ハスキーのイタリア散歩道 ~neo~

神戸から送る…アルベロ料理教室での美味しい日常記&イタリア旅行記

スペイン・アンダルシア地方の展示会…☆

2010-10-18 | イタリア(ヨーロッパ)

今日、スペイン・アンダルシア州の食材が一堂に見れる展示会に行ってきました!

Dsc04371

スペインといえば、イベリコ豚に、オリーブオイル、そしてワイン等々…。イタリア料理でも使える、魅力的な食材がいっぱい♪。

イベリコ豚の生ハムや、ハリハリ鍋。そして、生ハムにあうシェリー酒に、オリーブオイルと試食・試飲もできて、味の違いなども分かり、有意義な展示会でした。教室でも使ってみたいな…と思う食材もいくつか…。資料なども頂いてきているので、教室で是非、ご覧くださいね。

そして、この展示会場で驚きの嬉しい再会が!!なんと、中学時代の同級生が、この企画・プロモーションをしていたんです。本当に、何十年ぶり??。それでも、お互いに顔を見ると、13歳の、あの時の面影たっぷりで…(^。^)…。懐かしい~。友人の活躍している姿を見るのは、とても嬉しく、そして励みになります。I ちゃん、また連絡しますね♪。


ミモザの花…☆

2010-03-09 | イタリア(ヨーロッパ)

今日は、神戸も寒い一日でした…。北六甲では、積雪があり、雪かきをしてきました!っという方も、いらっしゃいましたよ。

さて、昨日、3月8日は、女性の日(Giorno della donna)。イタリアでは、恋人や奥さま、娘さんや自分のお母さんはもちろん、日頃、お世話になっている女性達にミモザの花を贈るので、ミモザの日とも呼ばれています。

Dsc03196

先月、教室にやってきたミモザの木…♪。ほんの少しですが、可愛らしい黄色い花をつけ始めています。

春の訪れを教えてくれると言われているミモザ…。今週の寒さの後、来週には、もっと花を咲かせてくれるのだろう♪と、楽しみにしています…☆。

 

   ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇

読まれた後、今日も是非ワン・クリック !→ 人気ブログランキングへ 応援願います! ~♪~

   ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇


イタリア・ボローニャ国際絵本原画展・・・☆

2008-09-04 | イタリア(ヨーロッパ)

今日は、西宮市の大谷記念美術館で開催されている「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」に行って来ました!

Img020

約30年前から、毎年開催されているこの原画展。私も久しぶりに訪れました。イタリア修行前、“イタリアって、ボローニャってどんな街なんだろう・・・??”っと、まだ見ぬイタリアを想像しながら、この原画展に何度か足を運んでいたのを覚えています。

ボローニャ(Bologna)で毎年開催されている世界で唯一の子供の本専門の国際見本市で、絵本原画のコンクールに入選した作品を紹介しています。今年は、23ヶ国、99名の作家の方々が入選。もちろん、日本人の作家さんもいらっしゃいました!

10年ぶりに訪れたのですが、やっぱり刺激的・・・☆。様々な手法で描かれた“原画達”は、色彩、構成、想像力・・・、そして、ファンタジーの世界がいっぱい溢れていて、私の中のアンテナ♪に沢山☆触れていました!絵本ということもあり、微笑ましく描かれているものも多く・・・、見ていて、私もいつのまにか“笑顔”で、心もほっこり・・・(^^)・・・。

この原画展は、9月28日まで開催されています。もちろん、お子様と一緒でも大丈夫!大人も楽しめる原画展ですよ~♪。

   西宮市大谷記念美術館 → http://www9.ocn.ne.jp/~otanimus/

        ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇

読まれた後、今日も是非ワン・クリック !→ 人気ブログランキングへ 応援願います! ~♪~

   ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇


手作り・イギリス刺繍の贈り物・・・☆

2007-11-29 | イタリア(ヨーロッパ)

