趣味の記録…

これからの趣味に・・
二人で、自然に触れ合いながら楽しんでいます。


白鳥のシーズン到来ですよ~

2008-10-27 17:59:11 | 白鳥たち
コハクチョウが飛来して来たので、挨拶に行かなくっちゃと琵琶湖へ向かった。
飛来数がまだ少ないこの時季に、早速上空を歓迎飛行とはラッキーですね。

  コォーコォー♪~ コォーコォー♪~ 
鳴きながら目の前を飛んで行き、姿が見えなくなるまで見惚れていました。






夫婦と子供1羽、もう1羽は親戚の伯父さんか、叔母さんでしょうか…?
暫くして1羽は他の仲間のところに行ってしまったよ。





湖底の水草を逆さになり、長い首を底まで伸ばして食べています。
白鳥さんの「シンクロナイズドスイミング」ですね。





幼鳥の嘴に、水草が付いています。





菜の花ではないですよ~ 
「セイタカアワダチソウ」の黄色で、春のように感じてしまいます。





『オオヒシクイ』君にも、今シーズンも宜しくって挨拶をしてきました。
オオヒシクイは探さなくても、いつもこの場所がお気に入り…ただ距離が遠すぎるよ。


今シーズンも暇を見つけては、白鳥さんのパパラッチを楽しもうかな…
(へな爺)



コメント (14)

キバナコスモスと蝶

2008-10-21 17:06:13 | 花と風景
キバナコスモスにチョウがやって来た。

『ヒメアカタテハ』蝶の名前の信頼度・80%ぐらいかな…?
翅をいっぱいに広げて、花と美しさを競っているのかな? でも前翅の右側が傷んでいます。


別の角度から…懸命に蜜を吸っていますよ。




『ツマグロヒョウモンのオス』こちらの蝶も、名前の信頼度・70%~80%でしょうか…?

上の3枚は、最短撮影距離が短い標準系のレンズを使用、 思い切って近寄ってみました。



別の場所で…
『ツマグロヒョウモンのメス』こちらの名前の信頼度は、100%に近いですよ
こちらはhenakoが見つけて撮ってきましたが、地面に降りていて元気がなかったそうです。




翅も傷んでいて、痛々しいよ。                                 (henako)


チョウの季節は、もうそろそろ終わりに近づいたのでしょうか…
ボロボロに傷んだ翅のチョウを見掛けると、なんだか哀愁が漂いますね。
(へな爺)




コメント (12)

コスモス畑と小鳥

2008-10-17 19:13:46 | その他・色々
車で移動中に、広大なコスモス畑に出会った。こんなに綺麗に沢山咲いているのに
見物客もいない、カメラマンもいない、沢山のコスモスを独り占めって感じでしたよ。



こちらのコスモスはコンデジで…(henako)





高い柿の木の枝にとまる『モズ』の雌、



『ヤマガラ』が何度も目の前に飛んでくるが、こちらを向いてくれない。


別の木の枝のヤマガラが、こちらを向いてくれて…シャッターチャンス!!
…と思えば、家族ずれが散策にやってきた。
「ちょっと待ってて~小鳥が逃げてしまうよ」と独り言を… あぁ~逃げちゃった
でも、こちらの若いお母さんが「こんにちは~」、続いて小さな子供さんも「こんにちは~」。
それで、私共も「こんにちは~」。
鳥さんは逃げ去ったが、こちらの親子さんの「こんにちは~」に癒されました。
この日は、そんな小鳥さんとの出会いでした。
(へな爺)



コメント (12)

秋の花火

2008-10-10 16:20:41 | その他・色々
知人に情報をもらい、愛知県の江南市へ花火を観に出掛けてみました。
木曽川の中流域で行われた秋の花火です。
♪~曲に合わせて打ち上げられる音楽花火だそうで、私は離れた場所からの撮影で
余り聴き取れなかった…

三日月おっ月さんが、花火の隣に…




『すいとぴあ江南、展望タワー』展望室からは雄大な木曽川を眺めることができます。








花火を待っている間に『エゾビタキ』がオニグルミの木にやって来た。
渡りの途中で立ち寄ったと思われますが、なにせ日没前でしたのでエゾビタキ君を綺麗に
撮ってあげることができなかった。(実は明るい時でも、綺麗に撮れなくて悩んでいます)


打上げ花火 約2000発と小規模の花火大会でしたが、鳥さんにも出会えて
そこそこに楽しめました。
 (へな爺)




コメント (14)

峠道で…

2008-10-06 16:34:45 | 花と風景
峠道のやや湿った場所で『アケボノソウ』と出会った。
何時も思いますが、遠くから見るとそんなに素敵な花には見えないが、近寄って
小さな花を覗き込んで見てみますと、花びらの斑点がとても印象的です。




実物より大きく拡大してみました。
花の名は、 花びらの斑点を、夜明けの星空に見立てて名付けられたそうです。





『ミカエリソウ…?』
名の由来:花があまり美しいので振り返って見たと言われるが少しオーバーな表現かな?
薄暗い林の下で、この様な花を見掛けますと何だろうと振り返って見てしまうと言う
表現の方が似合っているかもね

いっぱい群生しているミカエリソウは、どれもが葉が虫食いだらけで
他の方の写真を拝見しても、やはり虫食いだらけ…虫さんの大好物のようですね


『ホオズキ』は畑でよく見掛けますが、里に近づいた林の脇に見つけたようです。(henako)


峠道に秋を求めて出掛けましたが、楽しみにしていた鳥さんには出会えず残念…
でも花に出会えて、まぁまぁの週末になりました。
(へな爺)




コメント (8)