Husqvarna NorthTokyo ショップ通信

ハスクバーナ東京北からの情報発信Blog☆by RL-YOYO

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Husqvarna 701 シリーズにETCを付けてみた。

2017年07月22日 | Husqvarna 701

YOです!

明日は、DUNLOP CUP 第3戦!筑波サーキット大会です!Husqvarna FE450を駆る大瀧選手の
活躍が期待されます!お時間がございましたら、是非とも大瀧選手の圧巻の走りをご覧にお出掛け下さい!
TOPを目指して頑張りますので、応援宜しくお願い致します!

さて、今日はハスクバーナ701シリーズに、ETC装着に関してです。

今や当たり前になりつつあるETCですが、オートバイでの装着は車以上に便利な商品です。
今までは、通行券を受け取って、それをしまって走り出すまでに時間が掛かりましたし、手にはグローブを
している事もあって、ポケットの位置が分からなかったり、お金を支払い際に、グローブを脱いだりと
高速の料金所では、とても忙しい2輪車でした。しかも雨の場合は最悪なことに・・・

二輪用のRTCが出来た事で、料金所の恐怖も無くなりましたし、雨の時の通行券が雨に濡れて反応しなく
なる事等が全く気にしなくなりました。もう最高です^_^。

しかし、そのETCを車両に付けるのは、車種によってかなりの違いがあります。付け易いのはハンドル付近に
一体型のETCを装着するのが一番ですが、やっぱりスタイルを損ねてしまうので、本体をしまえる別体型の
ETCが人気となります。

そうなると、シート下や、テールカウル、またはフロントカウル等の中に本体を装着する事ななるのですが、
ここで紹介するハスクバーナ701は、シート下がご覧の通り、前部分はエアークリーナー、後部は燃料タンク
なので、ETCを収納する所がありません。特に2017モデルは収納部が小さく、2016ではどうにか装着でき
ますが、2017はミツバサンコーワ製のBE-31モデルしか装着出来ません。

 

写真の様に、タンクとバッテリーとの隙間に、グイッと押し込む様なイメージです。ミツバのBE-31はとても
スリムなタイプで、日本無線製も含めたETCの中では最も小型です。ネックは1.0しか無いのと、価格が
他のモデルより1万円弱高いと言う事なんです・・・。

そして、アンテナとインジケーターが一体型なので、アンテナの取付位置も考えてしまいます。。。

 

簡易的に現在この部分に装着しましたが、先日色々な市販ステーを取り寄せてみました。ライトカウルの中に
アンテナは入れて、インジケーターをどうにか見える様にしたいのですが。。。メーターバイザーを加工する
他ないかな。。。。?^_^。

完全に装着しましたら、またご紹介します!^_^。

コメント   この記事についてブログを書く
« 2017年7月9日 JAGE CUP ジ... | トップ | ダンロップ 月刊オートバイカ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Husqvarna 701 」カテゴリの最新記事