趣味の記録…

これからの趣味に・・
二人で、自然に触れ合いながら楽しんでいます。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山地で出会った花や蝶

2009-03-30 18:17:33 | 花と風景
渓流沿いの林道で、見掛けた花たちです

 「キクザキイチゲ」



 「ミヤマカタバミ」



 「ユリワサビ」 花の名前はチョッピリ自信がないけれど、多分いいかな?…




帰り道で畑の石垣に「ヒマラヤユキノシタ?」と思われる花を見つけて…
花を撮ろうと思って近づいたら…なんと蝶が留っていて、コンデジで撮れてしまいましたよ。
調べてみたら「アカタテハ」という蝶でした。
飛んでは離れ、また留まるを繰り返していたそうですが、何度留まっても
逆さまに留まっていたようで…逆さまが好きな蝶なのかな?            (henako)


今シーズンも初めて出会う花やチョウを調べるのに、四苦八苦しそうです
 (へな爺)



コメント (12)

ヒレンジャクが目の前に…

2009-03-27 18:22:06 | 鳥たち
最近ブログの友人から、ヒレンジャクの情報を頂きました。
ヒレンジャクが毎年一時期、その場所に立ち寄るとのことで…
出掛けましたが、その場所から立ち去った後でガッカリ、ションボリ…

 でも私は鳥運が良いんだね!
出勤前、早朝の散歩がてら里山の公園に出掛けてみました。
数日前に会えなくて諦めていたのに、ヒョッコリ立ち寄ってくれた。
数羽の小グループのような感じでした。










拡大すると面白い顔、嘴の下の黒いヒゲ、厳つい顔のオヤジ顔だね…


近寄っても逃げないので、思いきって寄ってみました。
上3枚はノートリミングなんですよ。
(へな爺)



コメント (10)

2週連続、イワザクラ…

2009-03-24 18:22:52 | 花と風景
1週間前に下見方々「イワザクラ」の開花状態を見に出掛けたのですが、連日気温が
上がっていたので、気になり又出掛けてきました。

この場所は、もっと花が咲きますが、見頃はもう少し後かな…






今シーズンのチョウの初撮り「テングチョウ」翅が傷んでいます。
余り詳しく分からないのですが、越冬蝶なのでしょうか?


2週連続同じ場所へ、できればもう一度出掛けたいのですが、他にも出掛けたい所が
イッパイで、この時季は超多忙な週末ばかり…
 (へな爺)



コメント (8)

念願のアオゲラが出現

2009-03-21 18:10:03 | 鳥たち
何時もの雑木林です。この日も何時もの様に「アカゲラ」が出迎えてくれる。
アカゲラ君も、度々訪れる私の顔を覚えたかも知れませんね。




でも、この日は何時もと違う…
待ちに待った「アオゲラ」も姿を現したのです。
現地に1時間位いただけなのに、アカゲラは何度も出てきます。
アオゲラは1時間の間に何と3回も姿を現した。



雑木林の中では何処で撮っても枝被りしやすい、でもこの日はラッキーでしたね。



この画は、背中の羽の柄や色がよく分かります。



 ↓ 【拡大トリミング】 二本の足と尾羽で体を支え、木を突きます。


 ↓ 【拡大トリミング】 動きが速いのでブレていますが、食事中です。


この日は近くまで来てくれたので、上の4枚はノートリミングです。
下の2枚は拡大トリミングしてみました。
念願のアオゲラをゲット、同じ日にアカも、アオもいて私の秘密の場所ですよ。 



       鳥ばかりでは…と言うことで季節の花も載せてみました。↓

        シデコブシが咲き始めました。                       (henako)





シデコブシは、伊勢湾岸の限られた地域だけに自生している貴重な植物なんです。

冬鳥から花へと、季節も変っていきますが…
こらからは鳥さんの記事が少なくなって、花の記事が多くなりそうです
(へな爺)



コメント (10)

イワザクラ・まだ早いかな…

2009-03-17 18:52:12 | 花と風景
昨年は3月下旬と4月の月初めに訪れています。
地元の方の話では、毎年小学校の卒業式頃に「イワザクラ」が咲き始めると仰ってみえた。
でも今年は暖冬なのだ!と、空振り覚悟で3月15日に現地に向かってみた。

その道中で、雪化粧した山が見えてきましたよ。                        (henako)

当日の早朝は春なのに気温が低く寒い感じ…山の雪は夜間に降ったようだ。



昨年咲いていた林道沿いの場所を探すが、やはりまだ早い感じでした。
でもよく探すと、セッカチな「イワザクラ」が数株花を咲かせていた。




帰り道に横道に逸れて、すれ違いが超困難な林道へ入って見つけた小さな花です。
(ヒヤヒヤしながらの林道だったが、運良くすれ違いの車がなくてよかったぁ…
林の中にひっそりと咲いていました。調べて … 多分「セリバオウレン」だと思いますが
夜中に降った雪が解けて、花に水玉が出来ていましたよ。


今回は一足早く、イワザクラを堪能でき、オウレンも見付けて
マズマズの一日だったかな…
 (へな爺)



コメント (12)

公園のメジロ

2009-03-13 18:22:59 | 鳥たち
身近な自然公園の池の周囲で、メジロを撮ってみました。
葦原の中で飛び交っています。ウォーキングする人も多くて、人慣れしているのでしょうか、
近寄っても逃げないので、思う存分メジロ君と楽しい一時を過ごすことができました。

チョッピリ澄まし顔…



矢切りの渡しの船頭さん気分…?