横浜の友人Yさまから、素敵な、素敵な贈り物が届きました!イギリスの立体刺繍のクリスマス・リースです!Img_2841

スタンプ・ワークとも言うそうです。見ていても、ひと針、ひと針、心を込めて縫い込まれているのがよく分る作品です。もちろん!Yさまのお手製ですよ~。

私も、編み物や手芸は好きで、ちょこちょこ作ったり、縫ったりしますが、性格もあるのでしょう・・・。ざっくりしたものが多くて・・・(^0^;)・・・。Yさまのリースは、本当に素敵です・・・☆。Yちゃん、本当に、ありがとうね!大切に飾らせて頂きます・・・☆。

12月のレッスンは、明後日からスタートしますが、Yさまのリース、そして毎年恒例のスノー・マンやサンタさん達がお迎えいたします!ご参加予定の方々、楽しみにしててくださいね・・・♪

 

  ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇

読まれた後、今日も是非ワン・クリック !→ 人気ブログランキングへ 応援願います! ~♪~

  ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇


プルチーノのミモザ…☆

2007-03-07 | イタリア(ヨーロッパ)

昨日から冬に逆戻り…。三寒四温といいますが、今週は、寒い日が続くようですね。昨日も2レッスンあり、ご参加頂きました方々ありがとうございました!

明日、3月8日は、「女性の日(Giorno della Donna)」。もともとは、1900年代初め、ニューヨークで過酷な労働を強いられていた女性労働者たちがストライキを起こし、火災事件が発生。これが、きっかけで、その後、この日を「国際婦人デー」と定められ、各地で様々な行事が催されているのです。

イタリアでは、この日、お世話になっている女性達に感謝をして、男性の方々が、黄色いふわふわっとした花・ミモザ(Mimosa)をプレゼントします。モンティカティーニのホテル「グランド・ホテル・ラ・パーチェ」(Grand hotel La Paceで働いていた時は、ケーキのミモザも作っていました!

Img_0916 そのミモザのケーキを近くのケーキ屋さんで見つけてしまったのです!(^^)!

昨年9月にオープンしたイタリア菓子専門店「プルチーノ(Pulcino)」。丁寧に作られたケーキは、シンプルですが美味しさが詰まっています。

奥が、ミモザ。花のイメージ通りにふわふわっのスポンジが中に隠れています。手前は、シチリアのお菓子・カンノーロ(Cannolo)です。お店の雰囲気も暖かく、その雰囲気が味にも出ているお菓子達です。Img142

こちらが、私がイタリアで作っていたミモザ。姿は違いますが、やっぱりふわふわの食感と苺をつかったケーキでした。また、いつか、教室でもご紹介できれば、と思っています!う~ん、ご紹介したいものがまだまだ盛り沢山です…☆

 

  

 

 

   プルチーノ(Pulcino)  

           神戸市灘区森後町1-3-19 リトルブラザース六甲ビル1階

     TEL:078-856-0777 (火曜定休)

     http://www.pulcino-dolce.com

 

    ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇

読まれた後、今日も是非ワン・クリック !→ 人気ブログランキングへ 応援願います! ~♪~

   ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇


神戸・元町の鞄屋さん☆クオーレ・ダモーレ

2006-09-02 | イタリア(ヨーロッパ)

8月にケータリングでお世話になりました神戸・元町の鞄屋さん「クオーレ・ダモーレ」。どんな雰囲気なんですか?と、聞かれることも多いので、改めてご紹介させて頂きます!Dscn3222

最寄り駅は、神戸・地下鉄海岸線のみなと元町駅。もちろん、JR神戸線・元町駅からも歩けます。南側に歩いて、きゅっと曲がったところに、「神戸の中の小さなイタリアと書かれている看板が目に入ります。(こちら↓)Dscn3223

お店に入っていくと、大きな“ピノッキオ”が迎えてくれます。店内には、オーナーのかたが自ら年に何回かイタリアに足を運び、選んでこられた鞄達、お財布、そしてジュエリー等が並んでいるのです!

