語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
大岡昇平、佐藤優、読書

【政治】「新党」結成目前の小沢一郎の前にたちはだかる難問

2012年07月02日 | 社会
 6月26日、衆院本会場。野田佳彦・首相が「(財務省のために)政治的生命をかける」法案に反対票を投じた小沢一郎は、笑みを浮かべて自席に戻った。
 反対は57人(うち小沢グループは44人)、欠席・棄権は体調不良を理由に欠席を事前通知していた羽田孜・元首相を除いて15人。造反民主党員は、72人に達した。
 これまでの小沢は、大きなことを成し遂げたとき、口を一文字に結び、全身から殺気を放っていた。このたびの「小沢の笑み」は「苦笑い」「照れ笑い」に近い。迷いの証か。
 迷いは、本会議終了後の小沢発言の随所ににじみ出た。「本来の民主党に戻すための最善の道を追及したい」
 当面は離党しない、ということを示唆している。
 小沢の政治の師、金丸信は「事を成すには一気呵成に」が口癖だった。
 小沢の側近、山岡賢次・前国家公安委員長が直ちに新党結成に向かう決意を表明していただけに、小沢の慎重さは目立った。
 なぜ小沢は躊躇したのか。

(1)「離党-新党結成」の先に展望がない。
 造反した小沢グループ44人のうち、当選1回組(いわゆる小沢チルドレン)が27人。うち、比例当選者は11人。次の衆院選は、お先真っ暗だ【注】。

(2)小沢自身も袋小路に身を置く。
 (a)刑事裁判を抱えながらの政治活動。
   ①政治資金規正法違反の罪に問われた刑事裁判の控訴審が秋にも始まる。
   ②離党となれば、再び小沢の国会証人喚問問題が浮上する。
 (b)新党を結成しても、
   ①スタープレイターがいない。
   ②参謀も見当たらない。
   ③当面は真正面から連携を取り合う政党や政治団体が見えてこない。

 既に70歳を超えた小沢に、「新党」はあまりに荷が重すぎる。
 ただし、小沢が影響力を発揮する場はまだある。
 今の参院の勢力図は、
  (ア)最大会派の民主党・新緑風会・・・・104人
  (イ)自民党・たちあがれ日本・無所属の会・・・・86人
なのだが、(ア)のうち、小沢が2007年と2010年の参院選で自ら発掘して当選した候補者のうち小沢グループに属する者が、谷亮子ら19人もいる。彼らが(ア)を離れると、民主党は参院第一勢力の座を自民党に明け渡すことになる。ただでさえ「ねじれ」の参院がさらに混迷するのは必至だ。
 だから、次の焦点は参院なのだ 

 【注】小沢らが離党、新党を結成する場合、政党交付金は、①小沢グループの議員が党執行部と合意して円満に分かれるか、②小沢らが集団離党するかで、配分額が大きく異なる。
 ①-(ア)「政党の分党」は、政党助成法上の「分割」に当たる。民主党をいったん解散した後に複数の新党を結成すれば、所属国会議員数に応じて、民主党が受け取る2012年分の政党交付金のうち、未交付分が分配される。毎年4、7、10、12月に支払われる交付金の4分の3、民主党の場合は約123億7,800万円が現在は未交付だ。衆議院議員43人、参院議員14人【要約者注:後藤健次の見立て19人より少ない】、計57人が「小沢新党予備軍」と目される。全員が新党に参加し、7月10日までに分党手続きが終わると、2012年分として17億8,600万円が交付される。
 ①-(イ)離党せず、国会内の会派を新たに結成する場合、会派には議員1人当たり月65万円の立法事務費が支給され、57人分だと月額3,705万円となる。
 ただ、いずれも民主党執行部の了承が必要だ。現実味は薄い。野田佳彦・首相は30日の講演で分党を認めない考えを表明した。
 ②小沢らが民主党を飛び出して新党をつくる場合(「分派」)、2012年分の交付金は年内に衆院解散・総選挙がない限り受け取れない。
 以上、記事「分党なら交付金18億円=「小沢新党」57人の場合」(jijicom)に拠り注す。

 以上、後藤謙次「消費増税法案可決で激化する野田、小沢、谷垣の生存競争 ~永田町ライブ!No.101」(「週刊ダイヤモンド」2012年7月7日号)に拠る。
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

コメント   この記事についてブログを書く
« 【日曜閑談】シャーロック・... | トップ | 【消費税】増税すると得する... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事