語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
大岡昇平、佐藤優、読書

【佐藤優】組織の非情さが骨身に沁みる ~新田次郎『八甲田山死の彷徨』~

2018年01月07日 | ●佐藤優
 (1)組織の非情さを見事に描いた作品だ。しかも、ノンフィクションではなく、あえて小説としたことによって、作品の奥行きが深くなっている。
 1902(明治35)年1月に、日本陸軍第8師団の(a)青森第5聯隊と(b)弘前第31聯隊が、来たるべき対露戦争に備えて雪中行軍を行った。
  (a)第31聯隊37人と東奧日報の従軍記者1人は、弘前から出発し、無事に行軍を終えた。少数精鋭で、しかも現地の事情に通暁した案内人を雇って行軍した。
  (b)第5聯隊210人は、青森から出発し、199人が死亡した。大所帯で、中隊長の神田大尉の指揮下で行軍するはずが、同行した大隊長の山田少佐も指揮した結果、混乱が生じ、しかも案内人を雇わずに雪山を彷徨することになり、大きな犠牲をもたらした。
 軍事的観点からは、第5聯隊の犠牲が重要な教訓となった。この点を新田次郎氏は見事に描いている。

 (2)(a)第31聯隊が無事に雪中行軍を終えることができたのは、工夫をこらしたのと、幸運に恵まれたからであった。ただ、実戦においては、第31聯隊のような少数精鋭部隊での活動は想定できないし、ロシア軍との戦いが想定される満州(中国東北部)で現地の事情に通暁した住民の協力を得ることは難しい。
 むしろ(b)第5聯隊の200人規模の移動訓練の方が実戦に近いので、得られる教訓も大きいのだ。
 だが、(b)第5聯隊も無事に任務を果たしたならば、軍は装備を改良する必要を感じなかっただろう。その結果、日露戦争で防寒態勢が整わずに大きな犠牲を出すことになったかもしれない。見方を変えれば、第5聯隊も第31聯隊も、実戦に備えた人体実験をされたようなものだ。

 (3)この作品は小説の形態をとっているので、史実では現れないであろうが、状況をよりリアルに描写する表現を盛り込むこともできる。その一つが、(b)第5聯隊の長谷部善次郎が見た夢だ。
 (a)第31聯隊に所属する兄の斎藤吉之助が軍服の袖に軍曹の階級を示す2本の黄色い線が光っている。いつ昇進したのか、雪中行軍で手柄をたてて特進した、というようなやり取りがあって、(b)第5聯隊の神田大尉を助けた功がその手柄であることを長谷部善次郎は知る。そして、当の長谷部善次郎は死んでいた、と兄は言うのだ。
 これは正夢になった。長谷部は凍死する。ただし、神田大尉は、遭難の責任を感じ、舌を噛んで自決する。
 作品の中に夢を入れることによって、今後起きる悲劇の頭出しを新田氏は行っている。熟練した作家にしかできない表現だ。

 (4)この作品が優れているのは、沈着冷静で、優れたリーダーシップを発揮した(a)第31聯隊の徳島大尉を過度に英雄視していないところだ。命をかけて隊員らを案内した民間人に対する徳島大尉の冷酷な対応についても仮借なく描いている。
 諸君らは5聯隊の遭難に出会ったことは誰にも言うな。下手なことを喋ると、一生暗いところに入れられるかもしれない。命が惜しければ、親兄弟にも言うな。わが31聯隊と同行したことも、言いふらさない方がいいだろう。うろうろしていないで、さっさと汽車に乗って帰れ、云々。
 国策に協力して、雪山を命がけで案内した住民に対し、与えたのは一人に50銭という端金で、しかも「命が惜しければ黙っていることだ」というような恫喝を加える。
 <徳島隊を案内した熊ノ沢の案内人の7人は、徳島大尉に絶対言うなと口止めされたまま、長い間、沈黙を守っていたが、昭和5年になって苫米地吉重氏によって初めて事実が明らかにされた。『八甲田山麓雪中行軍秘話』がこれである。7人の案内人の一人が、もう話してもいいだろうと言って口述したものを収録したものであった。これら7人の案内者のほとんどは凍傷で手の指や足の指が曲がり、農業や山仕事をするのに不自由な思いをした。徳島隊を案内して、雪中行軍を成功させたことがかえって彼等に一生つらい思いをさせることになった>
 有能で情に厚いが、必要となれば平気で人を恫喝する徳島大尉のような人は、現在の霞が関(官界)でもときどき目にする。国家に仕える軍人や官僚の思考を知るうえでも、本書は有益だ。

