ゴミ拾いに挑戦してて、休み中だったけど再開しました

いつの間にか浜がゴミの山に。自分自身の健康のためにもゴミ拾いを始めました。引っ越し先から戻ってきてゴミ拾い再開しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホトケドジョウ

2009-03-19 17:00:48 | Weblog
先日、生田緑地でホトケドジョウをまじまじ見る機会に恵まれました。
ホトケドジョウとは名前は聞けどもその姿はチラッとしか見たことがなかったのです。
 
ホトケドジョウは谷戸の上流にひっそりと生息している(らしい)ドジョウです。
私などはその存在すら知りませんでした。
泳いでいるのを見た感じでは、ドジョウと言うよりはメダカみたいです。

なるほど、口に髭のようなものがあります。
でも、お馴染みのドジョウとは違う感じです。



これが普通のドジョウです。



その他にもヤゴも見ました。
多分、シオカラトンボのヤゴとのことでした。



それから、これは悪役の外来種、アメリカザリガニとウシガエルです。
ああ、そう言えば、読売新聞のちょっと前の記事ですが
皇居のカエルはすべてウシガエルだったそうですね~。
在来のカエルはウシガエルとの競合に負けたのですね。




アメリカザリガニとウシガエルは特定外来種になっています。

アメリカザリガニは子供に人気です。
ですが、アメリカザリガニのお陰でトンボが全滅した池もあります。
ヤゴを食べてしまうんです。
子供たちは捕ってきたアメリカザリガニを何の気なしに近くの川や池に
捨ててしまいます。
アメリカザリガニのいなかった川や池にアメリカザリガニを放すと言う事は
貪欲な人食いモンスターのエイリアンが地球に来たのと同じ様なもんです。
ああ、怖い。
やめてくださいね。

外来生物被害予防三原則は
1入れない
2捨てない
3拡げない

だそうですが、アメリカザリガニなどの野外にすでにいる外来生物は他地域に拡げない事です・・・って、もう拡がってますから!!!


とにかく、アメリカザリガニは侵略的外来生物ですって事を
子供達にも広くしってもらいたいものです。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 雨の鎌倉を歩く | トップ | アマナを訪ねてはるばるとぉ~ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひたかけ)
2009-03-20 21:10:56
ウシガエルはザリガニ食べるんでしたっけ?そんなことを考えてたら、名前の欄にうしがえると打ってしまってました・・・
そうです (ふるやのもり)
2009-03-21 20:19:52
ひたかけさん
そうです、そうです。
食用がえるとして飼われていたウシガエルの
エサとしてアメリカザリガニも輸入されたのですね。
人間が故意に持ち込んだんです。
ウシガエルもアメリカザリガニにも罪はないのです~。

コメントを投稿

関連するみんなの記事