語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
大岡昇平、佐藤優、読書

【南雲つぐみ】添加物が気になる時 ~ワカメのみそ汁の効果~

2017年02月13日 | 医療・保健・福祉・介護
 忙しかったり、あるいは一人分作るのも面倒だったりする時は、弁当や総菜が手軽に買えるスーパーやコンビニの存在がありがたい。ただ、でき合いの総菜やレトルト食品などは塩分や添加物や残留農薬が気になる。
 日本では「ポジティブリスト制度」がある。すべての農薬に残留基準を設け、一定量以上含まれる食品の流通を原則禁止するもので、添加物や残留農薬の安全な使用基準が設定されている。
 増尾清著「農薬・添加物はわが家で落とせた」(青春出版社、961円)によると、「コンビニ弁当を食べる時は、ワカメのみそ汁も添えるといい」という。発酵食品のみそには腸内を整え免疫力を高め、原材料の大豆は強い抗酸化力を持つポリフェノールが含まれる。これにワカメを入れれば、カルシウムや食物繊維、解毒作用があるというビタミンA、C、Eを含むので、弁当や総菜に使われるリン酸塩などの害を消してくれるそうだ。
 ご飯には赤しそのふりかけや焼きのりを添えるといい。ビタミンCやカリウムに、体内の塩分調整や免疫力アップの働きが期待できるからだ。 

□南雲つぐみ(医学ライター)「添加物が気になる時 ~歳々元気~」(「日本海新聞」 2017年1月27日)を引用
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

 【参考】

【南雲つぐみ】添加物が気になる時 ~ワカメのみそ汁の効果~
【南雲つぐみ】揺さぶりに注意 ~赤ちゃんの脳震盪や硬膜下出血~
【南雲つぐみ】喉あめの効果 ~唾液分泌~
【南雲つぐみ】静電気を防ぐには ~綿や麻は電子を帯びにくい~
【南雲つぐみ】目の温浴 ~蒸しタオル~
【南雲つぐみ】海苔の日 ~「海の緑黄色野菜」~
【南雲つぐみ】大豆とエクオールは女性にとって健康の秘訣 ~今日は節分~
【南雲つぐみ】体の痛みが示すもの ~臓器の健康~
【南雲つぐみ】飲む乳酸菌の役割 ~明日2月3日は「乳酸菌の日」~
【南雲つぐみ】マスクで花粉症の予防 ~ダイエットにもなる~
【南雲つぐみ】寒灸の習慣 ~関節の痛みやこりを和らげる~
【南雲つぐみ】タイの天ぷら ~徳川家康の死因考~
【南雲つぐみ】アボカドの栄養とその調理法
【南雲つぐみ】フェリチンに注目 ~貧血対策~
【南雲つぐみ】ショウガを飲む ~その薬効~
【南雲つぐみ】ナマコとコノワタ ~三河湾では今が旬~
【南雲つぐみ】寒たまご ~1日2個以上も可~
【南雲つぐみ】安納芋の栄養価と味わい ~焼くか蒸す~
【南雲つぐみ】小正月には小豆がゆ ~むくみによる体重増の対策~
【南雲つぐみ】「おなかの風邪」の予防と事後処理 ~ノロウイルス、「ロタウイルス」~
【南雲つぐみ】食事制限だけのダイエットは危険 ~運動が大事~
【南雲つぐみ】温泉の安全な入り方
【南雲つぐみ】七草がゆ
ミカンのうんちく ~延命長寿の果実~
【南雲つぐみ】鍋で養生 ~今年1月5日は小寒~
【南雲つぐみ】お雑煮の食べ方 ~事故の防止法~


コメント   この記事についてブログを書く
« 【南雲つぐみ】揺さぶりに注... | トップ | 【南雲つぐみ】午の時刻、方... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療・保健・福祉・介護」カテゴリの最新記事