□佐藤優「新田次郎『八甲田山死の彷徨』 -組織の非情さが骨身に沁みる- ~ベストセラーで読む日本の近現代史 第40回~」(「文藝春秋」2017年1月号)
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

 【参考】
【佐藤優】プーチン政権の本質、2017年の論点、ロシアと欧州
【佐藤優】国際人になるための教科書、ストレスが人間を強くする、日本に易姓革命はない
【佐藤優】ロシアでも愛された知識人の必読書 ~安部公房『砂の女』~
【佐藤優】トランプ当選予言の根拠、猫の絵本の哲学、人間関係で認知症を予防
【佐藤優】モンロー主義とトランプ次期大統領、官僚は二流の社会学者、プロのスパイの手口
【佐藤優】トランプを包括的に扱う好著、現代日本外交史、独自の民間外交
【佐藤優】デモや抗議活動のサブカルチャー化、グローバル化に対する反発を日露が共有、グローバル化に対する反発が国家機能を強化
【佐藤優】国際社会で日本が生き抜く条件、ルネサンスを準備したもの、理系情報の伝え方
【佐藤優】人生を豊かにする本、猫も人もカロリー過剰、度外れなロシア的天性
【佐藤優】テロリズム思想の変遷を学ぶ ~沢木耕太郎『テロルの決算』~
【佐藤優】住所格差と人生格差、人材育成で企業復活、教科書レベルの知識が必要
【佐藤優】数学嫌いのための数学入門、西欧的思考にわかりやすい浄土思想解釈、非共産主義的なロシア帝国
【佐藤優】ウラジオストク日本人居留民、辺野古移設反対を掲げる公明党沖縄県本部、偶然歴史に登場した労働力の商品化
【佐藤優】「21世紀の優生学」の危険、闇金ウシジマくんvs.ホリエモン、仔猫の救い方
【佐藤優】大学にも外務省にもいる「サンカク人間」 ~『文学部唯野教授』~
【佐藤優】訳・解説『貧乏物語 現代語訳』の目次
【佐藤優】「イスラム国」をつくった米大統領、強制収容所文学、「空気」による支配を脱構築
【佐藤優】トランプの対外観、米国のインターネット戦略、中国流の華夷秩序
【佐藤優】元モサド長官回想録、舌禍の原因、灘高生との対話
【佐藤優】孤立主義の米国外交、少子化対策における産まない自由、健康食品のウソ・ホント
【佐藤優】アフリカを収奪する中国、二種類の組織者、日本的ナルシシズムの成熟
【佐藤優】キリスト教徒として読む資本論 ~宇野弘蔵『経済原論』~
【佐藤優】未来の選択肢二つ、優れた文章作法の指南書、人間が変化させた生態系
【佐藤優】+宮家邦彦 世界史の大転換/常識が通じない時代の読み方
【佐藤優】人びとの認識を操作する法 ~ゴルバチョフに会いに行く~
【佐藤優】ハイブリッド外交官の仕事術、トランプ現象は大衆の反逆、戦争を選んだ日本人
【佐藤優】ペリー来航で草の根レベルの交流、沖縄差別の横行、美味なソースの秘密
【佐藤優】原油暴落の謎解き、沖縄を代表する詩人、安倍晋三のリアリズム
【佐藤優】18歳からの格差論、大川周明の洞察、米国の影響力低下
【佐藤優】天皇制を作った後醍醐、天皇制と無縁な沖縄 ~網野善彦『異形の王権』~
【佐藤優】新しい帝国主義時代、地図の「四色問題」、ベストセラー候補の研究書
【佐藤優】ねこはすごい、アゼルバイジャン、クンデラの官僚を描く小説
【佐藤優】外交官の論理力、安倍政権と共産党、研究不正が起きるシステム
【佐藤優】遅読家のための読書術、電気の構造、本屋大賞
【佐藤優】外山滋比古/思考の整理学
【佐藤優】何が個性で、何が障害か
【佐藤優】大宅壮一ノンフィクション賞選評 ~『原爆供養塔』ほか~
【佐藤優】英才教育という神話
【佐藤優】資本主義の内在的論理
【佐藤優】米国の戦略策定、『資本論』をめぐる知的格闘、格差・貧困問題の起源
【佐藤優】偉くない「私」が一番自由、備中高梁の新島襄、コーヒーの科学
【佐藤優】フードバンク活動、内外情勢分析、正真正銘の「地方創生」
佐藤優】日本の政治エリートと「天佑」、宇宙の生命体、10代が読むべき本
【佐藤優】組織成功の鍵となる人事、ユダヤ人の歴史、リーダーシップ論
【佐藤優】第三次世界大戦の可能性、現代東欧文学、世界連鎖暴落
【佐藤優】司馬遼太郎の語られざる本音、深層対話、米政府による暗殺
【佐藤優】著名神学者のもう一つの顔 ~パウル・ティリヒ~
【佐藤優】総理が靖国参拝する理由、NPO活動の哲学やノウハウ、テロ対策の必読書
【佐藤優】今後、起こりうる財政破綻 ~対応策を学ぶ~
【佐藤優】社会の価値観、退行する社会
【佐藤優】夫婦の微妙な関係、安倍政権の内在的論理、警察捜査の正体
【佐藤優】情緒ではなく合理と実証で ~社会の再構築~
【佐藤優】中曽根康弘、21世紀の資本主義分析、北樺太の石油開発
【佐藤優】日本人の思考の鋳型、死刑問題、キリスト教と政治
【佐藤優】中国株式市場の怪しさ、イノベーションの障害、ホラー映画の心理学
【佐藤優】普天間基地移設問題の本質、外務省犯罪黒書、老後に快走!
【佐藤優】シリア難民が日本へ ~ハナ・アーレント『全体主義の起源』~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【佐藤優】『失敗の本質』/日本型組織の長所と短所