Dscn3219 Dscn3220

すべて、このお店でしか置いていない一点モノ。丈夫で、お値段もとても良心的なので、“鞄好きの私”には、とっても魅力的なお店☆なのです!初めて伺ったときは、“お~、素敵なお店を見つけてしまった!”っと、とても嬉しくて、早速買わせて頂きました!大事に使っていますよ。

お店のホームページもあるのですが、この8月末でいったんクローズ。年内にリニュアルしてアップされるそうです。またその時は、ご連絡いたしますね!それまでは、イタリア好きのかた、鞄好きのかた!元町に来られた時は、是非、お店に足を伸ばしてみてくださいね。

 クオーレ・ダモーレ   神戸市中央区海岸通4丁目3-17清和ビル1階

                TEL:078-361-1321 (定休日:火曜日)

 

 ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇

読まれた後、今日も是非ワン・クリック !→ 人気ブログランキングへ 応援願います! ~♪~

    ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇


祝☆イタリア優勝!!&大巳「うなぎ茶漬け」

2006-07-10 | イタリア(ヨーロッパ)

たった今、サッカーW杯・決勝戦、イタリアの勝利で幕を下ろしました。表彰式で、“ワールドカップ”を掲げるカンナバロを見て、じ~ん…と感動!この頂点に立つことを目指して戦ってきた選手達。中田ヒデ選手の現役引退や、決勝戦でのジダンの退場と残念なこともありましたが、この1ヶ月、本当にいっぱい感動させてもらいました。また、これからも素晴らしいプレーを楽しみに、サッカーを見ていきたいと思っています。

Dscn2902 さて、写真は大阪うなぎの名店・大巳(だいみ)の「うなぎ茶漬け」です。食事の最後に、ちょっとお茶漬けで締める!というかたもいらっしゃると思いますが、そんな時に、ちょこっとあると嬉しいご飯のお供。中には、小袋が2つ、しっかりと煮込んだうなぎ佃煮が入っています。

中に入っている“食べ方”では、山椒と刻んだ大葉を添えて熱い煎茶で…と、ありますが、私は、わさびを添えて熱湯を入れて頂いています。

Dscn2942_1

じゃ~ん、こんな感じです☆ → → 

食事の締めとしてはもちろんですが、ちょっと食欲のない時にも、さらさらっと頂けるんです~♪。大阪・曽根崎の本店にもありますが、梅田の阪神百貨店の地下・うなぎ売り場「大巳」でも、取り扱っていますので、“うな茶”好きのかたは、是非一度お試し下さ~い。ちょっと、はまってしまうお味ですよ~。

 

    ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇

読まれた後、今日も是非ワン・クリック !→ 人気ブログランキングへ 応援願います! ~♪~

    ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇


決勝戦はイタリアVsフランス!

2006-07-06 | イタリア(ヨーロッパ)

今日は、サッカーのお話を少々…。

今朝の準決勝を勝ち抜いたフランスが、いよいよ決勝戦でイタリアと対決!!今からワクワクしています。フランス代表の話題のひとつは、このW杯で引退を決めているジダン選手。W杯決勝戦が最後の試合になるとは、なんとドラマティック…☆ 

6年前イタリアでの修行中、同僚のコックさんやカメリエーレ(ホール担当)、友人達と厨房の中でも外でも、サッカーはいつも話題の中心。私もよく「どの選手が好き?」っと聞かれてました。

バティストゥータ!」(当時、フィオレンティーナで活躍)と言うと、「彼はアルゼンチン人だ」。「ナカタ!」(中田英寿選手)と言うと、「彼は日本人だ」…。どうしてもイタリア人選手の名前を出して欲しい彼ら…。でも、「ジダンも好きだよ!」(当時、ユベントスで活躍)でと言うと、「う~ん、君は良く分ってる!彼は素晴らしい~!」。そして、ジダンの数々の素晴らしいプレーを話してくれるのです。

その後、レアル・マドリードに移籍することになって、残念がっていたイタリアの友人達。今年レアルでの最後の試合の時も、スペインの競技場でジダンの勇姿を称えるフラッグを掲げたスペインのサッカーファン達。イタリア、そしてスペイン、異国のサッカー大国でそれぞれ称賛されるジダンは、本当に素晴らしい選手なのだと…。

決勝戦は、もちろん、イタリアを応援するんだけど、ジダンの最後の勇姿も目に焼き付けておきたいな…、と思っています!

