモデル系のハンドルバーパットを装着!

 

ホワイトカラーが眩しい2019年モデルです。

 

ディスクもスプロケットも基本ノーマルを使用。二次減速比は変更済みです!

 

チェーンカバーは取り外しとなります。

 

跳ね上がるサイドスタンドがやる気にさせますね!^_^

 

お待たせ致しました!準備完了!納車OKです^_^

こちらはKTM 350 EXC-F SIXDAYS SUPER MOTO 仕様です。
オーナー車両の2016モデル。
この時は、30mmダウンのご用命を頂き、そして17インチホイールを履きました。
しっかりと両足が付いて、不安が全くありません。^_^

 

205EXCの方が低いですね。30mmDOWN仕様車

 

これなら更に安心です!^_^

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« またひとり。。。Husqvarna S... | トップ | やっぱり、特別な笑顔ですよ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ハスクバーナ情報」カテゴリの最新記事