語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
大岡昇平、佐藤優、読書

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画談義】『八月の鯨』

2010年07月03日 | □映画
 リンゼイ・アンダーソン監督。出演者は、リリアン・ギッシュ、ベティ・デイヴィス、ヴィンセント・プライス、アン・サザーン、ハリー・ケリー・Jr・・・・という豪華な顔ぶれである。
 ただし、彼らの年齢は、上記の順に90歳、79歳、76歳、78歳、66歳である。
 この老優たちが快演する。老人たちによる、老人たちの、万人のための映画である。

 舞台は米国メイン州の小さな島。ここにあるセーラ(ギッシュ)の別荘で、セーラとリビー(デイヴィス)の姉妹は毎年避暑する。
 8月になると鯨がやってくる。
 少女時代、姉妹は鯨を見るべく大騒ぎしたのだ。今もセーラは胸が騒ぐ。
 だが、失明したリビーは、万事辛辣になって、あまつさえ死をしばしば口にする。
 永年いっしょに暮らしてきたセーラも、もうやっていけない、とさえ思うにいたる。

 それが、別荘を手放すか否かの決断を迫られたとき、セーラの気持ちは一転する。リビーも殻を脱ぎ捨てる。二人の気持ちが融けあう。このへんの呼吸がすばらしい。

 坦々たる日常のうちに小さな事件があり、人と人の間に波立ちがある。そして美しい自然。
 一登場人物は語る。・・・・月光で煌めく海面には、銀貨が散りばめられている。手を伸ばしても届かない宝物だ、と。

□『八月の鯨』(米、1987)
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

コメント   この記事についてブログを書く
« 【大岡昇平ノート】大岡昇平... | トップ | 書評:『日本文学史序説』~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

□映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事