 

    ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇

読まれた後、今日も是非ワン・クリック !→ 人気ブログランキングへ 応援願います! ~♪~

    ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇


サルデーニャ島の情報☆

2006-05-28 | イタリア(ヨーロッパ)

Dscn2676 今日は、5月の料理教室・最終日。今日も定員6名様と賑やかにレッスンをさせて頂きました。ご参加頂きました方々、ありがとうございました!

さて、先日、東京の知人の方から、これまた素敵な本を送って頂きました。イタリア・サルデーニャ島の観光案内冊子です。しかも、4冊も!

実は、今秋、サルデーニャ島に行く計画をしてるのです!(わ~い!) でも、いざ、情報を調べようとしても、なかなかサルデーニャ関連の本が見つからなくて…。送って頂いた方は、様々なイタリア製品やイタリア・ワインを輸入されていて、この春、ご挨拶する機会がありました。ちょうど、その時、サルデーニャのお話もでて、それを覚えていて、送って下さったのです。嬉しい!!

冊子には、神秘的な島の様子&情報がバッチリ書かれていて、わ~い楽しみです!!こちらで輸入されているワインも素晴らしく美味しいそうなので、是非、試してみようと思っています。また、そちらもご報告しますね~♪~。

 

    ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇

読まれた後、今日も是非ワン・クリック !→ 人気ブログランキングへ 応援願います! ~♪~

    ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇


土曜公開講座「フランス 食の旅」

2006-05-27 | イタリア(ヨーロッパ)

Img096_1 神戸松蔭女子学院大学が開催している土曜講座「旅と文化Ⅱ」に行って来ました。今日のテーマは、「フランス 食の旅」。いつも、イタリアのことばかり考えているので、ちょっと視点を変えてみよう!と、思ったのです。

講師の川口陽子先生(当大学・短大非常勤講師)が、この春、フランス・チーズ製造工場見学に同行され、17日間フランス14都市を巡られた時のお話です。

まず、初めにフランスと日本の地理的比較をし、その後、川口先生が撮られた写真を見ながらフランス・チーズの旅が始まりました。パリから出発して、白かびチーズ・ブリが有名なナンジス村。そして、日本人にも馴染みのあるカマンベール村。葦の葉で包まれているチーズの産地・リヴァロ村。ヤギのチーズが作られているサントル地域圏等…。初めて聞く地名も多かったのですが、川口先生のお話が分かりやすく、フランス・チーズの世界に一気に引き込まれてしまいました。

興味深かったのが、リヨンでのお話。美食の街として知られていますが、“ブション(Bouchon)”と表記があるレストランは、リヨンの伝統料理を食べさせてくれるそうです。“地方料理&伝統料理”好きの私のアンテナは、ピピピッと反応。また、リヨンは、ローマ人とも深い関係のある街だそうで…。う~ん、興味津々だ☆…☆

あっという間の90分が過ぎ、最後には、チーズの試食までさせて頂きました!Dscn2681

写真のチーズは、スイスに近いフランシュ=コンテ地方で作られたもので、癖のないチーズですが、きっと、焼いたらさらに風味がでて美味しいのだろうな…。ワインと一緒で、A.O.C表記されているのも、ちょっぴり感激!

イタリア食文化を学ぶには、ヨーロッパ隣国の食文化も知らないといけないっと言われたことがありますが、まさにその通り!!また、違う切り口から、イタリアを見ることが出来そうです。

 

    ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇

読まれた後、今日も是非ワン・クリック !→ 人気ブログランキングへ 応援願います! ~♪~

    ◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇・・・◇