ふる里サクランボ園大曽根

日々の農作業や果樹園情報等をお知らせ致します。
農業政策などの意見をも合わせて述べていきます。

今年もいろいろな方の来園がありました

2018-07-12 10:28:25 | Weblog
 今年もサクランボ狩りはもう少しで終わりになります。多くの方々においでいただきました。タイのオリンピックに出られる柔道のナショナルチームの選手がサクランボ狩りを楽しんでいかれました。










2020の東京オリンピックでは頑張ってほしいです。

 また有名な「シシャモ」の公演が山形で行われた6月10に、公演前の時間にサクランボ狩りのプロモーションビデオ撮りにふる里サクランボ園を訪れ、一緒にサクランボ狩りをしていた方々は大感激だったようです。残念ながら写真はありません。

 今年も来園者を和ませてくれたふる里サクランボ園の愛猫です。
そら君です。こんな格好で寝ています


ひなちゃんです。







コメント

サクランボ「紅てまり」がおいしくなりました

2018-07-03 07:15:37 | Weblog
紅てまり}




 7月に入ったらなんといってもサクランボは「紅秀峰」そして「紅てまり」がおいしいです。どちらも実が固く、甘さは抜群。
特に「紅てまり」は遠隔地に輸送も安心して送れます。

 紅てまりは大変良い出来栄えになりました。サクランボの粒も大きく、500円玉直径28ミリ以上のものが多く、実は締っていて固く、甘さも非常に甘くそれでいて酸味も少し感じられ食べやすいサクランボです。

 7月10日頃まで受付可能ですが、無くなり次第終わりといたします。
コメント

サクランボ狩り開始しました

2018-06-09 22:18:07 | Weblog
 平成30年「サクランボ狩り」始めました。多くン人がサクランボ狩りに来てくれました。今年は1週間ほど早い開園になりました。











明日6月10日も行います。ぜひおいで下さい。
コメント

平成30年6月9日よりサクランボ狩りを開始いたします

2018-06-04 04:43:38 | Weblog
 今年もサクランボのシーズンが到来しました。生育が早く、準備作業が大変忙しいです。たくさんの実をつけ、皆様をお待ちしております。スタッフ一同おいで頂きますことを心よりお待ちしております。今年はたくさん実を付けました。
コメント

サクランボが大きくなっています。

2018-05-10 11:46:03 | Weblog
 このところの雨が、サクランボにとって大きくなる好条件です。粒の肥大が顕著になってきました。




コメント

常明寺町内の春祭り

2018-05-03 07:05:49 | Weblog
 4月29日は恒例の春祭りです。春の祭りがなぜ行われたのか。祭りは豊作を祈願して行う春祭り、また収穫の喜び、感謝を込めた秋祭りがありました。春祭りは各町内が別々の日程で行われ、親戚や友人がお互い御呼ばれがあり、楽しみの一つでもありました。今日ではそれも負担になり、春祭りは4月29日に統一されたために、お祭りに人を呼んでという事は少なくなってきました。また秋の祭りもなくなってしまいました。忙しい世の中に押しつぶされてしまった感があります。
 今春祭りで困ったことに遭遇しています。高齢化社会では祭りの象徴の旗立て事業が出来なくなっているところが出てきました。また子供の樽神輿担ぎも子供数が少なくなり継続が危ぶまれている状況です。でも小さい子供たちが大きな声で「ワッショイ、ワッショイ」とがんばっておりました。

コメント

大臣官房信夫隆生政策課長に山形の農業を紹介しました。

2018-05-03 06:47:50 | Weblog
 4月27日に山形市農業委員会では大臣官房政策課長である信夫隆生氏を講演の講師として招聘いたしました。国の農政について話をして頂きました。翌日山形市内の農業の実態を視察して頂きました。
始めに山形市内の花卉農業者である大築園芸を訪れました。




次に山形農協が始めたキューリ団地を視察しました。




3か所目に山形市農協が行っているセルリー団地を視察いたしました。



コメント

サクランボの開花は順調です。

2018-05-03 06:41:34 | Weblog
 今年はサクランボの花の開花始めの時期から、満開期まで好天に恵まれました。開花前までは寒さが続いたために一斉に開花しました。









コメント

いよいよ始まった腐植の活用

2018-04-18 16:36:10 | Weblog
 4月16日、BMYの松井社長がアヤメの阿部社長、櫻井氏と共々大型トラックで10バックの腐植を積んで大曽根まで来て頂きました。ここで腐食に関心のある方々に集まって頂き、松井社長からレクチャーを受け、「腐植で農業を変える」という事に感心したようでした。これまでやってきたことにはいいこともありましたが、それが農業からリタイヤする人が多いのは、決して良いとは言えなかった農業だと思います。これをいかに変えて誰もが農業に関心を持ち、農業に参入する人を多くするかという事が大事になってきました。
 これまでの常識とは違ったこともあり、まずは試してみることが大事という事で、松井社長から直接畑やサクランボ園で使用方法の説明を受けました。
腐植の入ったバック



松井社長の説明




コメント

遅霜がありました

2018-04-10 06:51:46 | Weblog
 4月10日の早朝、遅霜がありました。水が氷るほどの強い霜でした。9日未明より散水を行い花芽を守りました。
早朝行ってみると水滴が凍っていました。氷で芽が守られるという事です。



コメント