パンを焼きながらFX

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ユーロドル、1.17ドル台には売りオーダーとNYカットオプション

2018-05-31 16:42:24 | 日記
 ユーロドルは、イタリアやスペインの政治動向への警戒感から1.1670ドル付近で上値が重い展開。ここから上の水準では、1.1700ドルに売りオーダーと大きめのNYカットオプション、1.1720ドルに売りオーダー、1.1750ドルと1.1780ドルにもNYカットオプションが控えており、上値を抑制している。一方で下値でも、1.1650ドル、1.1600ドル、1.1500ドルにNYカットオプションが観測されている。買いオーダーは1.1500-10ドルとやや離れているが、オプション絡みの買いが1.16ドル前半では出そうであり、しばらくは下値も限定的か。
コメント

日経平均先物

2018-05-30 12:32:08 | 日記
日経平均先物は30日午後零時18分現在、前営業日比330円(1.47%)安の2万1970円近辺で推移している。

 イタリア政治の先行き不透明感を背景にしたリスク回避的な流れを受け、朝方から売り優勢の展開。Globex(シカゴ先物取引システム)で米株価指数先物がマイナス圏となっていることも上値を重くしている。
コメント

ドル・円は弱含み、ユーロ・円に連れ安

2018-05-29 17:33:43 | 日記
29日午前の東京市場で、ドル・円は弱含み。欧州の政治情勢への懸念からユーロ・円の売りが続き、ドルは一時109円を割り込んだ。

イタリアやスペインの政治情勢が不安定化し、欧州中銀(ECB)の金融政策への悪影響が警戒され、ユーロ・円の売りが続いている。本日は126円半ばまで弱含んだ。それを受け、ドル・円は一時108円92銭まで値を切り下げた。その後は109円を挟んでもみあう展開に。

ランチタイムの日経平均先物は大幅安で推移しており、目先の日本株安継続を警戒したドル売り・円買いに振れやすい。また、米10年債利回りは2.89%台の低水準で推移。108円台は押し目買いが観測される一方、109円台は国内勢の売りが想定され、目先のドルの戻りは鈍いだろう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円92銭から109円47銭、ユーロ・円は126円51銭から127円28銭、ユーロ・ドルは、1.1621ドルから1.1633ドルで推移した。

【経済指標】

・日・4月有効求人倍率:1.59倍(予想:1.60倍、3月:1.59倍)

・日・4月失業率:2.5%(予想:2.5%、3月:2.5%)
コメント

東京為替

2018-05-28 11:40:01 | 日記
午前の東京市場でドル・円は109円30銭台と本日安値圏でもみあう展開。日経平均株価のマイナス圏推移を受け、やや円買いに振れているようだ。なお、イタリアの新政権発足に伴う組閣で欧州連合(EU)懐疑派の入閣が大統領から反対され、ユーロ・ドルが上昇。それがドルの下押し圧力とみられる。一方、ユーロ・円はもみあい。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円32銭から109円83銭、ユーロ・円は127円99銭から128円37銭、ユーロ・ドルは1.1677ドルから1.1712ドルで推移した。
コメント

新晃工

2018-05-25 14:44:48 | 日記
新晃工業<6458>は急伸で直近戻り高値を更新している。国内証券で格上げが観測されており、これを材料視した買いが集中しているようである。直近2日間で大きく調整したが、この陰線を吸収。一目均衡表では再び雲を上放れてきており、1月高値(2220円)を意識したトレンド形成が期待されてくる。
コメント