Alles gute(全て良い@独語) でいきましょう。

動物大好きなひかるこが、
ドイツでの生活やペット事情について気ままにつづってます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

超難関。ミュンヘンでの家探し

2013-04-10 | ドイツ生活
おはようございます、ひかるこです。

今日はミュンヘンでの家探しの話題です。

ミュンヘンは『世界で一番住みやすい都市ランキング』によく登場する街という事で、ドイツの中でも人気のある街なので住宅が不足しているんです。

ドイツ人でも家を探すのに苦労するらしいので、外国人の私たちには更に厳しい状況なんですよね。

私はその事をミュンヘンに来るまで知りませんでした(^^;;
初めの二ヶ月はホームステイをして、その間に家を探したんですがこのスケジュールではかなり厳しかったです(^^;;
結果的にはギリギリに見つかったので家なき子にならずに済んだのですが、一時は本当に野宿を覚悟しました。
今考えれば野宿以外にも手段はあったんですけど、当時はその方法を知らなくて(笑)


住める家があるって素晴らしい!!(≧▽≦)

さて、前置きが長くなりましたが私が利用したサイトなどをご紹介します。

日本語

Mixb

Mixi コミュニティ 

ユーロエステート 

MMG-Consulting



ドイツ語

immobilien

WG gesucht


immobilienは一人暮らしのアパート、WGはルームシェアを探すのに適しています。

ドイツ語サイトではメールを送って返事がきたものは全て詐欺っぽかったです。電話をした方がいいですね。
ドイツ・ミュンヘンの常識では、見学して契約書にサインをするまでは支払いを要求されることはありません。
その前に支払いを要求される場合は詐欺の可能性が高いですね。
私は一度詐欺にあいました(><、)
とにかく、どんなにきちんとした人に思えても、先に支払いを要求する人とは関わらない方がいいと思います。
銀行振り込みの場合は、一か月以内であれば送金の取り消しもできるので、詐欺だと気づいたらすぐに銀行で事情を説明しましょう。(ただし、振込先の銀行によっては返金されないところもあります。)

あとは友達の話によると、弁護士をたてると言ったら返金してきた事例もあるようですね。

「羊のようにおとなしく、お金を持っている」というイメージのある日本人、詐欺の標的には最適です。
もしも海外で詐欺にあった場合、泣き寝入りはせずに「羊でも本気を出すと指を食いちぎるくらいできるんだぞ」と噛みついてやりましょう。

少々話がそれましたが、家探しに戻ります。

紆余曲折あって、私は最終的にはMMG-Coonsulutingという仲介業者さんを通して家を見つけました。
こちらは不動産屋さんではないので、物件を持っているわけではありません。家を探して、契約するお手伝いをしてくれる業者さんです。
家の契約が成立した場合は、その後三ヶ月間サポートしてくれます。

私はこのサービスを利用して良かったなと思います。
自分でドイツ語ができる、もしくはドイツ語が堪能な人が手伝ってくれる場合は、払わなくてすむお金ですが、私にはどちらも無かったのでとても有難かったですね。
厳密に言うと手伝ってくれる人がいない訳じゃなかったんですが、知り合ったばかりの人にガンガン要求するのも気が引けてしまって(^^;;
その点、こちらはお金を払って雇っているので言いやすかったですね。
なんだか、MMGさんの広告のようになってしまいましたが、とても良くして頂いたので紹介したかったのです。
代表のグリープみちこさん、とても素敵な方でした(^^)


いつかこんな家に住みたいな(^ ^)


それでは今日はこの辺で。

Ciao♪
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ミュンヘンの民族衣装 | トップ | 犬の飼い主免許について »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドイツ生活」カテゴリの最新記事