Alles gute(全て良い@独語) でいきましょう。

動物大好きなひかるこが、
ドイツでの生活やペット事情について気ままにつづってます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドイツ語聖書のすゝめ 

2015-02-17 | ドイツ語
こんにちは、ひかるこです。

最近、私はドイツ語の勉強に聖書を利用しています。

きっかけはキリスト教徒の考え方や感覚を理解したいな~と思った事なんですが、オーディオブックを聞いてみると、ゆっくりはっきり朗読されているので耳を慣らすのに最適だと思います。
私はここ数日は長時間作業するときのBGM代わりにしています。
聖書はとっても長い物語なのでYoutubeでは1時間~7時間のものが沢山アップされています。そこまで長いと「次は何を聞こうかな~」と悩む必要もないのでとても便利です(笑)

キンドルでは無料の書籍がありますし、Youtubeにアップされているものと章を合わせれば、ドイツ語を読みながら聞くことができるので良い勉強になると思います。
日本にいるとドイツ語に触れることも難しいのでお勧めです。興味のある方は『die Bibel』で検索してみてください。

それでは、今日はこの辺で。
Ciao♪


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドイツ語 der,die,dasの見分け方

2015-02-14 | ドイツ語
こんにちは、ひかるこです。

ドイツ語を学ぶ際に多くの人が苦労するのが定冠詞der,die,dasの使い分けですね。
derは男性名詞、dieは女性名詞、dasは中性名詞に用いられます。

そもそも名詞に性別があるという概念に戸惑う方も多いのではないでしょうか。
私は初めて「女性名詞、男性名詞」という言葉を聞いたときには主に女性が使うもの(化粧品やキッチン用品等)が女性名詞で、主に男性が使うもの(髭剃りや工具等)が男性名詞なのかな~という印象を受けたんですが、見事に大外れでしたね。
机は男性、バッグは女性、水は中性というように名詞そのものに性別があるという感覚を受け入れるのに少し時間がかかりました。
そして、mädchen(女の子)が中性名詞であることへ憤りすら感じていました(笑)

日本人だけでなく、ドイツ語を学ぶ多くの人がder,die,dasには悩まされていますね。
スペイン人の友人が話すには、スペイン語にも女性名詞、男性名詞といった概念はあるそうですが、スペイン語では女性名詞のものがドイツ語では男性名詞になっていたりするためとにかく混乱するそうです。
その点に関しては日本人で良かったのかもしれないなとも思います。

さて、前置きが少し長くなりましたが、このder,die,dasを見分けるのに少しルールがあるようです。それをまとめたサイトを友人が教えてくれたのでご紹介します。これまで私が見てきたものの中で、ここが一番詳しいと思います。


Regeln fuer Aitikel im Deutschen


◇◆◇◆◇◆◇◆◇
以下、翻訳です。

der

男性を表す名詞、男性の職業 : Vater,Pilot,Arzt
季節の名前:Frühling,Sommer,Herbst,Winter
月の名前:Januar,Juli,Dezember
曜日の名前:Montag,Dienstag,Sontag
方角:Nordwest(en),Süd(en)
上から降ってくるもの:Regen,Schnee,Hagel
車のブランド名:Audi,BMW,Mercedes
電車の名前:IC
動詞が名詞化されたもので語尾のないもの:Gang,Fang

語尾に以下の文字がつくもの

-er(動詞から派生した名詞):Fahrer,Lehrer
-ismus:Kapitalismus,Jounalismus

多くのものに当てはまるルール(例外もある)

アルコール飲料の名前:
Cognac,Wein,Whiskey(例外 das Bier)

ヨーロッパ以外の場所にある川の名前:
Amazonas,Mississippi

山の名前:
Mont Blanc,Kilimanjaro(例外 die Zugspitze)

語尾に以下の文字がつくもの

-ant:
Demonstrant,Elefant(例外 das Crosissant,das Restaurant)

-ling:
Lehrling,Schützling(例外 das Dribbling,das Bowling)

-ner:
Rentner,Schaffener,Zöllner(例外 das Banner,die Wiener )

-or:
Motor,Traktor(例外das Gegentor,das Chlor )

縮小形は常にdasになる
der Kopf → das köpfchen


die

女性を表す名詞、女性の職業:Mutter,Friseuse,Ärztin
バイクのブランド名:Harley Davidson,BMW,Yamaha
飛行機と船の名前:Boeing 747,Titanic
基数:Eins,Drei

多くのものに当てはまるもの

植物と木の名前:
Brike,Chrysantheme,Rose(例外 der Ahorn,das Veilchen)

語尾に以下の文字がつくもの

-heit:
Freiheit,Sicherheit

-keit:
Möglichkeit,Schnelligkeit

-schaft:
Freundschaft,Mannschaft

-t(動詞から派生したもの):
Fahrt,Tat

-ung:
Leitung,Zeitung(例外 Ursprung)


