語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
大岡昇平、佐藤優、読書

【佐藤優】世界を知る「最重要書物」 ~クラウゼヴィッツ『戦争論』~

2017年01月11日 | ●佐藤優
 (1)「アメリカ・ファースト」を掲げるドナルド・トランプ氏(共和党)が米国大統領に当選したことに象徴されるように、世界規模で国家エゴが強まっている。二度の世界大戦による大量虐殺と大量破壊の反省から国連が結成され、戦争を違法化しようとする努力が続けられてきたが、国際法では究極的に戦争を違法化するに至っていない。

 (2)カール・フォン・クラウゼヴィッツ(1780~1831年)は、近代的な戦争論を語る場合には避けて通ることができない人物だ。クラウゼヴィッツの死の翌年に公刊された『戦争論』は、各国の軍人や政治かのみならず、エンゲルスやレーニンのような革命家にも強い影響を与えた。
 クラウゼヴィッツは、戦争を政治に包摂する。
 <戦争は、政治的行為であるばかりでなく、政治の道具であり、彼我両国のあいだの政治的交渉の継続であり、政治におけるとは異なる手段を用いてこの政治的交渉を遂行する行為である。してみると戦争になお独自のものがあるとすれば、それは戦争において用いられる手段に独自の性質に関するものだけである。ところでかかる場合に、戦争術が一般に要求できること、そしてまた個々の場合には将師が要求して差し支えないことがある、それは--政治の方向と意図とがこれらの手段と矛盾しない、ということである。とは言えこの要求は、実際には決して些々たる事柄ではないのである。しかしかかる要求が政治的意図にどれほど強く反映されるにせよ、そのようなものがいちいち政治的意図を変更し得るなどと考えてはならない。政治的意図が常に目的であり、戦争はその手段にすぎないからである、そして手段が目的なしにはとうてい考えられ得ないことは言うまでもない>

 (3)国家に政治的目的があって、それが外交交渉で実現できない場合には、軍事力によってその目的を実現するのが戦争なのだ。
 こう考えると、国家の政治活動が続く限り、戦争がなくなることはない。サダム・フセイン政権を打倒することを目的とした米国による対イラク戦争、戦争には至らなかったが、軍事力による威嚇を用いてロシアがウクライナからクリミアを併合した事例を見ても、近未来に大国が戦争以外の手段だけを用いて政治行動をするとは思われない。だから、われわれも戦争について学ぶ必要があるのだ。

 (4)クラウゼヴィッツは、価値観を抜きにして戦争を冷静に定義する。
 <我々は戦争について公法学者たちのあいだで論議されているようなこちたい【注・わずらわしい】定義を、今さらここであげつらう積もりはない。我々としては、戦争を構成している究極の要素、即ち二人のあいだで行われる決闘に着目したい、およそ戦争は拡大された決闘にほかならないからである。ところでかかる無数の決闘の集まりを一体として考えるには、二人の決闘者の所作を思いみるに如くはない。要するに決闘者は、いずれも物理的な力を行使して我が方の意志を相手に強要しようとするのである、即ち彼が端的に目的とするところは、相手を完全に打倒しておよそ爾後の抵抗をまったく不可能ならしめるにある。
 《してみると戦争は一種の強力行為であり、その旨とするところは相手に我が方の意志を強要するにある》>【注・《》内は傍点】

 (5)戦争とは、強力行為(国家が行使する合法的暴力と言い換えてもよい)によって、ある国家が他の国家に自らの意志を押しつける行為なのだ。裏返していえば、他国の意志を忖度して、自発的にそれに従う姿勢を示せば、戦争を避けることができる。国家としての名誉と尊厳を放棄すれば、戦争を回避することは可能になる。
 しかし、そのような選択をする国家は、国際社会でまともなプレーヤーとしては扱われない。日本の場合、中国やロシアの意思に従うことを強要されないようにするために日米安保条約を締結し、米国と軍事同盟を結んでいる。その代償が、米国の意思を忖度して、日本が自発的に米国の利益に適う行動を取ることだ。

