ハスキーのイタリア散歩道 ~neo~

神戸から送る…アルベロ料理教室での美味しい日常記&イタリア旅行記

イスキア島での夕食…☆

2013-06-03 | 伊・カンパーニャ州(ナポリ等)

<イタリア旅行記(2012年ローマ&アブルッツォ&モリーゼ&イスキア島)no.69>

イスキア島での初めての夕食は、ホテルのレストランで頂くことに。
お天気の良い日は、テラスにテーブルがセッティングされ、イスキア港までの美しい夜景を見ながら、お食事することができます。

まずは、前菜から。

Dsc07337
野菜が無性に食べたくて、「野菜のグリルの盛り合わせ(Verdure misti alla griglia)」をお願いしました。
真中に乗っているのは、モッツァレッラチーズ♪。

イタリアの野菜って、味が濃くて美味しいんですよね。
シンプルに焼いて、塩とオリーブオイルで味付けするだけでも、十分美味しい♪。

Dsc07338
そして、メインは、イスキア風ウサギの煮込み(Coniglio alla ischiana)。

イスキア島では、スローフード認定を受けている穴うさぎが有名。
絶対、食べたかったんですよね~♪。

そして、初めて食べたのですが、ウサギのレバーも入っていて、これが美味しい!(´▽`)!
レバーは、新鮮でないと美味しく食べれませんからね。

Dsc07339
最後は、お薦めのチョコレートケーキ(Torta di cioccolata)。
濃厚で、ほろ苦さのあるチョコレートが何ともいえず…。
大満足の夕食でした(^^)v。


この記事をはてなブックマークに追加

ナポリ菓子☆ババ

2013-05-31 | 伊・カンパーニャ州(ナポリ等)

<イタリア旅行記(2012年ローマ&アブルッツォ&モリーゼ&イスキア島)no,68>

お昼を食べようと、イスキアの町へ出ましたが、時すでに遅し…で。
ほとんどのレストランのお昼営業が終わってて、残念。
でも、お腹はすくし、どうしよう…。
とにかく、暑いし、ちょっと休憩をしてから考えようと、海が見えるバールで、ビールをいっぱい頂きました!

Dsc07334
ビールを持ってきてくれたお店の方が、「ババ(Baba)ならあるよ」とのことで、そちらも注文することに♪。

ナポリ菓子として有名なラムシロップに浸けこんだケーキですが、もちろん、イスキア島でも頂けます。

ビールよりは、コーヒーや食後酒との相性が良いかもしれませんが、美味しく頂きましたよ~(^^)~。


この記事をはてなブックマークに追加

アラゴン城内のホテル…☆

2013-05-31 | 伊・カンパーニャ州(ナポリ等)

<イタリア旅行記(2012年ローマ&アブルッツォ&モリーゼ&イスキア島)no.67>

アラゴン城は、観光地のひとつ。
9年前にも、一度、訪れたことがあり、感動した場所。
でも、その時は、まだホテルはできてなかったそうです。
今回のイスキア島のホテルを探していた時に見つけ、是非、泊まりたい!と予約しました。

Dsc07325
お部屋は、こんな感じ。
テラスへ出る事も出来て、そこからは、イスキア港までの景色を一望できます。

Dsc07326
Dsc07343

気がついたら、もうお昼の3時過ぎ。
お腹が減りました。
お昼ごはんを食べに、町に行きましょう!


この記事をはてなブックマークに追加

いざ、イスキア島へ…☆

2013-05-29 | 伊・カンパーニャ州(ナポリ等)

<イタリア旅行記(2012年ローマ&アブルッツォ&モリーゼ&イスキア島)no.66>

アドリア海を堪能したテルモリ(Termori)から、バスを乗り継いで、カンパーニャ州の州都・ナポリ(Napoli)へ移動の日。

Dsc07322

テルモリの港も見納めです。
清々しく、気持ちの良い朝。
さあ、頑張って、バスに乗るぞ!