外国語で語尾に以下の文字がつくもの

-ade:
Hitpatade,Marmelade

-age:
Garage,Passage

-anz:
Eleganz,Domianz

-ik:
Kritik,Musik

-ion:
Diskussion,Koalition

-tät:
Identität,Qualität

-ur:
Agentur,Reparatur


多くのものに当てはまる、語尾に以下の文字がつくもの

-e:
Grenze,Lampe(例外 der Junge,der Friede)

-ei:
Abtei,Metzgerei(例外 das Ei,der Papagei)

-ie:
Diplomatie,Psychologie(例外 der Junkie,der Hippie)

-in:
Ärztin,Studentin(例外 das Benzin,der Harlekin)


縮小形は常にdasになる
die Hand → das Händchen

das

縮小系(-chen,-lein):
Kaninchen,Fräulein

動詞の原形が名詞化されたもの:
Essen,Schreiben

形容詞が名詞化されたもの:
Gute,Böse

色の名前:
Rot,Gelb,Blau

多くのものに当てはまる

112個のほとんどの有名な化学元素:
Aluminium,Kupfer,Uran
(例外6つ der Kohlenstoff,derSauerstoff,der Stickstoff,der Wasserstoff,der Phosphor,der Schwefel )

物質の名前:
Blei,Messing,Zinn(例外 die Bronze,der Stahl)

分数:
Dritte(1/3),Viertel(1/4) (例外 die Hälfte (1/2))

多くのものに当てはまる、語尾に以下の文字がつくもの

-ment:
Instrument,Parlament(例外 der Konsument,der Zement)

-nis:
Ergebnis,Tennis(例外 die Fahrerlaubnis,die Wildnis)

-o:
Auto,Konto(例外 die Avocado,der Euro)

-um(ラテン語由来のもの):
Publikum,Museum,Stadium

-tum:
Quantum ,Ultimatum(例外 der Reichtum,der Irrtum)


複数の定冠詞をもつ言葉

複数の定冠詞をもつ言葉も沢山存在します。定冠詞によって意味が決まることが時々あります。

der Band(書籍の巻、冊),die Band(音楽のグループ),das Band(録音テープ)
der Lama(ラマ教の僧), das Lama(動物)
der Kiwi(鳥),die Kiwi(果物)

時々、2~3つの定冠詞を持つものもあります。(意味は同じ)
der/die/das Joghurt
der/das Meter
der/das Virus










コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドイツ語の勉強にはYoutubeが便利です。

2014-07-05 | ドイツ語
こんにちは、ひかるこです。

本日は久しぶりにドイツ語の話題です。

日本でドイツ語を勉強するのって大変ですよね。
もっと沢山ドイツ語に触れたい!と思っても、テキストやテレビ番組は限られています。そして、そのほとんどが日本語で説明しながらの物なんですよね。
語学を習得するときには、母国語を介入させることは避けた方が良いそうです。そこでドイツ映画のDVDを探してみても、オンラインショップに並んでいるものはごくわずか。私は、ひとつ購入して同じものを何度も再生して見ていました。そのストーリーがやんちゃなティーンエイジャーのお話だったので、「これって、スラングだらけだったりしないかな・・?口汚い表現ばかり覚えたらどうしよう・・」と不安になったりしていました(^^;)商品説明欄に「爽やかな青春ストーリー」と書いてあったのですが、「爽やかかな?」と疑問を持つような内容でした。

という感じで、ドイツ語のみのアイテムを探すのに苦労をしていました。
そこで思いついたのが動画投稿サイトyoutubeの利用です。

適当にドイツ語の単語で検索して(例えばhund とか)出てきたものを見ていました。ただ、初心者だと見ている動画が本当にドイツ語なのかが非常に不安になるんですよね。

そこで、今回は私が見ているドイツ語のyoutubeチャンネルをご紹介いたします。

Akalineable
ドイツ人女性が美容の話などをしているチャンネルです。きれいなお姉さんが、きれいな標準語で話されていると思います。

Kelly Misses Vlog
ドイツ人女性(おそらく10代)がその日あったことなどを話しているチャンネルです。いわゆるビデオブログですね。
方言か若者言葉なのかは分かりませんが、標準語とは少し違う話かたをしていますね。
でも、表情豊かで口の動きもしっかり見えるのでよく見ているチャンネルです。

SPACE FROGS
これは演劇チャンネルです。短い寸劇をいろいろと投稿されていますね。基本的にきれいな標準語ですが、キャラクターによってはちょと変わった話し方もありますね。
私のお気に入りは犬と猫の違いを描いたHnde VS Katzeです。


Kinderhoerbuch
名前の通り、子供向けのオーディオブックでラプンツェルなどの様々な物語を朗読しています。子供向けということで、ゆっくり読み上げているので聞き取りの練習にはちょうど良いと思います。
私も以前は子供向けのオーディオブックで耳を慣らしましたね。効果音のおかげで、楽しい場面なのか怖い場面なのかもわかるのでとても良いと思います。


これらのページの関連動画で紹介されるものも、ドイツ語のものが多いと思うのでいろいろと見てみると面白いと思います。

それでは今日はこの辺で。Ciao♪


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドイツ語前置詞 ab,von,seitの使い分け

2013-11-15 | ドイツ語

こんにちは。
最近、寒すぎてお家でヌクヌクしているせいか体に貫禄が出てきたひかるこです。

そろそろ運動始めなきゃ(;´Д`A

いつから?

