語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
大岡昇平、佐藤優、読書

【佐藤優】米軍による日本への深刻な主権侵害 ~山城議長への私人逮捕~

2015年03月22日 | ●佐藤優
 (1)2月22日、米軍基地キャンプ・シュワブ(沖縄県名護市)の前で、山城博治・沖縄平和運動センター議長と男性1人が、基地内に正当な理由なく侵入したとして、日米地位協定の実施に伴う刑事特別法違反容疑で逮捕された。
 米軍に雇われた日本人警備員が、私人逮捕した。
 シュワブの幹部は、24日、藤田幸久・参議院議員(民主党)の問いに対して、拘束は「上からの指示で動いた。何回か警告したが、基地に入ってきたからだ」と答えた。
 日本人警備員は、米軍から警備を委任されているだけでなく、米軍の傭兵として、米軍の指揮命令系統に従って日本人を拘束した。現行犯、準現行犯については、司法警察職員に限らず、誰でも逮捕することができる【刑事訴訟法第213条】。
 現場には30人の警官がいた。にもかかわらず、警備員は山城議長らを警察官には引き渡さず、基地内へ連行した。
 <しかし警備員は警察官のいる方向とは逆の基地内に山城議長らを引きずり込んだ。後ろ手に手錠を掛け、基地内の建物に入れてから手錠を解いたようだが、その後約4時間も拘束を続けている。刑事特別法を逸脱した人権弾圧だ。
 米施政権下の1957年の伊江島で、強制接収された射爆場内に入ったとして、住民5人が逮捕される事件があった。米兵が境界線を示す木製看板を5人の後ろにそっと置き、無断立ち入りで逮捕するという不当逮捕事件が起きている。今回の事件と何が違うというのか。
 復帰前の米統治下で繰り返された米軍による人権蹂躙(じゅうりん)の記憶を呼び起こす事態だ。暗黒社会に逆戻りさせてはいけない。山城議長らは23日夜に釈放された。本来ならば逮捕、送検するべきではなかった。辺野古への基地建設に反対する意思表示は県民の民意だ。米軍は抗議行動をする市民に指一本でも触れることは許されない。>【注1】

 (2)この事件で、米軍が未だ占領者であるという意識を持っていることが可視化された。
 この事件は、日本の主権侵害という点でも深刻だ。那覇地検が、山城議長らを釈放した背景に、「日本は独立国だ。米軍による私人逮捕は行きすぎだ」という検察官僚の苛立ちが反映している。
 今回の事件で、沖縄県民と沖縄県外の日本、外国に居住する在外沖縄人の対米感情は悪化した。このような事件が2、3回繰り返されれば、辺野古新基地に対する反対闘争は、反米的性格を帯びてくる。
 もっとも、沖縄で活動する米国の情報将校や総領事館員は、米軍基地が沖縄県民の敵意で囲まれるような事態は米国の国益を毀損すると理解しているので、今後、傭兵を用いた私人逮捕について慎重になるだろう。

 (3)沖縄以外にも日本国内に米軍基地はある。そこで、日本の警察官の前で私人逮捕が行われ、米軍が被拘束者を4時間も警察に引き渡さないような事件が発生した場合、政治家やマスコミはどのような反応をするか。
 恐らく「日本の主権が侵害された」と激しく反発をするだろう。
 なぜ反発するのか。日本の名誉と尊厳が毀損されたと考えるからだ。
 では、日本人の圧倒的多数が、沖縄で起きた私人逮捕になぜ反発しないのだろうか。東京の政治エリート(国会議員、官僚)、全国紙記者の集合的無意識の問題なのだろうが、沖縄人を同胞と見なしていないからだ。だから、辺野古新基地をめぐって起きている沖縄人に対する差別と抑圧に対して、無関心でいられるのだ。
 そればかりか、沖縄はカネが目的で辺野古反対闘争を行っている、という類の差別言説が書籍となり、ビジネスとして成立しているのだ。
 この種の本に対して、沖縄の政治家、マスメディア関係者、有識者も、「徹底的に無視する」という対応を取っている。差別を食いものにする輩の土俵に乗ると、事実上の宣伝になり、彼らのビジネスに貢献する。だから、無視する賢明な対応をとっている。

