語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
大岡昇平、佐藤優、読書

【南雲つぐみ】アボカドの栄養とその調理法

2017年01月27日 | 医療・保健・福祉・介護
 サラダに入れたり、マグロと一緒にわさびじょうゆであえたり。さまざまな料理にアボカドが使われる。9割以上は輸入品だが、松山市などで転作農家が増えているそうだ。国産のものは11月から1月が旬だ。
 アボカドはエネルギー量が高く、ビタミンE、カリウム、食物繊維が多い。ビタミンEには抗酸化作用があり、老化を防ぐ役割とされる。タンパク質は、体内でビタミンEの働きを促進する働きもあるというので、アボカドと肉や魚の取り合わせはいいことになる。
 アボカドは未熟なまま出荷されるので、店頭に並ぶものも青いことが多い。熟すと皮が黒くなり、へたが乾燥して、実から浮いた感じになる。
 青くて硬いものは、リンゴやバナナ、柿などエチレンを多く放出する果物と一緒に袋に入れておくと1~2日で食べ頃になる。切ってもまだ硬いときは、皮のまま焼くと良い。種を抜き、みじん切りにしたタマネギやベーコンなどを詰めてチーズを乗せ、オーブントースターでこんがり焼く。ビタミンEは熱で壊れないので、焼いて食べても栄養は損なわれない。

□南雲つぐみ(医学ライター)「アボカドの栄養 ~歳々元気~」(「日本海新聞」 2017年1月20日)を引用
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

 【参考】
【南雲つぐみ】フェリチンに注目 ~貧血対策~
【南雲つぐみ】ショウガを飲む ~その薬効~
【南雲つぐみ】ナマコとコノワタ ~三河湾では今が旬~
【南雲つぐみ】寒たまご ~1日2個以上も可~
【南雲つぐみ】安納芋の栄養価と味わい ~焼くか蒸す~
【南雲つぐみ】小正月には小豆がゆ ~むくみによる体重増の対策~
【南雲つぐみ】「おなかの風邪」の予防と事後処理 ~ノロウイルス、「ロタウイルス」~
【南雲つぐみ】食事制限だけのダイエットは危険 ~運動が大事~
【南雲つぐみ】温泉の安全な入り方
【南雲つぐみ】七草がゆ
ミカンのうんちく ~延命長寿の果実~
【南雲つぐみ】鍋で養生 ~今年1月5日は小寒~
【南雲つぐみ】お雑煮の食べ方 ~事故の防止法~

コメント   この記事についてブログを書く
« 【保健】サウナで認知症リス... | トップ | 【保健】前立腺癌の手術で優... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療・保健・福祉・介護」カテゴリの最新記事