なんちゃってセレブのハウステンボス日記

関西在住でありながらハウステンボス入国歴が通算25回を越えたヘビーリピーターのハウステンボス日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いざ、エリタージュへ

2005-06-26 22:54:23 | ハウステンボスの魅力
 今回(05年6月)のハウステンボス帰国。メインイベントは、前回(05年5月)に引き続き、高級クルーザー『ネレイド』でのクルーズと高級フレンチレストラン『エリタージュ』でのランチ。結構、この報告を期待している方が多いみたい。携帯へ「ブログアップを楽しみにしています!」とダイレクトメールをもらったからには頑張ってアップしなければ…とパエリアレストラン『ヌエヴァ・カタルニア』前のベンチで記事を書きためた。

 『エリタージュ』でのランチ。メニューは毎日変わっていると前回の時に聞いていた。今回はどんなメニュー?という期待と共にいざエリタージュへ。

 ホテルデンハーグで宿泊した我が家。11時45分にホテル前にお迎えの車がやって来ることになっていた。前回は車の手配がつかず、赤い車(免許を持っていない私には色でしか区別がつかなかったりする…)でエリタージュ入りした。でも今回はちゃんとした送迎車!よく結婚式で使われる『HTB VIP』というナンバープレートをつけたかっこいい車。やっぱりエリタージュに向かうにはこの雰囲気がないとね(^_^) 
 
 日頃着なれない正装姿の私たちを乗せた車はヨーロッパ脇の側道を抜けて迎賓館へ向かう。この道は結構穴場?春先になると桜が咲きとってもきれいなんだな。そんなことを思っていると迎賓館に到着していた。

 
人気blogランキングに登録しました。
よかったらポチッと押したってください。
今日は何位になったかな?
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 今からエリタージュ | トップ | 白鳥、集団脱走する!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ハウステンボスの魅力」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

ハウステンボスの18のすごいところ (大津留公彦のブログ2)
ハウステンボスの18のすごいところを紹介します。 ハウステンボスは今後の街作り