ゴミ拾いに挑戦してて、休み中だったけど再開しました

いつの間にか浜がゴミの山に。自分自身の健康のためにもゴミ拾いを始めました。引っ越し先から戻ってきてゴミ拾い再開しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日立中央研究所庭園開放に行く

2009-04-08 22:56:12 | Weblog
4月4日、日曜日
ついに、ついに、その日は来ました。
野川の源流と言われる日立の研究所の庭園解放の日が。
この日が来るのを何年待ったことでしょう・・・って半年ですけど。

国分寺駅北口から、すでにリュックをしょった、日立中央研究所行きと帰りと
思われる人の列ができていました。
私と主人もその人の列について歩きました。

10分もかからずに着きました。
この門が年に2回、一般の人に開かれるのです。
受付と言っても、人数と国分寺市内か市外かを書くだけでした。



広場では、多くの人がシートを敷いて花見をしていました。
お弁当を食べたり、寝転んだりくつろいでいます。
売店も出ていて、アイスクリームや石焼芋などやの食べ物飲み物が売られていました。




その広場でひときわ大きくて目立っていたのが、この木です。
イヌシデの木です。




そして、広場から竹林を下って行った所に池がありました。
この池こそが、野川の元になる水源なのです。









奥様方が覗き込んでいるトンネルを通って水は外に流れ出て行きます。
向こうの方に明るく出口がみえるそうです。




このトンネルを見ようとたくさんの方が並んでいました。
皆さん、ここが野川の源流だと言うことは既にご存知だったようでした。
あの高い塀の向こうで、中が見られないものかと嘆いたのは半年前でした。
この池から野川に続いているのですね~。
でも、この池に流れ込む湧水があるそうなのですが
今回それを見つけることができませんでした。
入り口でもらったチラシをちゃんとチェックしてなかったので
そんな湧水が見られるなんて知らなかったのです。
秋の公開にまた来なくちゃ!!!



この日立の研究所の庭は、武蔵野の面影を残した自然が維持管理されている
そうです。

立ち入り禁止場所および林の中へは絶対に入らないでください。
と、入場した時にもらったチラシにも書かれていました。
しかし・・・・・



私はいつも自分勝手なオバサンになるのはやめよう
と気をつけていたのですが・・・・やってしまいました・・・。
林の中に入るのは良くないなとは分っていたのです。
ですが・・・・結果的には入ってしまいました。
3人組のお姉様たちが、林の中でシュンランを見つけた!!
と写真を撮り始めました。
道から5メートルくらい中に入ったところでした。
しばらくして彼女達がもっと林の奥のほうに行ってしまってから
シュンラン見たさに自分も林の中に入ってしまいました。
すると、私に続いて何人かの人が入ってきてしまったのです!!
自分だけちょっとだけ・・・と思ったのは勝手でした。
すごく反省しました。


私のような輩がいるので、この林を守るためには
年に2回の公開でちょうど良いのかもしれませんね。
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« ニヶ領用水のしだれ桜 | トップ | 花をたずねて高山村を行く »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も行ってみたいです。 (自然盆人)
2009-04-08 23:43:41
ふるやのもりさん、こんばんは。
日立中央研究所の庭が野川の源流だということは知っていましたが、開放日があることは知りませんでした。私も行ってみたいですね。
中央線からたくさんの木と池が見え、昔から興味を持っていました。次に機会があったら行ってみたいと思います。
よい経験をされたふるやのもりさんが、うらやましいです。
Unknown (ひたかけ)
2009-04-10 15:02:10
都会の中の自然、武蔵野の面影。想像を掻き立てます。やっぱり人が多いから、年に2回の開放くらいで無いと、自然に親しむ方にも楽しんでもらえない、のですね。池というから、勝手に小さいものを想像してしまいましたが、大池ですね。いろんな生物が楽園にしてるのでしょう。
是非行ってみてください (ふるやのもり)
2009-04-10 22:59:45
自然盆人さん、こんばんは~。
↓庭園開放日の案内です。
http://www.hitachi.co.jp/rd/crl/garden/teien.html
是非行ってみてください。
秋のモミジも良いらしいです~。
あの高い塀の向こうに何がるのか、
誰でも興味あるし見たいですよね~。
私も今度はレジャーシートとお弁当を持って行きたいと思いました。
3000人くらい? (ふるやのもり)
2009-04-10 23:06:27
ひたかけさん
一日に3000人以上は押しかけるみたいですよ。
道の脇の草は踏みつけられて痛んでました。
一度に多くの人が来ると大変ですよね。
池は割と大きかったです。
もとは湿地だった所を池にしたんだそうです。
当時の副社長の命令でなるべく自然のままに
残すようにしてるんだそうです。
さすが日立ですよね~。


Unknown (だやん)
2009-04-12 14:09:58
都会の中にもあちらこちらに自然が残されて
いる場所があるんですね。
何箇所かの湧き水が集まって川になって流れ
ていって。
自然を維持するには今ぐらいの開放日でない
と難しいんでしょうね。

武蔵野の雑木林で (khagy)
2009-04-12 14:10:25
ついに行ってきましたね。
私の町にも企業の小さな提供公園があって、それの名前が発想の森……。
日立中央研究所も武蔵野の自然をしっかり残し、研究者の発想の源としているのでしょうかね。発明の発想の原点って、こういう当たり前の自然のなかで育まれるのかもしれませんね。
昔の面影 (ふるやのもり)
2009-04-13 11:35:29
だやんさん
残され島みたいに、かつての武蔵野の面影を残す所となっているようです。
もしタイムスリップができたら、50年前は
このあたりはこんな風景が続いていたのかな。
今では、すご~~く貴重な場所ですよね、
大事にしていってもらいたいです。
今度、掃除機や冷蔵庫が壊れたら
日立の買おうと思いましたよ~~~
行ってきました~~ (ふるやのもり)
2009-04-13 11:40:34
khagyさん
念願がかないました~。
あの高い塀の向こうに行く事ができましたよ。
中はショッカーの秘密研究所かいな?
とも思えるような高い塀。

「発想の源」ですか~。
そうですね、こんな森を散歩しながら考えると
凄い発想が出てきそうですね!
人間も自然の中の生き物だから自然に帰ると
能力が高まるのかもしれませんね。

コメントを投稿

関連するみんなの記事