いつもココロに太陽を!

~ Me Hana O Ka La I Ka Pu'uwai ~

6月のネイル(2) ワイン色で… と手荷物検査官

2018-06-30 | ネイル


爪が少し伸びすぎたので、今回は短めにつめて・・・っと。

ワインレッドと呼ぶとしたら、だいぶフルボディの濃い赤。
そんなネイルに「朝焼け」と名のついたラメジェルを2層に重ねました。



4本の指にだけ、オーロラピーコックに輝くストーンを4石。

出来はシンプルですが、ラメのグリッター感がキレイです。



外で見るとこんな感じ。



そうそう
ワタシのネイルが「海外でよくほめられる」の件ですが、
今回も手荷物検査官の女性に腕をつかまれてほめられました(笑)

飲んできたドリンクを捨て、
手荷物をカゴに乗せ、コンベアーで検査機に通し、
ワタシ自身は大きな金属探知ゲートの中で手を広げて立ちます。

金属類なし。
オッケー

手荷物を受け取り、オットの待つ方へ歩いて行き・・・

そこで「ちょっとあなた、来て」的に制服の女性に呼び止められました。
手荷物を受け取った後に再検査?

ワタシ、なぜか抜き打ち検査が多いのです。
密輸顔なんでしょうか

「サンダルを脱い・・・あら!可愛いネイル!」

え?今?

サンダルを脱げと命令され、なにやら金属棒で反応を見ている間中、
彼女はしゃがみこんでワタシのフットネイルに釘付けです


それがこれ↑

ワタシの心の声(こんなんで驚いてたら手の爪はもっとすごいよ)

案の定、しゃがみこんだ彼女が立ち上がり、今度はワタシの腕をつかんで感嘆の声を上げます。

それがこれ↓


どこでやったの?とか
誰がやったの?とか、まくしたて、
「すごいわ!貝の絵が描かれ…あ、これはシールね」的に1人納得したり(笑)
いわゆる興奮気味の外国の方に「by myself.」と言うともっと大きく驚きますね。

そんなやりとりを(これまで何度もあり)遠くでニヤニヤ見ているオット。
「身体検査のはずがまたネイルの話してるわ」と思って見てたんだって。

ほめてくれるのはお店の店員さんも多いけど、もっと多いのがいわゆる公務員の方。
空港職員だったり、お役所的な、そういう人がよくほめてくれます。
(お仕事柄ネイルがNGなのかしら?)

っていう話をハルミンにしたら、ハルミンも同感だって

「日本人は器用なのかね。なんでもオリジナルに昇華しちゃう技術があるからか、
発祥が外の国でも日本でやったものの方が素晴らしく見えちゃうみたいだよね」

そうなんだよね。
ジャンル:
ネイルアート
コメント   この記事についてブログを書く
« 蚊取り線香をリフレッシュ | トップ | 鏡に萎える・・・ »

コメントを投稿

ネイル」カテゴリの最新記事