 (4)沖縄には、沖縄流の闘い方がある。
 <沖縄国家公務員労組は4日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、移設予定地に隣接する米軍キャンプ・シュワブのゲート付近に反対派市民が設営したテントの撤去に向けた業務は職員に苦痛を与えるとして、関わらせないよう内閣府沖縄総合事務局に申し入れた。
 労組が事務局に提出した申し入れ書によると、撤去に向けた反対派への監視活動は「県民と敵対し精神的にも肉体的にも耐えがたい苦痛だ」と指摘、テント撤去が目的の業務に職員を動員しないよう求めた。労組によると、対応した事務局幹部は「国道の不法占用を正常化するための業務だ」と説明したとしている。>【注2】
 これは、共同通信の配信記事で、記者は辺野古新基地建設がはらんでいる構造的問題をよく理解している。
 辺野古で警備している沖縄県警の警察官、沖縄防衛局に雇われているガードマンの多くは沖縄人青年だ。反対派と対峙する現場に、日本人の高級官僚や政治家は出てこない。こういう手法は、典型的な植民地における分断統治だ。
 沖縄人を沖縄人と敵対するような行動に駆り出すことに、国家公務員労組が異議申し立てをした、という出来事は、沖縄に対する構造的差別を脱構築しようとする現実的な動きだ。

 (5)民主国家は、国民を代表するという前提で成り立っている。
 しかし、辺野古新基地の建設に関して、東京の中央政府は、沖縄県および沖縄県以外の日本に居住する沖縄人の意思を代表していない。
 中央政府に雇用されている国家公務員は、日本国家のために仕事をする。現在、国家公務員といsての職務遂行が沖縄人の良心に反するという危機的状況が発生している。沖縄国家公務員労組は、「県民と敵対し精神的にも肉体的にも耐えがたい苦痛」をもたらす作業に限定して、沖縄人職員を外せ、という緊急避難を要求している。沖縄人として正当かつ当然な要求だ。沖縄国家公務員労組は、労働組合として、やるべき要求をしっかり行っている。

 (6)沖縄における廃藩置県(琉球処分)が失敗した。
 東京の政治エリート、全国紙記者、有識者がこの現実を認識しない限り、沖縄と日本の情報空間はますます乖離していく。沖縄人は、これまで沖縄人性を失ったことはない。これからも失わない。
 沖縄にとって死活的に重要な事柄は、いかなる対価を支払っても沖縄人自身が決定する。

 【注1】社説「市民の逮捕送検 米軍の弾圧は許されない」(琉球新報 2015年2月24日 )
 【注2】記事「辺野古新基地:テント撤去業務「苦痛だ」労組訴え」(沖縄タイムス2015年3月5日)

□佐藤優「山城議長への私人逮捕は日本への深刻な主権侵害 ~佐藤優の飛耳長目 第105回~」(「週刊金曜日」2015年3月13日号)
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

 【参考】
【佐藤優】米大使襲撃の背景 ~韓国の空気~
【佐藤優】暗殺された「反プーチン」政治家の過去 ~ボリス・ネムツォフ~
【佐藤優】ウクライナ問題に新たな枠組み ~独・仏・露と怒れる米国~
【佐藤優】守られなかった「停戦合意」 ~ウクライナ~
【佐藤優】【ピケティ】『21世紀の資本』が避けている論点
【ピケティ】本では手薄な問題(旧植民地ほか) ~佐藤優によるインタビュー~
【佐藤優】優先順序は「イスラム国」かウクライナか ~ドイツの判断~
【佐藤優】ヨルダン政府に仕掛けた情報戦 ~「イスラム国」~
【佐藤優】ウクライナによる「歴史の見直し」をロシアが警戒 ~戦後70年~
【佐藤優】国際情勢の見方や分析 ~モサドとロシア対外諜報庁(SVR)~
【佐藤優】「イスラム国」が世界革命に本気で着手した
【佐藤優】「イスラム国」の正体 ~国家の新しいあり方~
【佐藤優】スンニー派とシーア派 ~「イスラム国」で中東が大混乱(4)~
【佐藤優】サウジアラビア ~「イスラム国」で中東が大混乱(3)~
【佐藤優】米国とイランの接近  ~「イスラム国」で中東が大混乱(2)~
【佐藤優】シリア問題 ~「イスラム国」で中東が大混乱(1)~
【佐藤優】イスラム過激派による自爆テロをどう理解するか ~『邪宗門』~
【佐藤優】の実践ゼミ(抄)
【佐藤優】の略歴
【佐藤優】表面的情報に惑わされるな ~英諜報機関トップによる警告~
【佐藤優】世界各地のテロリストが「大規模テロ」に走る理由
【佐藤優】ロシアが中立国へ送った「シグナル」 ~ペーテル・フルトクビスト~
【佐藤優】戦争の時代としての21世紀
【佐藤優】「拷問」を行わない諜報機関はない ~CIA尋問官のリンチ~
【佐藤優】米国の「人種差別」は終わっていない ~白人至上主義~
【佐藤優】【原発】推進を図るロシア ~セルゲイ・キリエンコ~
【佐藤優】【沖縄】辺野古への新基地建設は絶対に不可能だ
【佐藤優】沖縄の人の間で急速に広がる「変化」の本質 ~民族問題~
【佐藤優】「イスラム国」という組織の本質 ~アブバクル・バグダディ~
【佐藤優】ウクライナ東部 選挙で選ばれた「謎の男」 ~アレクサンドル・ザハルチェンコ~
【佐藤優】ロシアの隣国フィンランドの「処世術」 ~冷戦時代も今も~
【佐藤優】さりげなくテレビに出た「対日工作担当」 ~アナートリー・コーシキン~
【佐藤優】外交オンチの福田元首相 ~中国政府が示した「条件」~
【佐藤優】この機会に「国名表記」を変えるべき理由 ~ギオルギ・マルグベラシビリ~
【佐藤優】安倍政権の孤立主義的外交 ~米国は中東の泥沼へ再び~
【佐藤優】安倍政権の消極的外交 ~プーチンの勝利~
【佐藤優】ロシアはウクライナで「勝った」のか ~セルゲイ・ラブロフ~
【佐藤優】貪欲な資本主義へ抵抗の芽 ~揺らぐ国民国家~
【佐藤優】スコットランド「独立運動」は終わらず
「森訪露」で浮かび上がった路線対立
【佐藤優】イスラエルとパレスチナ、戦いの「発端」 ~サレフ・アル=アールーリ~
【佐藤優】水面下で進むアメリカvs.ドイツの「スパイ戦」
【佐藤優】ロシアの「報復」 ~日本が対象から外された理由~
【佐藤優】ウクライナ政権の「ネオナチ」と「任侠団体」 ~ビタリー・クリチコ~
【佐藤優】東西冷戦を終わらせた現実主義者の死 ~シェワルナゼ~
【佐藤優】日本は「戦争ができる」国になったのか ~閣議決定の限界~
【ウクライナ】内戦に米国の傭兵が関与 ~CIA~
【佐藤優】日本が「軍事貢献」を要求される日 ~イラクの過激派~
【佐藤優】イランがイラク情勢を懸念する理由 ~ハサン・ロウハニ~
【佐藤優】新・帝国時代の到来を端的に示すG7コミュニケ
【佐藤優】集団的自衛権、憲法改正 ~ウクライナから沖縄へ(4)~ 
【佐藤優】スコットランド、ベルギー、沖縄 ~ウクライナから沖縄へ(3)~ 
【佐藤優】遠隔地ナショナリズム ~ウクライナから沖縄へ(2)~
【佐藤優】ユニエイト教会 ~ウクライナから沖縄へ(1)~ 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【食】復活した「魚肉ソーセ... | トップ | 【堤未果】医師不足に拍車を... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2015-03-24 13:09:00
現行犯なので問題ないと思います。
警察に引き渡す前に警備員が状況確認、報告するのに4時間かかった。
それだけかと。
興味深く読ませていただいてます (邪熊猫)
2015-04-29 23:25:54
沖縄県民を同胞とみなしていないというのは違うと思う。
一般的日本人の意識としては、米軍のプレゼンスは周辺国との関係(特に中国)から、安定をもたらす要素と捉えていて、自身の利益(ある種の保身)につながると思っているので、自身の近くになく、自分に実害を及ぼさないのであれば何処の誰が不利益をかむろうと無関心なだけだ。つまり自身の保身と利益が大事なのであって、例え同胞が不利益をこうむろうが知ったことではないと言うのが日本人だとおもう。
 民主国家を機能させるには、国民の意識が民主主義の基本的理念と価値観を支えなければならないが、都合の悪い正論を吐くものは忌み嫌い、責任あるいち当事者としての国民には程遠いと言うだけだ。
 教育を通じた責任ある市民・国民の育成は、不合理な利益を食む既得権者に都合が悪いらしく、十分な意識の形成と、民主主義的理想を価値あるものとして受け入れられていないと言うのがこの問題の本質ではないか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●佐藤優」カテゴリの最新記事