はい、本日はこの『いつから』に関するドイツ語のお話です。

『いつから』を表す前置詞はabとvonとseitの三種類あります。

見聞きする分には理解できるんですが、自分で使うときにはどっちが正しいのか悩む事が多いので、ドイツ人に聞いてみました。

seitは過去の『いつから』を表します。

Ich bin seit einem Monat faul zu joggen.

私は一か月前からジョギングする事をなまけています。

ab,vonは現在•未来の『いつから』を表し、基本的にはabは日にち、vonは時間に使うそうです。

Ich jogge ab Montag .

私は月曜日からジョギングします。

Es fängt von 9 Uhr einen Yogakurs an.

ヨガ講座は9時から始まります。


そして、『いつからいつまで』と言うときにはvon •bisを使うようです。

Ich jogge von Montag bis Freitag pro Woche.

私は毎週月曜日から金曜日までジョギングします。


分かってしまうと簡単ですね。vonが日にちにも時間にも使われるので、ややこしく感じていただけでしょうか。

『abは日にちだけ』と覚えると混乱せずにすみそうです(^_^)



いつか優雅に泳いでみたい。(私はカナヅチ)


それでは今日はこの辺で。

Ciao♪
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドイツ語  接続詞 

2013-10-25 | ドイツ語
ご無沙汰しております、ひかるこです。

気付けば夏がすぎ、もう冬になりかけていますね。

驚くことに、10月は初雪が降りました。

その日はとても寒くて、家にひきこもってヌクヌク毛布にくるまっていたので、全く気付かなかったんですよね。

翌日、友人が某SNSに書き込んでいたのを読んで驚きました(笑)


さて、この数か月の間は何をしていたかと申しますと、主にドイツ語との闘いに明け暮れていました。そして、軽い鬱でした(笑)

もー、毎日顔を合わせるドイツ語の先生の性格が悪くて・・(笑)

授業内容はためになるんですけどね、気分屋さんでね、ドイツ語が理解できなかったらたまにバカにして笑うんですよ~。。

ドイツ語が分からないから勉強しに来てるのに(´Д` )

頑張ってても理解できなくて、ただでさえ気分が沈みがちなところに、追い打ちをかけるような事を言ってくるので、我慢の限界が・・。

もーね、あのまま授業を受け続けたら本当に鬱になってたと思います(^^;)

学校の事務員さんに「先生との間に問題があります。学校をかえるから、先に支払った授業料を返してください」と伝えたら、先生を他の人に代えるのはどうかと提案をしてくれたので、それで手を打ちました。

生徒はお金を払って先生を雇っているわけですから、多少は融通をきかせてもらるみたいですね。


今は新しい先生になって、とても快適に勉強できています(^^)


さて、前置きが長くなりましたが、本題の接続詞について。


ドイツ語の接続詞は、大きく分けて3種類あると思うんです。


A Ich trinke ein Bier und ich esse eine Wurst.

B Ich freue mich,weil du zu mir besuchst.

C Ich tantze gern,deshalb komme ich oft Disco.


「主文 接続詞 副文」と並んでいるんですが、この文章の違いは分かりますか?


注目すべきは副文です。

Aタイプ  主文 接続詞 主語 動詞 目的語
Bタイプ  主文 接続詞 主語 目的語 動詞
Cタイプ  主文 接続詞 動詞 主語 目的語


と、動詞の位置がすべて違うんです。

新しい接続詞を覚える時は、語順がどうなるかをセットで覚えなければいけないので大変なんですよね。
その判断基準があれば覚えやすいのになぁと常々考えていて、ようやく少しつかめたのでご紹介いたします(^^)


Aタイプの場合

主文と副文が独立している。文を切り離しても、きちんと理解できる。

Ich trinke ein Bier und ich esse eine Wurst.(私はビールを飲み、そしてソーセージを食べる。)


Ich trinke ein Bier. Ich esse eine Wurst.(私はビールを飲む。私はソーセージを食べる。)


Bタイプの場合

主文と副文を入れ替えても、意味が通じる。

Ich freue mich , weil du zu mir besuchst.(私は嬉しい、あなたが来るから。)

         ↓
Weil du zu mir besuchst, freue ich mich. (あなたが来るから、私は嬉しい。)
 ※入れ替える際は、コンマのあとに動詞がきます。


Cタイプの場合

主文の影響を強く受ける。そのため、主文と副文を切り離すことも入れ替えることもできない。

Ich tanze gern,deshalb komme ich oft Disco.(私は踊るのが好きなので、よくディスコに来ます。)



例外もあるかもしれませんが、大まかなめやすとしては結構使えるかなと思います。

まあ、多少語順を間違えても理解してもらえるんですが、やはり聞く方としては気持ち悪いでしょうからきちんと話せるようになりたいですね~(^^)


それでは、今日はこの辺で。

あまりに寒いので湯たんぽを買いました♪


Ciao♪




























コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする