趣味の記録…

これからの趣味に・・
二人で、自然に触れ合いながら楽しんでいます。


鳥見に出掛けたのだが…

2009-04-29 19:31:06 | 花と風景
鳥見に出掛けたのに何故か出会うのは花ばかりで、コンデジが大活躍の一日でした。

日の当たる湿地で「ハルリンドウ」が群生していたので、パチリ。


思いっきり近寄って撮ってみました。 草丈は7~8cmくらいだったかな?                              

こちらのグループは蕾がイッパイ、まだ数日は楽しめるようですね。         



ホウチャクソウ・チゴユリ・ミツバアケビ 春の里山は、お花の宝庫って感じです。



やっと鳥さんと遭遇です。
南方からの渡り鳥「オオルリ」ですが、画がイマイチで残念…
拡大トリミングもしてあり、証拠写真です。




新緑の木の下でオニギリを…                                 (henako)


ゴールデンウイークは何処も混雑、身近な里山がお勧めですよ~。
(へな爺)



コメント (12)

峠越えで出会った花

2009-04-25 17:31:57 | 花と風景
美濃山地で地図上では途中から消えてしまっている、見知らぬ林道の峠越えを楽しんだ。
峠から眺める「木曽御岳山」綺麗だったので引き寄せて撮ってみました。




花の名を調べてみましたが、全く自信が有りませんが『ハルトラノオ』…?信頼度70%かな?
沢沿いで咲いていましたが、草丈は7~8センチぐらいで苔生した岩場に咲いていました。



『ヤマエンゴサク』が、ひしめき合う様にイッパイ咲いていました。
まるでベートーベンの第九を歌う♪?合唱団のような感じがしますね。



『ヤマルリソウ』可愛いらしい花が斜面にイッパイ、とても小さな花です。           (henako)             

アップで撮ってみましたよ。花色はブル-と薄紫…。                     (henako)




沢沿いで咲く『エイレンソウ』



『ミヤマカタバミ』が、ウッカリしていると踏み付けるぐらい群生、スゴイの一言です。



峠を越えた里に近い場所で出会った『ニリンソウ』


全て林道沿いで車を降りた場所で、直ぐ見かけた花ばかりたちですよ
(へな爺)



コメント (14)

里山を歩けば…

2009-04-21 18:35:20 | 花と風景
ソメイヨシノやヤマザクラが散り、次は「ウワミズザクラ」の出番ですね。
ちょっとユニークな形の花で、白いフランクフルトって感じです。




アップで見ると…



山中を歩けば「イワカガミ」が出迎えてくれます。



小さな可愛い花です。腹這いになりロ-アングルで撮影…



ヒョッコリと現れた小鳥、君の名は?
調べてみましたら『ヒンズイ』のようですが、よく似た「タヒバリ」の可能性も…


里山は新緑の季節で、花も楽しめて嬉しいのですが、鳥さんが撮り辛いな…
(へな爺)



コメント (10)

ギフチョウとカタクリの花

2009-04-18 17:57:06 | 蝶など
近場ですが見知らぬ道を興味半分に入ってみました。
規模は小さいのですが、偶然カタクリの花の自生地に遭遇、花は盛りを
過ぎていましたが「春の女神・ギフチョウ」がお出迎えなんです。

ヒラヒラと舞っていますが、なかなか留まらない、やっと留まったのが木の幹で
今季初撮りのギフチョウの画です。



盛りの過ぎた「カタクリ」の花が咲いていますが、お気に召さないようだ…



倒木に留まり、枯れかけたカタクリを見つめているのかな…?



やっとカタクリに留まってくれました。



一寸地面で一休みかな…地上は危険がイッパイだよ。   



見頃を過ぎたカタクリの花が多い中で、一部綺麗な花もまだ少しありました。
やはり綺麗な花は得だね。ギフチョウが飛んで来て…
モデルさんのように、各種ポ-ズを見せてくれましたよ。


「スプリング・エフェメラル」…春の女神
植物ではカタクリの花が、春の女神の代表格で
ギフチョウも春の女神と称されています。
と言うことは同時に、2種類の春の女神と出会ったってことかな?…
(へな爺)

コメント (10)

美濃の花みこし

2009-04-14 18:40:17 | その他・色々
 春だ祭りだ~ 

4月11日、美濃市の花みこしを観に出掛けました。
美濃和紙の産地ならではの、和紙で花を作り飾り付けられたお神輿です。




神社の前で神輿が揺れる



名のある旧家の前を、神輿が練って行きます


国道156を、神輿が横断中、



薄い和紙を二枚、紙縒り(こより)に通し、それを「しない」に巻き付けてあります。
神輿の屋根に、約300本のしないが取り付けてあるそうです。



↘↘ 美濃祭りの光景をスライドショーでも作成してみましたよ。


<
<
<
<
<


<
美濃まつりの光景をスライドショーで…左上から見てくださいね。


<
<
<
<
<


non_nonさまのソースをお借りしました。有難うございます。(henako)

(二人の写真が、ごちゃ混ぜになっていますが…

↘↘ お祓いを受けた後の光景を、コンデジ動画で撮ってみました。(henako)
(動画は画像をクリックして下さい)
美濃祭り、神社の前で

美濃まつりは初めての見物でしたが、太鼓の音もラッパの音も賑やかで
華やかな「花みこし」に…満足できた、楽しい祭り見物でしたよ。
(へな爺)



コメント (12)

家庭菜園の花&ヒバリ

2009-04-11 18:20:21 | 鳥たち
自治体が一般の方に畑を貸す「家庭菜園」に立ち寄ってみました。

農業オンチの私共にとって、黄色い花は全て菜の花に見えてしまう
よく見ると野菜を収穫せずに放置されていて、その野菜が花を咲かせたようだ。




遠目に菜の花に見えた花の正体は…?
なんと『白菜』が花を咲かせているではないか! こんなの初めて見ましたよ。




この花は何だ…? (答えは下の画の左下を見て下さい)



『大根』なんですね。抜かれず長生きできて、喜んで花を咲かせているかのようです…?


農家の方が野菜を作られる場合、商品として出荷するので、ここまで放って?置くことは
まず無いので、この様な光景は見ることができないと思います。
普段見ることができない、珍しい花を見せて頂いて感謝ですね。

↘↘【他の方の記事から引用】
「作物の花から、次の年の為の種を採るというサイクルを繰り返してきた」と記されていました。
と言うことは、もしかしたら種を採る為に花を咲かせているのかな…?



↘↘↘ ついでに家庭菜園でバードウォッチングも楽しんでしまいました。
『ヒバリ』 何だか怪獣顔に写ってしまった。よく見ると本当は可愛いのですが…



上空で空高く舞い上がり、ホバリングしながら…ピーチクパーチク♪♪
超拡大トリミングですが、楽しそうに歌うヒバリの姿を見て下さい。


初見の野菜の花にはビックリ、ヒバリの楽しい歌声を聴いて収穫アリの一日でした。
(へな爺)



コメント (12)

春のキツツキ君

2009-04-08 18:45:17 | 鳥たち
ピオー、ピオー  
『アオゲラ』が鳴いています。鳴き声を頼りに見つけて、カメラを向けました。
かなり大きな鳴き声なので、夜が明けたばかりの林の中に響き渡ります。

私が口笛で鳴き声の真似をすると「ピオー、ピオー」と応えてくれて、嬉しくなってしまった…



キュッ、キュッ 
こちらは『アカゲラ』君、何時もと違った変わったポ-ズです。
何だか落ち着かない様子で、留まっては直ぐ飛び立つを繰り返していました。
きっと恋の季節だから、こんな行動をするのかな…?



意中の彼女のもとへ飛んで行くのかな…?


この林には何度足を運んだやら数えきれません。
天気の良い日には、仕事前に1時間ぐらいですけれどカメラを持って会いに行っています。
遭遇率は今のところ100%で、キツツキの住みやすい林のようです。
春は恋の季節で、鳥たちが何だか何時もと違う感じ…
見ていて、とても楽しい林の中の光景です。


↘↘↘↘↘ 付録写真です。((上とは別の日ですが…)
キツツキの林の近くの公園で、綺麗なチョウが日向ぼっこしていました。
友人の記事に『ルリタテハ』が載せてありましたので、直ぐに名前が分かりました。


手元に写真がイッパイ…そんな訳で付録と言う感じですが、チョウさんもこの記事に同席です。
(へな爺)



コメント (8)

田舎の桜風景

2009-04-05 16:50:51 | 花と風景
4月に入って初めての週末と言うのに、午後から雨の予報 
それなら午前中だけでも、出掛けてみることに…

屋台も無い、ぼんぼりも無い、誰も花見をする人がいない、そんな田舎の桜堤です。
せっかく綺麗な花を咲かせているのに、見て上げなくっては可哀想だよ。



川の対岸には、山桜も咲いていましたよ…                             




生憎の曇り空、澄んだ青空だったら良かったのに…




桜堤から数㌔離れた場所で『ヒカゲツツジ』と出会った。



岩場の斜面にヒカゲツツジが群生、淡黄色の花がとても綺麗です。


天気予報は大当たり!途中から雨が降って来ましたが、何とか駆け足で花見を楽しみました。
ちなみに本日(4/5)は…野暮用の1日で終わってしまいました
(へな爺)



コメント (10)