2018年01月07日 | ●佐藤優
 (1)日本の企業、官庁などの組織が持つ長所と短所についてバランスよく解明した古典的名著だ。副題は「日本軍の組織論的研究」。
 〈例〉山本五十六・連合艦隊司令長官は、ちっとも名提督ではない。<その戦略構想は、真珠湾攻撃とミッドウェー作戦に見られるように短期決戦思想に強く彩られている。「それは、これからの海上作戦はいかなる様相で戦われるかを徹底的に究明し、航空兵力こそ作戦の主兵であるとの認識に基づいて立てられた作戦でなかった」(千早正隆『日本海軍の戦略発想』)のである。「大勢に押されて立上がらざるを得ずとすれば、艦隊担当者としては到底尋常一様の作戦にては見込み立たず、結局桶狭間と鵯越(ひよどりごえ)と川中島とを併せ行うの已むを得ざる羽目に追い込まれる次第に御座候」といっていたように、開戦時の連合艦隊の作戦計画は、伝統的艦隊決戦と山本長官の真珠湾奇襲攻撃の妥協案であった。それは帝国海軍の継戦能力の冷徹な分析に基づいたものであったが、井上成美中将の持久戦をも考慮した航空戦力重視構想とは異なる。その点で、「日露戦争の戦訓で太平洋戦争を戦った」とも指摘されている。>

 (2)本書の内容のほとんどは、外務省を始めとする官僚組織に現在もあてはまる。特に教育制度について。
 <教育システムについては、代表的なものには陸軍士官学校、海軍兵学校があり、さらに、陸士、海兵の上に陸軍大学校ならびに海軍大学校があった。
 教育内容については、海軍兵学校では理数系科目が重視され、また成績によって序列が決まったので、大東亜戦争中の提督のほとんどは、理数系能力を評価されて昇進した。陸軍士官学校では、理数よりも戦術を中心とした軍務重視型の教育が行われた。理解力や記憶力がよく(これは理数系重視型教育においても同様であるが)、それに行動力のある者は成績がよかった。しかし陸軍の場合には、海軍と異なり陸士の成績よりは陸大の成績がその後の昇進を規定した。陸大卒業者は、記憶力、データ処理、文書作成能力にすぐれ、事務官僚としてもすぐれており、たとえば東条大将はメモ魔といわれたほどだが、またその記憶力のよさも人を驚かせていたといわれる(熊谷光久「大東亜戦争将師論」)。
 このような教育システムを背景として、実務的な陸軍の将校と理数系に強い海軍の将校が、大東亜戦争のリーダー群として輩出してきた。しかしいずれのタイプにも共通するのは、それらの人々がオリジナリティを奨励するよりは、暗記と記憶力を強調した教育システムを通じて養成されたということである。>

 (3)難関大学の入学試験、国家公務員試験、司法試験で問われるのは、教科書の内容を記憶し(必ずしも理解していなくてもいい)、その内容を1時間半から2時間半の制限時間内に筆記試験で再現する能力だ。このような能力は官僚としての必要条件ではある。しかし、この条件を満たしているからといって、外交官の業績をあげることができるわけではない。だから、実際の仕事を進める上では、公の役職とは別の属人的なネットワークが重要になる。本書では、このようなネットワークについて否定的な評価がなされている。
 <本来、官僚制は垂直的階層分化を通じた公式権限を行使するところに大きな特徴が見られる。その意味で、官僚制の機能が期待される強い時間的制約のもとでさえ、階層による意思決定システムは効率的に機能せず、根回しと腹のすり合わせにおる意思決定が行われていた。>
 北方領土交渉についても、公のラインよりも、「ロシア・スクール」の中での属人的関係が意思決定においては重要だった。日本の北方領土交渉が動いたのも、ロシア・スクールの首領(ドン)だった東郷和彦氏が、ソ連課長、欧亜局審議官、条約局長、欧亜局長など外務本省で北方領土の意思決定に関与する立場にいるときだけだった。

 (4)本書では、日本企業の組織文化を総括して、こう結論づける。
 <その長所は、次のようなものである。
 ① 下位の組織単位の自律的な環境適応が可能になる。
 ② 定型化されないあいまいな情報をうまく伝達・処理できる。
 ③ 組織の末端の学習を活性化させ、現場における知識や経験の蓄積を促進し、情報感度を高める。
 ④ 集団あるいは組織の価値観によって、人々を内発的に動機づけ大きな心理的エネルギーを引き出すことができる。>
 この指摘はあたっている。特に大部屋で仕事をするというスタイルで、上司が何を考えているか、同僚がどんな仕事をしているかは伝達される。
 もっとも、1980年代ならば、情報伝達は電話が中心だったので、声によって「定型化されないあいまいな情報をうまく伝達・処理」し、「組織の末端の学習を活性化させ、現場における知識や経験の蓄積を促進し、情報感度を高める」ことができたが、パソコンによる電子メールやスマートフォンによるSNSが主要な伝達手段になると、なんとなく共有される情報が少なくなる。

 (5)本書では、日本企業の短所については、こう指摘する。
 <戦略については、①明確な戦略概念に乏しい、②急激な構造的変化への対応がむずかしい、③大きなブレイク・スルーを生み出すことがむずかしい、組織については、①集団間の統合の負荷が大きい、②意思決定に長い時間を要する、③集団的思考による異端の排除が起こる、などの欠点を有している。そして、高度情報化や業種破壊、さらに、先進地域を含めた海外での生産・販売拠点の本格的展開など、われわれの得意とする体験的学習だけからでは予測のつかない環境の構造的変化が起こりつつある今日、これまでの成長期にうまく適応してきた戦略と組織の変革が求められているのである。とくに、異質性や異端の排除とむすびついた発想や行動の均質性という日本企業の持つ特質が、逆機能化する可能性すらある。>

 (6)高度情報化や業種破壊、さらに、先進地域を含めた海外での生産・販売拠点の本格的展開などについては、外国企業の経験も取り入れつつ、日本企業は巧みに対応している。
 しかし、明確な戦略概念に欠け、急激な構造的変化への適応が苦手で、大きなブレイク・スルーを生み出しにくいという企業戦略上の問題点は、現在もそのまま残っている。さらに、集団間の統合の負荷が大きく、意思決定に長い時間がかかり、集団思考による異端の排除という傾向は、日本経済が右肩下がりになるにつれてますます強まっている。
 組織文化は数十年程度の短期間では変化しないのである。

□佐藤優「失敗の本質/日本型組織の長所と短所 ~ベストセラーで読む日本の近現代史 第41回~」(「文藝春秋」2017年2月号)
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