Dsc07323
朝から、バスを乗り継いで、4時間。
ナポリ中央駅に到着。再び、バスでナポリ港へ向かいます。

 

イスキア島行きの高速船。
約1時間で、目的地に到着します。

Dsc07528

イスキア島での滞在は、こちら!
港から2km程にあるアラゴン城。
観光地でもある場所ですが、最上階を改装してホテルになっているんですよ。

 

さあ、イスキア島・滞在。
楽しみです


この記事をはてなブックマークに追加

イタリアの魚醤・コラトゥーラ…☆

2013-05-24 | 伊・カンパーニャ州(ナポリ等)

5月のレッスンが終了しました!
ご参加頂きました方々、本当にありがとうございました。
6月のレッスンは、少し早い、5/26(日)よりスタートです。
5月に引き続き、カンパーニャ州のお料理をご紹介。
そして、3回連続の新シリーズ☆調味料・魚醤をテーマにしたレッスンの第1弾でもあります

ご興味のある方は、是非、アルベロ・イタリア料理教室HPを覗いてみて下さいね。

<イタリア旅行記(2012年ローマ&アブルッツォ&モリーゼ&イスキア島)no.63>

そして、6月のレッスンで使用するイタリアの魚醤・コラトゥーラ(Colatura)。
昨年、カンパーニャ州を訪れた時に、現地で購入してきました。

Dsc07471

Colatura di Alici da Cetara.

ナポリ近郊にある町・チェターラ(Cetara)で造られている、いわしの魚醤(Colatura di Alici)。
古代ローマ時代からある、この地ならではの調味料のひとつで、現在、スローフードの認定も受けているもの。

日本で言う、しょっつる。東南アジアでは、タイのナンプラー、ベトナムではニョクナムと言われている調味料です。

使った事がないわ…と、言う方も大丈夫。
便利な使い方はもちろん、代用食材等々、色々な情報を盛りこんで、ご紹介致します。
ご参加予定の方々も、楽しみにしてて下さいね♪。


この記事をはてなブックマークに追加

南イタリアのお土産②ルッコリーノクレーマ…☆

2012-10-15 | 伊・カンパーニャ州(ナポリ等)

そして、もうひとつ…♪。

Dsc07656

こちらは、カンパーニャ州のイスキア島(Isola d'ischia)の食後酒・ルッコリーノ・クレーマ(Rucolinocrema)。

原料は、あの野菜のルッコラ(Rucola)。
実は、私も、今回の旅で初めて口にしたんですよ。

ちょっと珍しい食後酒ですので、是非、お酒が大丈夫な方は、ちょこっと味見をしてみてくださいね。


この記事をはてなブックマークに追加

イタリア20州☆制覇!

2012-10-12 | 伊・カンパーニャ州(ナポリ等)

<イタリア旅行記(2012年ローマ&アブルッツォ&モリーゼ&イスキア島)no.2>

今回のイタリアの旅の目的は、イタリア20州制覇…♪。

Img001

イタリアに初めて降り立ったのが、1999年9月。途中、数年間のブランクもありましたが、毎年、様々な町と訪れて、いつか20州すべてを、自分の目でしっかりと見てみたいと思っていたんです。

今回のアブルッツォ州&モリーゼ州(地図上の円の部分)を訪れたことで、イタリア20州すべてに、一応、足を踏み入れたことになりました!

色々、懐かしむところもあり、また、来年からの抱負も胸に思うこともあり…で、記念となる旅でした。

ゆっくりと書き綴っていきますので、お楽しみに…♪。


この記事をはてなブックマークに追加

ナポリの朝焼け…☆

2012-10-07 | 伊・カンパーニャ州(ナポリ等)