ウム…いい娘が居るな?と覗き込んでいるのかな…? 


メジロと目線が合ってしまった… 
可愛いメジロがこの画では、人相(鳥相?)が悪くみえてしまう。





            『草花』
     

同じ公園の片隅に、「オオイヌノフグリ」も咲いていましたよ。              (henako)


メジロのパフォーマンスを楽しんで…
小さな花を見つけたり、公園での散策を楽しみましたよ~
(へな爺)



コメント (10)

春の雑木林

2009-03-10 18:26:14 | 鳥たち
2月13日にアカゲラを載せましたが、その後も何度も通っています。
出掛ければ会える、とても良い場所なんです。

『こっち向いてよ~』食事に夢中で、振り返ってくれません…



斜め下からパチリ『キュッキュッ』と鳴きながら上方向へ移動して行きます。




撮ろうと思ったら逃げられた! 
 上手い人は飛ぶのを狙って撮られます。
 私は留まっているのを狙って逃げられ…偶然、画の隅に写っていました(笑)




雑木林の足元では『ショウジョウバカマ』が、花を咲かせていましたよ~        


この林にはアカゲラだけではなくアオゲラも居るらしいが、未だに遭遇せずなんです。 
(へな爺)



コメント (10)

身近な里山で…

2009-03-06 17:38:03 | 鳥たち
電線に猛禽の『チョウゲンボウ』が留まっていた。
何か獲物でも居ないかと、目を光らせて草むらを眺めています。
下から私がカメラを向けていますが、余り気にしていない感じに見受けられました。




電線から飛び立ちますが、暫くするとまた電線に戻るってことを繰り返していました。


『ウィキペディア(Wikipedia)』さんの記事からお借りしました。↓
ホバリングを行った後に急降下して地上で獲物を捕らえることが多いのが特徴。
ハヤブサ類だが、飛翔速度は速くない。その視力は紫外線を識別することが可能で、
この能力は主食である齧歯類の尿が反射する紫外線を捕捉し、捕食を容易に
させていると推測されている…と記されています。

↓ 獲物を探す為、ホバリングしています        ↘ ホバリング中、私の方をジロリと…


何度もホバリング姿を見せてくれましたが、見ている間は獲物を獲る為の
急降下姿は見られませんでした。
       
       
       
         ≪野の花≫ (henako)
         鳥撮の合間に畑の近くを歩いていて、見掛けた『ホトケノザ』の群生ですよ。 

                                     


上を見上げれば、チョウゲンボウが…
足元には花が咲き始めて、楽しい季節ですが花粉の飛散で外出が辛い…
でも、マスクをして気合いを入れて外出しますよ
(へな爺)



コメント (10)

出番待ちのウグイス

2009-03-02 16:20:13 | 鳥たち
バードウォチングに出掛けますと、木の上に視線が行きがちですが地面近くの
藪をジックリ観察してみて下さい。藪の中で出番を待っているウグイスがいますよ。




“ほとんど藪の中に居て中々姿を現しません”
『ウィキペディア(Wikipedia)』さんの記事からお借りしましたが
英名 "Japanese Bush Warbler"(日本の、茂みでさえずる鳥)はその生態から来ている。
日本では鳴き始める季節が早春であることから、春告鳥(ハルツゲドリ)の別名がある。



ピンボケですが雰囲気だけでも…
こんな感じで藪の中を飛んで移動、時には大空を思いっきり羽ばたきたくないのかな…?




今は藪の中で過ごしていますが、もう直ぐ高い場所で恋歌を歌いますよ。
     


            地鳴きで「チャッチャッ」と鳴いていました。



河川敷に『シュロの木』が生えています。
人為的に植えたわけではなく、鳥の糞を介して運ばれこの地で生えているそうです。
何故かウグイス君はシュロの木がお気に入りのようで、木の周りによく来ています。
枝被りがしないので、シャッターチャンスですね。






友人がもう「ホーホケキョ♪」と鳴いているのを聴いたと言っていました。
昨年は3月の10日頃に鳴き声を聞きましたが、今年は例年より早いのかな…
私共も「ホーホケキョ♪」を、少しでも早く聴きたいと思っています。
(へな爺)



コメント (8)