 (6)さて、戦争が行われた場合、どの時点で目標が達成されたと考えればよいのだろうか。クラウゼヴィッツは興味深い見方を示す。
 <戦争の目標は、その本来の概念から言えば、常に敵の完全な打倒でなければならない。そしてこのことこそ、我々が出発点としたところの根本概念である。
 ところで敵の完全な打倒とはいったいなんであろうか。そのためには、敵の全国土の攻略は必ずしも必要ではない。仮りにオーストリア軍とプロイセン軍とが1792年にパリを占領していたならば、革命党との戦争は--人間の考え及ぶ限りでは、--それで終結した筈である、またそのためには、革命党に属する諸軍を予め撃破する必要はなかった、これらの軍は、まだ絶大な力を具えた唯一の革命軍ではなかったからである。これに反して、もしナポレオンが1814年にも依然として精鋭な大軍を統率していたならば、同盟軍がパリを占領したところで、まだ一切を解決したことにはならないだろう。しかしナポレオン軍の大部分は、当時すでに消耗していたので、1814年および1815年には、パリの占領が一切を決定したのである。1805年にオーストリア軍を、また1806年にプロイセン軍を粉砕したように、ナポレオンがもし1812年にも、カルガの街道にあった12万のロシア軍を、モスクワ攻略以前もしくは以後に粉砕することができたならば、たとえ攻略すべき広大な土地をまだ残しているとしても、首都モスクワの占領が講和を招来したことはほぼ確実であったと言ってよい>
 要するに、軍隊を統率する政治的な司令塔や軍の主力部隊などを粉砕することで、敵を無力化しなくてはならないということだ。戦争は人情を排し、冷徹に行われなくてはならない。

□佐藤優「戦争とは何なのか? 日本はどう行動すべきか? 世界を知る「最重要書物」/カール・フォン・クラウゼヴィッツ『戦争論』 ~名著、 ビジネスパーソンの教養講座 第20回~」(「週刊現代」2016年12月31日・2017年1月7日合併号)
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