<イタリア旅行記(2012年ローマ&アブルッツォ&モリーゼ&イスキア島)no.1>

まずは、帰国日の朝の…
ナポリの美しすぎる朝焼けをご覧ください。

Dsc07602

ヴェスヴィオ火山から昇ってくる朝日が、ナポリ湾に段々と色を落とし、
最後には、こんなに光り輝きました。

目を覆ってしまうほど眩しく、そして美しく、神々しく…。しばらく見惚れていました。

「ナポリを見てから、死ね(Vedi a Napoli, e mori)」と、良く言われますが、
ナポリ人に聞くと、「いや、いや、今はこう言うんだよ。

『ナポリを見ろ、さらに生きれる (Vedi a Napoli , e Vive di piu`)』」。

本当に、毎朝、こんな景色を見ながら、美味しいコーヒーを一杯飲んだら…。
その一日がより晴れやかに過ごせて、そしてより素晴らしい人生を歩んでいけそうな気が
しますよね…♪。

旅の締め括り。 素敵な帰国の朝となりました。


この記事をはてなブックマークに追加

元気に帰国…♪

2012-10-07 | 伊・カンパーニャ州(ナポリ等)

初秋の南イタリアから、元気に帰国いたしました!

イタリアも、まだまだ残暑が厳しく、帰国2日前ぐらいから、やっと日中も秋風が吹き始める様子でした。

また、「2012年イタリア旅行記」として、珍道中(?)を綴っていきますので、楽しみにしててくださいね。


この記事をはてなブックマークに追加

イスキア島での再会!

2005-12-29 | 伊・カンパーニャ州(ナポリ等)

Dscn1571_2 <旅行記(05年南イタリア).25:最終回>

いよいよ、南イタリア旅行も最終日。この日はナポリ港から船に乗って、イスキア島(Isola d' Ischia)に行きました。ずばり、目的は、温泉(Terme)!でも公共温泉センターは10月いっぱい迄だったらしく、開いてなく残念・・・。ならば、お城(Castello)を見に行こうと、街の中を通ってお城へ・・・。イスキア島は、ナポリの街中とは、雰囲気も違い、ゆっくりと時間が流れています。海沿いから見えるポツリと海に浮かぶ城です。この日は、ちょっと曇りだった為は、なんとなく物寂しさが・・・。02140121 

Dscn1580 Dscn1593 

渡ってきた橋を眼下に、歩いてきた街が一望できます。城内は、石畳が続き、とても質素。一時は、牢獄にも使われてたとか・・・。(お兄さんは、そのことを言ってたのかな・・・?)Dscn1588 Dscn1581 

広大な敷地内には、ワインの貯蔵庫もありました。Dscn1598 

さて、この日の昼食は、やっぱりピッツァが食べたい!と思い、チェックしていたピッツェリアへ・・・。途中、道が分からなくなり、たまたま交通整理をしていたお巡りさんに道を尋ねたら、「車に乗りなさい」・・・、え、捕まるの??・・・いえいえ、ピッツェリアまで連れて行ってくれました!お昼時で、お店は満員御礼!状態。でもテーブル席がひとつ空いてラッキー!早速この店のスペシャル・ピッツァを注文しました。カメリエーレ(ホール担当の人)から、ここの店でも日本人の女の子が働いているよ!っと聞き、「私も厨房で働いてんですよ」っと・・・。厨房にいらっしゃい!っと呼ばれ、行ってみたら・・・、なんと、なんと、6年前シエナの学校でお会いした、まほさんがいらしたのです。本当に、びっくり!!6年ぶりの再会、しかも日本ではなく、イタリアの、イスキア島のピッツェリアで・・・。まほさんは、北イタリアの料理を学ばれてから、一度日本に帰り、この夏から再び勉強に来られたとか・・・。再会の嬉しさと、そして皆、頑張ってはんねんな・・・と感動・・・。南イタリアの旅行最終日は、とても素敵な再会で締めくくることが出来ました!。

さて、11月初めから書き始めた南イタリア旅行記も、やっと書き終えました!(年内・無事書き納め・・・ホッ・・・)途中から、自分の為の“旅行記録”の様になってしまいましたが、お付き合い頂き有難うございました!! 今年もあと3日・・・、良いお年をお迎えください!!

ブログ・ランキングに参加中!よければ、クリック願います! → 


この記事をはてなブックマークに追加