 【参考】
【佐藤優】世界を知る「最重要書物」 ~クラウゼヴィッツ『戦争論』~
【佐藤優】現代ロシアに関する教科書、ネコ問題はヒト問題、トランプ氏の顧問が見る中国
【佐藤優】日本には「物語の復権」が必要である ~反知性主義批判~
【佐藤優】サイコパス、新訳で甦る千年前の魂、長寿化に伴うライフスタイルの変化
【佐藤優】イラクの地政学、誠実なヒューマニスト、全ての人が受益者となる社会の構築
【佐藤優】外交に決定的に重要なタイミング、他人の気持ちになって考える力、科学と職人芸が融合した食品
【佐藤優】『ゼロからわかるキリスト教』の著者インタビュー ~「神」を論じる不可能に挑む~
【佐藤優】組織の非情さが骨身に沁みる ~新田次郎『八甲田山死の彷徨』~
【佐藤優】プーチン政権の本質、2017年の論点、ロシアと欧州
【佐藤優】国際人になるための教科書、ストレスが人間を強くする、日本に易姓革命はない
【佐藤優】ロシアでも愛された知識人の必読書 ~安部公房『砂の女』~
【佐藤優】トランプ当選予言の根拠、猫の絵本の哲学、人間関係で認知症を予防
【佐藤優】モンロー主義とトランプ次期大統領、官僚は二流の社会学者、プロのスパイの手口
【佐藤優】トランプを包括的に扱う好著、現代日本外交史、独自の民間外交
【佐藤優】デモや抗議活動のサブカルチャー化、グローバル化に対する反発を日露が共有、グローバル化に対する反発が国家機能を強化
【佐藤優】国際社会で日本が生き抜く条件、ルネサンスを準備したもの、理系情報の伝え方
【佐藤優】人生を豊かにする本、猫も人もカロリー過剰、度外れなロシア的天性
【佐藤優】テロリズム思想の変遷を学ぶ ~沢木耕太郎『テロルの決算』~
【佐藤優】住所格差と人生格差、人材育成で企業復活、教科書レベルの知識が必要
【佐藤優】数学嫌いのための数学入門、西欧的思考にわかりやすい浄土思想解釈、非共産主義的なロシア帝国
【佐藤優】ウラジオストク日本人居留民、辺野古移設反対を掲げる公明党沖縄県本部、偶然歴史に登場した労働力の商品化
【佐藤優】「21世紀の優生学」の危険、闇金ウシジマくんvs.ホリエモン、仔猫の救い方
【佐藤優】大学にも外務省にもいる「サンカク人間」 ~『文学部唯野教授』~
【佐藤優】訳・解説『貧乏物語 現代語訳』の目次
【佐藤優】「イスラム国」をつくった米大統領、強制収容所文学、「空気」による支配を脱構築
【佐藤優】トランプの対外観、米国のインターネット戦略、中国流の華夷秩序
【佐藤優】元モサド長官回想録、舌禍の原因、灘高生との対話
【佐藤優】孤立主義の米国外交、少子化対策における産まない自由、健康食品のウソ・ホント
【佐藤優】アフリカを収奪する中国、二種類の組織者、日本的ナルシシズムの成熟
【佐藤優】キリスト教徒として読む資本論 ~宇野弘蔵『経済原論』~
【佐藤優】未来の選択肢二つ、優れた文章作法の指南書、人間が変化させた生態系
【佐藤優】+宮家邦彦 世界史の大転換/常識が通じない時代の読み方
【佐藤優】人びとの認識を操作する法 ~ゴルバチョフに会いに行く~
【佐藤優】ハイブリッド外交官の仕事術、トランプ現象は大衆の反逆、戦争を選んだ日本人
【佐藤優】ペリー来航で草の根レベルの交流、沖縄差別の横行、美味なソースの秘密
【佐藤優】原油暴落の謎解き、沖縄を代表する詩人、安倍晋三のリアリズム
【佐藤優】18歳からの格差論、大川周明の洞察、米国の影響力低下
【佐藤優】天皇制を作った後醍醐、天皇制と無縁な沖縄 ~網野善彦『異形の王権』~
【佐藤優】新しい帝国主義時代、地図の「四色問題」、ベストセラー候補の研究書
【佐藤優】ねこはすごい、アゼルバイジャン、クンデラの官僚を描く小説
【佐藤優】外交官の論理力、安倍政権と共産党、研究不正が起きるシステム
【佐藤優】遅読家のための読書術、電気の構造、本屋大賞
【佐藤優】外山滋比古/思考の整理学
【佐藤優】何が個性で、何が障害か
【佐藤優】大宅壮一ノンフィクション賞選評 ~『原爆供養塔』ほか~
【佐藤優】英才教育という神話
【佐藤優】資本主義の内在的論理
【佐藤優】米国の戦略策定、『資本論』をめぐる知的格闘、格差・貧困問題の起源
【佐藤優】偉くない「私」が一番自由、備中高梁の新島襄、コーヒーの科学
【佐藤優】フードバンク活動、内外情勢分析、正真正銘の「地方創生」
佐藤優】日本の政治エリートと「天佑」、宇宙の生命体、10代が読むべき本
【佐藤優】組織成功の鍵となる人事、ユダヤ人の歴史、リーダーシップ論
【佐藤優】第三次世界大戦の可能性、現代東欧文学、世界連鎖暴落
【佐藤優】司馬遼太郎の語られざる本音、深層対話、米政府による暗殺
【佐藤優】著名神学者のもう一つの顔 ~パウル・ティリヒ~
【佐藤優】総理が靖国参拝する理由、NPO活動の哲学やノウハウ、テロ対策の必読書
【佐藤優】今後、起こりうる財政破綻 ~対応策を学ぶ~
【佐藤優】社会の価値観、退行する社会
【佐藤優】夫婦の微妙な関係、安倍政権の内在的論理、警察捜査の正体
【佐藤優】情緒ではなく合理と実証で ~社会の再構築~
【佐藤優】中曽根康弘、21世紀の資本主義分析、北樺太の石油開発
【佐藤優】日本人の思考の鋳型、死刑問題、キリスト教と政治
【佐藤優】中国株式市場の怪しさ、イノベーションの障害、ホラー映画の心理学
【佐藤優】普天間基地移設問題の本質、外務省犯罪黒書、老後に快走!
【佐藤優】シリア難民が日本へ ~ハナ・アーレント『全体主義の起源』~



