Husqvarna NorthTokyo ショップ通信

ハスクバーナ東京北からの情報発信Blog☆by RL-YOYO

2018年度DUNLOP オートバイカップ ジムカーナ大会 開幕戦

2018年03月29日 | ジムカーナマシン!FE450

YOです!

ハスクバーナで思いっきり全開~イ!行くぞ!2018 DUNLOP CUP ジムカーナ大会!

そう!ついに開幕しました2018年度ジムカーナシーズンインです!

 

そして3月25日に行われた筑波サーキットジムカーナ場にて、開幕戦のDUNLOP CUPがスタート。
2018Spec Husqvarna FE450 を駆る大瀧豊明選手も、練習にて順調な仕上がりを見せています。

マシンは、昨年度新規導入したHusqvarna FE450は、サスペンションをバージョンアップして投入!
サスストロークを更に短くして、ダンパーを全体的に緩くした仕様に変更。
更に軽さを活かした大瀧スペシャルへと進化しました。

更にマジックインジェクターを施したインジェクターを導入して、それに合わせてエアークリーナーの加工を
しました。大瀧選手曰く、POWER感も増してシャープに吹け上がり、ノーマル時のモッサリ感が無くなり、
アクセルコントロールがし易くなったと事。

 

さて、大会の方ですが、当日は天気も最高!ベスコンの筑波サーキット。
逆に熱い位で、思ったよりも路面温度が高い状況でした。
エントリー台数も140台を超えて、ジムカーナ人口が徐々に増えて来ている。と言うより、以前の200台を
超えた時の様に、戻って来つつあると、業界的にも注目度が高くなってきたようです。

第1ヒート。今年の大瀧選手のゼッケンは11番。昨年より落してしまってはいる物の、初年度としては
上出来な位置でフィニッシュ!2018年はライバルを追い詰める側に廻り、挑戦の年であります!
そしてスタート!
ん?練習の時の思い切った旋回が出来ていない?車速もイマイチ伸びて来ない。。。バンク角も足りない。
どうした!タッキー!大きなミスも無く、ペナも無くGOAL!タイムは伸びずTOPより3.396秒差。
TOPタイムを叩き出したのは、レジェンド作田選手!アッパレの1分29秒572!

しかし、黙って無いのが大瀧選手の良いところ!第2ヒートまでの時間で、前後のサスセッティングの見直しを、
基本ジムカーナの経験を持たない私と、今回もお手伝いと応援に駆けつけてくれた竹ちゃんと一緒に
調整しました。

その甲斐あって、第2ヒート目は動きが違う!確実にバンクしている!そして車速の乗りも速い!よ~し!
イケる!絶対にイケる!と最後のパイロンを廻った最後の最後に・・・・。(ビデオ判定で)(>_<)。

タイム的には1分30秒768!TOPとの差はありますが、2秒以上を縮めたスペシャルな走りは本当にGOOD!

順位結果はA級10番手 綜合でも10番手となりました。お疲れ様でした!

TOPタイムは、KING富永選手NSR250R 2ヒート目の熱い走りはさすがです!そして作田選手が2位と
SB級では断トツの1位!おめでとうございます。そして3位は池田選手NSR250Rとなりました。

ん~!初戦としては厳しい順位となってしまった、大瀧選手HusqvarnaFE450ですが、まだ後4戦!挽回は
絶対に出来ますので、1戦1戦をTOP目指して応援していきたいと思います!

今回も選手の皆さまには、素晴らしい走りと感動をありがとうございました!そして応援して頂いた、竹ちゃんを
先頭に、多くの方からの声援ありがとうございました!

≪当日の大会をダイジェストでご覧下さい≫

大会当日は快晴!朝は7時開門です。今回のエントリーは約140台
DUNLOPさんのワンメイクとなります。

 

 受付開始と共に、コース下見のスタートとなります。車検に保険の手続き、マシンセットアップと大会の
準備は忙しいんです^_^

 

 今日のコースはこちら!中高速設定でパワー車両有利か?

 

 コースウォーキングがスタートです。納得いくまで歩き続けます。良い準備運動になりますね。

 

 大瀧選手と、チーム員の関根選手NSR250R。速いライダーに付いて情報を聞き出す。これも作戦。

 

 モトジムカーナの取材です。

 

 既にこんな広告が出来ました!http://www.autoby.jp/_ct/17156367
小崎選手ZX-10R そして大瀧選手、そしてKING富永選手が取り上げられています!

 

 さて、第1ヒートに向けてのウォーミングアップ開始です!

 

 今年初戦の感触を確かめながら、マシンとの感覚を詰めていきます。

 

 車高が落ちたせいか、小ぶりに見えるFE450 2018Spec

 

 ジムカーナの大将!パワーバンドきむらの木村社長です。

 

 大瀧選手と同じチーム員で、A級の朝野選手!今回SB級で4位をゲット!

 

 ご存じ!ヤンチャな小崎選手ZX-10R WP-SPECIALサスペンションを装着 SB級5位をゲット!
マシントラブル等チョッと大変そうな初戦だったようです。

 

 レジェンド作田選手のGSX-S1000 SB級優勝!A級2位の最高の成績!おめでとうございます。

 

 作田選手のロケットスタートです。フロントを上げず、確実にトラクションさせる技ありですね!

 

 さて、いよいよ大瀧選手の出番です!緊張のスタート前。でもリラックスも大事です。

 

 SPECIAL FE450 タッキー仕様2018Version いよいよスタートです!

 

 目線がカッコ良いですね!

 

 凄いバンク角!既に倒れている様な^_^。

 

 ゴール前の360°ターンを攻める大瀧選手!

 

 第1ヒートを終えて、TOP作田選手との差が少しあります。策を練る大瀧選手

 

 動き始めました。。。サスセッティングの見直しで、当日の暖かさでタイヤとサスペンションのバランスを調整。

 

 第1ヒートの結果です。

 

 いよいよ第2ヒート目のスタート。

 

 大瀧選手も早目のウォームアップに向います。セッティングを確かめながら。。

 

 いよいよ第2ヒート目がスタートします!

 

 

 

 

第 2ヒート目に好タイムを記録したものの、足付き1ペナをしてしまい悔しさが残る結果に。。。

 

 表彰式です!B級では5位にチームメイトの関根選手が入賞!おめでとう!

 

 SB級では、1位レジェンド作田選手!4位にチーム員の朝野選手。そしてヤンチャな5位小崎選手!^_^

 

 A級は、KING富永選手!優勝。おめでとうございます!

 

 今回は表彰台に乗れず残念な大瀧選手・・・。涙

 

 でも、ご覧の通り!2ヒート目のタイムに満足と、チャンスは有りと確信した様子。

 

 竹ちゃん!いつも応援ありがとうございます!笑顔が良いっす!

 

 選手の皆さま、そして大会運営の皆さん!そして竹ちゃん!本当にご苦労様でした。ありがとうございます。


また2戦で会いましょう!^_^

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« DUNLOP ジムカーナ開幕戦!オ... | トップ | Husqvarna 701 ED MIDDLE ADV... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ジムカーナマシン!FE450」カテゴリの最新記事