ゴミ拾いに挑戦してて、休み中だったけど再開しました

いつの間にか浜がゴミの山に。自分自身の健康のためにもゴミ拾いを始めました。引っ越し先から戻ってきてゴミ拾い再開しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヘチマときゅうりを見間違える

2011-09-15 17:59:44 | ご近所(川崎)
お彼岸も近いのに、まだまだ暑い日が続きます。
ご近所散歩には辛い暑さです。


ご近所生産緑地の黄色い花は
きゅうりの花?でしょうか。
きゅうりなら姑が徳島の家の庭で作っていましたが、
さて、こんなに大きな黄色い花だったかしらん?
これは雄花なのかな。



同じつるにきゅうりらしき物が実っているので、きゅうりだと思うけど
あっっ!!!
もしかして、ヘチマかもしれませんね。
あ、何となくヘチマって気がしてきました。
ヘチマの花を見忘れるなんて年をとったものです。
小学生のころあんなに一生懸命育てたのに・・・って、もう40年以上前だった
忘れるはずです。




黄カラスウリの花?



実?



徳島にいる頃は、カラスウリよりも黄カラスウリの方をよく見かけました。
カラスウリは花が夜に咲いて次の日にはしぼんでしまうのですが
黄カラスウリの花は翌日でも、ぐちゃぐちゃっとした感じでも辛うじて咲き残っています。
また、カラスウリの方が花が繊細ではかない感じです。
黄カラスウリは花に厚みもあって逞しい感じです。


カラスウリの花
夕方に撮りました。




アカボシゴマダラ

最近、よく見かけます。
すっかり定着したみたいです。
見つけても、あんまり嬉しくない蝶です。
誰がどういう気持ちで放蝶したのかは分かりませんが
こんなにも定着して広がるとは驚きです。
徳島に帰ったら、徳島でも見られるようになっていた・・なんて事にならなければ良いのですが。
一応、要注意外来生物となっています。




あら
これは、ノブドウではない・・・ヤマブドウ??
家に帰って調べてみたら
どうやらエビズルらしいです。
実は食べられるようです。
ちょっと、味見してみたい気持ちにもなりますが・・鳥さんにお任せしましょう。


コメント (12)   この記事についてブログを書く
« カワセミ | トップ | アジアイトトンボ »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (だやん)
2011-09-15 22:27:12
ヘチマの花ときゅうりの花を見間違えるのは
まだいいです。
自分は会社の後輩にヘチマとなすはどこがちがうのか
聞かれましたから
全くべつの品種ですから
カラスウリの花 (こうご)
2011-09-16 00:36:35
夜のうちに果かなく咲くと言うカラスウリの花をお見事です。
蚊に刺されませんでしたか?
我が家の庭でさえ、夕方になると薮蚊に襲われます。

私の生家では、夏は日よけを兼ねてへちまを沢山植えて、大きな実を鶏小屋の上でがらがらになるまで干し、とんとんと叩いて種を出し、バリバリと皮をむいて保存しました。
用途は、鍋釜を洗う時のたわしのかわりです。
おくどさん(かまど)の中の木灰をつけて、鉄のはがまを磨いておりました。

茎は切ってビンに入れてへちま水をとり、ひび薬になっていました~。ちょいと臭い。
ヘチマとナス (ふるやのもり)
2011-09-16 09:05:12
だやんさん
う~~ん、それは問題ですねぇ。
ヘチマもナスも実には違いないですが・・・。
沖縄の人だったら、ヘチマは普通に野菜として
食べるので、野菜の仲間かな?
花で言えば、ヘチマは黄色でナスは紫ですよね。

若い人には時々驚かされますね。

へちま水 (ふるやのもり)
2011-09-16 09:15:15
こうごさん
何だか私、野人になってきて、蚊に刺されても
平気になってきています~。

ヘチマのたわしは、使った事ありませんが
何となく見たことはありました。
へちま水は、小学校の理科の教科書に
へちま水をとってみよう
というのが書いてあって、一升瓶に切ったヘチマのつるをさしておきました。
すると三分の一ほど水がたまりました。
へちまがどれだけ水を吸い上げているかの実験で
それから、そのヘチマ水は何に使うのか??
書いてなかった様に思います。
なので、ひび薬になるとは知りませんでした。
そうだったんですね~~!!
40年ぶりにわかりました~
ありがとうございます
カラスウリ (M YASUDA)
2011-09-16 10:47:41
う~~ん!カラスウリ。
我が家の庭に鳥が何時運んできたのか、毎年、毎年、増え続け庭木に絡まっています。
カラスウルの実は秋には色づき、妻がフラワーデザインに使ったり、孫達が採って遊んだりしています。
邪魔者扱いして、引き抜きに精を出していますが、これまで花を注意して見たことはありません。
カラスウルの花、綺麗なのですね。
ふるやのもりさんのブログでは、これまで見落としていた自然を教えてもらっています。
来年は注意して、花を探します。
そういえば (bikki)
2011-09-17 06:09:29
カラスウリ、以前ウチのご近所を散歩した時に、見つけましたよね。
覚えていますか?
そうか~、今が花時なんですね。
あの場所に行ってみます~(^O^)/
へちまコロン (こうご)
2011-09-17 21:43:48
ヘチマコロンという名の化粧水が昔ありました。
ベルツ水というやっぱり肌がつやつやになる、手の甲などにつけました。
ドイツから、ベルツ博士という人が来て残して行ったものらしいです。
この我が家でも、1升ビンに茎を切って入れてへちま水を採り、薬局へ持って行ってベルツ水にしてもらった事がありました。

なぜそんな事をしたか?
今思い出すと、多分娘の理科の教材かなんかだったのだ~
”ふるやのもり”というのも、娘が小学校の時の図書館教育の指定校で、読書が盛んだったのです。それで私が知っている。
家の娘と、ふるやのもりさんは、想像するに同い年くらいかな?酉年です。
手編みのレースみたい (ふるやのもり)
2011-09-17 21:54:25
MYASUDAさん
カラスウリの花って、レースみたいですよね。
日が沈む前頃からだんだんと開いてきます。
咲いていくのを観察するのも楽しい?ですよ。
実も可愛いですよね。
もしかして、鉢植えにしても面白いかもですね
ご近所に? (ふるやのもり)
2011-09-17 22:14:20
bikkiさん
すみません、ちょっと思い出せません。
七福神ツアーのお風呂屋さん辺り?
ああ、ダメだ記憶力低下・・っていうか昔からかしら?
家の近所では普通にあるので関心が薄かったのかも。
花は夏の初めごろから咲いていますが
今でもまだ咲いています。
花期長いですね~~。
でも昼はグチャグチャってしぼんでいますよ。
薬局でベルツ水に? (ふるやのもり)
2011-09-17 22:21:56
こうごさん
薬局でヘチマ水にどんな細工をしたら
ベルツ水になるんでしょうね?
何だろう?気になりますね。
ヘチマ水だけでは、お肌はツルツルにはならないんですね。
あ、ヘチマコロン、今でも田舎では売ってるかも。
見た事あるような気がしてきました。
夏の日差しに弱ったお肌に良いかも。
探してみようっと。

え~~~~~っと・・・・・・
わ、私はイノシシ年です。はい

コメントを投稿