Alles gute(全て良い@独語) でいきましょう。

動物大好きなひかるこが、
ドイツでの生活やペット事情について気ままにつづってます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

犬と猫の心肺蘇生方法

2014-04-21 | ペット事情
こんにちは、ひかるこです。
アメリカ赤十字が作成したペットの心肺蘇生方法の和訳を入手しましたので、ご紹介いたします。




右側上段の「他の兆候にも注意しましょう」のところに歯茎や唇の変色について書いてありますが、もともとの色を知らないと判断ができませんよね。歯茎や唇の色が黒いわんちゃんもいるので、飼い主さんは一度チェックをしてみることをおすすめします。
私は、歯茎が黒い犬を初めて見たときに病気かとドキドキした経験があります(^^;)

体の色は健康のバロメーターになるので、なでるときに耳の中や口周りや目などの色をチェックする習慣をつけるといいと思いますよ(^^)とくに垂れ耳のわんちゃんは中が蒸れて病気になることもあるので、たまに耳をめくって風通しをよくしてあげるのも良い方法です。

それでは今日はこの辺で。Ciao♪
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 犬の順位付けについて 2 | トップ | 犬種図鑑の読み方 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ペット事情」カテゴリの最新記事