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【佐藤優】「知の教室 ~教養は最強の武器である~」一覧

2018年01月07日 | ●佐藤優
【佐藤優】分析力の鍛錬、事例、実践例 ~知の教室・抄(3)~
【佐藤優】武器としての教養、闘い方、対話の技術 ~知の教室・抄(2)~
【佐藤優】知的技術、情報を拾う・使う、知をビジネスに ~知の教室・抄(1)~
【佐藤優】多忙なビジネスマンに明かす心得 ~情報収集術(2)~
【佐藤優】多忙なビジネスマンに明かす心得 ~情報収集術(1)~
【佐藤優】日本のインテリジェンス機能、必要な貯金額、副業の是非 ~知の教室~
【佐藤優】世の中でどう生き抜くかを考えるのが教養 ~知の教室~
【佐藤優】『知の教室 ~教養は最強の武器である~』目次
【佐藤優】『佐藤優の実践ゼミ』目次
『佐藤優の実践ゼミ 「地アタマ」を鍛える!』
 ★『佐藤優の実践ゼミ 「地アタマ」を鍛える!』目次はこちら


□佐藤優『知の教室 ~教養は最強の武器である~』(文春文庫、2015)
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【南雲つぐみ】耳垢塞栓

2018年01月07日 | 医療・保健・福祉・介護
 子どもや家族の耳の穴をのぞいたら、ゴロッとした耳あかのかたまりが見えた。取れそうなので、耳かきを差し込んだら、逆に耳の奧に入ってしまった。こういうときはすぐに耳鼻科を受診してほしいと、小児耳鼻科の専門医は忠告している。
 耳の入口から鼓膜までを「外耳」といい、ここの皮膚はとても柔らかい。無理に耳あかを取ろうとして傷付け、出血や炎症(外耳炎)を起こしやすい。さらに、痛がった子どもが動いて、耳かきの先でその奧の鼓膜を傷付けてしまう場合もある。
 外耳の奥深くに耳あかなどが詰まる症状を「耳垢栓塞(じこうせんそく)」という。子どもや高齢者では聞こえにくくなる原因にもなっているが、耳あかを取らなかったからだけではなく、取ろうとして押し込んでしまうことで起こるケースもある。
 「耳あかをとってほしい」「耳の中がかゆい」は耳鼻科を受診する正当な理由で、健康保険診療の適用にもなっている。良い耳かきを探すのもいいが、良い耳鼻科とのお付き合いも大切に考えよう。

□南雲つぐみ(医学ライター)「耳垢塞栓 ~歳々元気~」(「日本海新聞」 2017年9月25日)を引用
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加