 【参考】
【佐藤優】現代ロシアに関する教科書、ネコ問題はヒト問題、トランプ氏の顧問が見る中国
【佐藤優】日本には「物語の復権」が必要である ~反知性主義批判~
【佐藤優】サイコパス、新訳で甦る千年前の魂、長寿化に伴うライフスタイルの変化
【佐藤優】イラクの地政学、誠実なヒューマニスト、全ての人が受益者となる社会の構築
【佐藤優】外交に決定的に重要なタイミング、他人の気持ちになって考える力、科学と職人芸が融合した食品
【佐藤優】『ゼロからわかるキリスト教』の著者インタビュー ~「神」を論じる不可能に挑む~
【佐藤優】組織の非情さが骨身に沁みる ~新田次郎『八甲田山死の彷徨』~
【佐藤優】プーチン政権の本質、2017年の論点、ロシアと欧州
【佐藤優】国際人になるための教科書、ストレスが人間を強くする、日本に易姓革命はない
【佐藤優】ロシアでも愛された知識人の必読書 ~安部公房『砂の女』~
【佐藤優】トランプ当選予言の根拠、猫の絵本の哲学、人間関係で認知症を予防
【佐藤優】モンロー主義とトランプ次期大統領、官僚は二流の社会学者、プロのスパイの手口
【佐藤優】トランプを包括的に扱う好著、現代日本外交史、独自の民間外交
【佐藤優】デモや抗議活動のサブカルチャー化、グローバル化に対する反発を日露が共有、グローバル化に対する反発が国家機能を強化
【佐藤優】国際社会で日本が生き抜く条件、ルネサンスを準備したもの、理系情報の伝え方
【佐藤優】人生を豊かにする本、猫も人もカロリー過剰、度外れなロシア的天性
【佐藤優】テロリズム思想の変遷を学ぶ ~沢木耕太郎『テロルの決算』~
【佐藤優】住所格差と人生格差、人材育成で企業復活、教科書レベルの知識が必要
【佐藤優】数学嫌いのための数学入門、西欧的思考にわかりやすい浄土思想解釈、非共産主義的なロシア帝国
【佐藤優】ウラジオストク日本人居留民、辺野古移設反対を掲げる公明党沖縄県本部、偶然歴史に登場した労働力の商品化
【佐藤優】「21世紀の優生学」の危険、闇金ウシジマくんvs.ホリエモン、仔猫の救い方
【佐藤優】大学にも外務省にもいる「サンカク人間」 ~『文学部唯野教授』~
【佐藤優】訳・解説『貧乏物語 現代語訳』の目次
【佐藤優】「イスラム国」をつくった米大統領、強制収容所文学、「空気」による支配を脱構築
【佐藤優】トランプの対外観、米国のインターネット戦略、中国流の華夷秩序
【佐藤優】元モサド長官回想録、舌禍の原因、灘高生との対話
【佐藤優】孤立主義の米国外交、少子化対策における産まない自由、健康食品のウソ・ホント
【佐藤優】アフリカを収奪する中国、二種類の組織者、日本的ナルシシズムの成熟
【佐藤優】キリスト教徒として読む資本論 ~宇野弘蔵『経済原論』~
【佐藤優】未来の選択肢二つ、優れた文章作法の指南書、人間が変化させた生態系
【佐藤優】+宮家邦彦 世界史の大転換/常識が通じない時代の読み方
【佐藤優】人びとの認識を操作する法 ~ゴルバチョフに会いに行く~
【佐藤優】ハイブリッド外交官の仕事術、トランプ現象は大衆の反逆、戦争を選んだ日本人
【佐藤優】ペリー来航で草の根レベルの交流、沖縄差別の横行、美味なソースの秘密
【佐藤優】原油暴落の謎解き、沖縄を代表する詩人、安倍晋三のリアリズム
【佐藤優】18歳からの格差論、大川周明の洞察、米国の影響力低下
【佐藤優】天皇制を作った後醍醐、天皇制と無縁な沖縄 ~網野善彦『異形の王権』~
【佐藤優】新しい帝国主義時代、地図の「四色問題」、ベストセラー候補の研究書
【佐藤優】ねこはすごい、アゼルバイジャン、クンデラの官僚を描く小説
【佐藤優】外交官の論理力、安倍政権と共産党、研究不正が起きるシステム
【佐藤優】遅読家のための読書術、電気の構造、本屋大賞
【佐藤優】外山滋比古/思考の整理学
【佐藤優】何が個性で、何が障害か
【佐藤優】大宅壮一ノンフィクション賞選評 ~『原爆供養塔』ほか~
【佐藤優】英才教育という神話
【佐藤優】資本主義の内在的論理
【佐藤優】米国の戦略策定、『資本論』をめぐる知的格闘、格差・貧困問題の起源
【佐藤優】偉くない「私」が一番自由、備中高梁の新島襄、コーヒーの科学
【佐藤優】フードバンク活動、内外情勢分析、正真正銘の「地方創生」
佐藤優】日本の政治エリートと「天佑」、宇宙の生命体、10代が読むべき本
【佐藤優】組織成功の鍵となる人事、ユダヤ人の歴史、リーダーシップ論
【佐藤優】第三次世界大戦の可能性、現代東欧文学、世界連鎖暴落
【佐藤優】司馬遼太郎の語られざる本音、深層対話、米政府による暗殺
【佐藤優】著名神学者のもう一つの顔 ~パウル・ティリヒ~
【佐藤優】総理が靖国参拝する理由、NPO活動の哲学やノウハウ、テロ対策の必読書
【佐藤優】今後、起こりうる財政破綻 ~対応策を学ぶ~
【佐藤優】社会の価値観、退行する社会
【佐藤優】夫婦の微妙な関係、安倍政権の内在的論理、警察捜査の正体
【佐藤優】情緒ではなく合理と実証で ~社会の再構築~
【佐藤優】中曽根康弘、21世紀の資本主義分析、北樺太の石油開発
【佐藤優】日本人の思考の鋳型、死刑問題、キリスト教と政治
【佐藤優】中国株式市場の怪しさ、イノベーションの障害、ホラー映画の心理学
【佐藤優】普天間基地移設問題の本質、外務省犯罪黒書、老後に快走!
【佐藤優】シリア難民が日本へ ~ハナ・アーレント『全体主義の起源』~


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 【南雲つぐみ】温泉の安全な... | トップ | 【南雲つぐみ】食事制限だけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●佐藤優」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事