Alles gute(全て良い@独語) でいきましょう。

動物大好きなひかるこが、
ドイツでの生活やペット事情について気ままにつづってます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドイツの人気ドッグトレーナー、マーティン・ルター

2014-04-16 | ペット事情
こんにちは、ひかるこです。

4月10日にミュンヘンで開催されたドイツで人気のドッグトレーナー、マーティン・ルター氏のLiveを見てきました。


ドッグトレーナーのLiveって一体なにをするんだろう?!

とワクワクして、前日はあまり眠れませんでした(笑)


午後八時開演、午後六時半開場だったので、早めに入場して会場内を見学。
クレープやソーセージの屋台がいくつかとルター氏のグッズや書籍販売所がありました。
そこで、オーディオブックを発見!
ドイツ語の勉強用になにかオーディオブックが欲しいな~と思っていたところだったので迷わず購入。

そして、時間通りに開演。

真っ暗な中、ステージ上のどん帳に赤い犬の目が映し出され、ホラーのような音楽が流れます。

初めはゆっくりだった音楽が激しくなり、さらには犬の唸り声と噛み付く音が聞こえてきて、まるで目の前の犬に襲われているような感覚。
犬の興奮が最高潮になったところで

「Der tut nix!!!!!」と陽気な男性の声

Der tut nixとは犬の飼い主がよく言う「コイツは何もしないよ」という意味の口癖で、このLiveのタイトルにもなっています。

声が聞こえた途端、観客の笑い声

赤かった犬の目が青くなり、幕が開きました。


ステージの上はまるで演劇のセットのようで、真ん中には大きなベンチ、ステージ左側にはスニーカーをくわえた大きな犬のぬいぐるみ、その脇に電柱に登って片方の靴が脱げた男の人の人形、犬のフン禁止の標識、ステージ右側には大きな大きなゴミ箱、背景はビルがたくさんある町並みが見えました。

お芝居仕立てなのかな?と予想するも、大外れ。



LIVEはルター氏の一人漫談でした。2時間半、一人で喋りっぱなし!!!
しかも会場中が爆笑の連続でした。

ドイツ語が分からない人がこの光景をみたら、彼のことをコメディアンだと思うでしょう。

私が理解できたドイツ語は半分ほどでしたが、表情や動きもコミカルでそれだけでも楽しめました(^^)

途中に10分間の休憩を挟んで、前半後半に分かれていて前半は犬に関する話題が中心でしたね。

動物保護施設の話や、人気犬種について、自分が通ってる歯医者さんの飼い犬の話などなど。
人気犬種の話題ではジャーマンシェパードについても語られていたのですが、ドイツ人の間では温和でお茶目で愛嬌のある性格だと認識されているようです。
日本人の間では警察犬のイメージが強いので賢い•凛々しい•少し攻撃的といった印象ですよね。
そのギャップに驚きました。

後半は舞台の設定が少し変わって、犬が世界を牛耳り、人間が飼われているという世界感でした。
ベンチには大きな犬のカップルが新聞をひろげて読んでいたり、
街の看板が
Mcdnald →Mcdognald
starbacks coffee → stardogs coffee
犬のフン禁止→人間のフン禁止

に変わってクスっとしちゃう作りでしたね。

後半はまた違うパフォーマンスがあるのかしらと期待もしたのですが、またもや彼のマシンガントークが炸裂。こちらはプライベートな話題が中心で、通販で買った面白い犬グッズ、家族の話、旅行の話などでした。時折、犬のしつけに関する話題も織り交ぜて話されていて、話の運びが上手だなぁなんて半分しか理解していないくせに偉そうに聞いていました(笑)

彼の人気は高く、このLiveでドイツ各地をまわっています。
このミュンヘンはツアーの中盤なのですが、すでに声がかすれ気味でした。
本来はドッグトレーナーですから、喉のケアはプロではありませんもんね‥。
この先、大丈夫かしらと勝手に心配をしています(^^;;

すでに次回のツアーも決定していて、来年2月にミュンヘンの近くの街、アウクスブルグにやってくるそうなのでまた見に行きたいです(^^)
その頃にはもう少しドイツ語を理解できるようになっていたいですね。


それでは今日はこの辺で。Ciao♪





コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 犬種紹介 アメリカン・ブル... | トップ | 犬の順位付けについて 2 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ペット事情」カテゴリの最新記事